ドラマ「明日の約束」第8話のあらすじとキャスト




日向に対して暴力を振るう恋人の本庄、この後二人の関係はどうなって行くのか。一方で姿を消した白井香澄が最後に狙っている人物とは誰の事なのか。クライマックスへ向けて動きだした感のあるストーリーはどう展開して行くのでしょうか。第8話をまとめてみました。

ドラマ「明日の約束」のキャストと登場人物

近江谷太郎(役:吉岡正孝)

 

登場人物

吉岡正孝(よしおか・まさたか)自〇した圭吾の父親。教育委員会に勤務している。毒親と騒がれている真紀子の夫でもあるが、愛人を作ってほとんど家に帰らず、家庭のことはすべて母親に任せ、見て見ぬふりをしている。

 

竹内愛紗(役:吉岡英美里)

登場人物

吉岡英美里(よしおか・えみり)自〇した圭吾の妹。まだ中学生だが母親の真紀子は兄の圭吾のことしか見ておらず、自分の存在に虚しさを感じている。その為、援助交際に手を出したりするが、それでも自分を見てくれない母親の秘密を週刊誌の記者に暴露し、家を出ることを決意する。

「明日の約束」の第8話のあらすじ

日向が普段から発する母親に対しての悪口とも取れる言葉を聞いて豹変した和彦は、日向の髪の毛を掴み凄みながらも次第に我に返って行く。そして自分の行為と過去の記憶がラップしパニックになる。日向に対して謝罪するも、突然の豹変ぶりに呆然とする日向は部屋を飛び出して行く。

さまよう様に街を歩く日向に偶然出会った霧島が声をかけて来た。日向がフラつき心配した霧島は日向と一旦学校の相談室へ向かった。

そしてお茶でも入れようとした時、日向の携帯へ行方がわからなくなっていた白井香澄から連絡が入る。日向が出ると校門の近くにいると言うので、日向と霧島は走って向かうのだが、そこには誰も見当たらなかった。

実はこの間に香澄は相談室にある霧島のカバンの中からパソコンを盗み出していたのだ。先に相談室に戻った霧島はパソコンが盗まれた事に気付き、なんとも言えない表情で舌打ちをする。日向にこの事実は知らされなかった。

結局、次の日に自宅に戻った日向を和彦が訪ねて来る。出迎える母親の尚子の前で、日向に暴力を振るった事を告げ土下座して謝る。尚子は事実を知り豹変し、和彦に対し詰め寄り出て行く様に言うが、日向が引き止めて二人で話し合う事にする。

日向の部屋で話し合う二人、和彦は自分の過去の家庭環境の話を始める。両親に期待されていた兄がいて、その兄がグレ出し家族に対して暴力を振るう様になっても、両親は耐えながら兄を愛し続けた事。その後、事故で兄が亡くなった時に自分の中で、これでよかったと思った事。兄が亡くなっても両親は自分に期待をしてくれなかった事。その過去の出来事の記憶と日向が口にする母親への苦言が重なってイラついてしまった事。和彦は全てを話し二度と暴力は振るわないと謝罪したが、日向はすぐに答えられないと返事を返すのが精一杯だった。

日は過ぎ元気に学校へ出勤した日向に心配した霧島が声をかけて来た。日向を心配しているようで実はパソコンを盗んだ白井香澄の様子が気になっているのだった。

その頃香澄は必〇にパソコンのロックを外そうと、パスワードを解析していた。その最中に香澄の携帯へショートメールが着信する。過去に自分をいじめていた望月朱里から連絡が欲しいと言う内容だった。香澄は朱里に会い何かを協力させようと決意する。

その頃ネット上では、圭吾の自〇の原因は母親だったと言う内容の書き込みで炎上していた。当然、学校内の生徒にも情報は拡散し、噂になっていた。当事者である母親真紀子もこの書き込みは確認していて動揺していた。なんとかしなくてはとこれまでの対応を依頼していた弁護士事務所へ乗り込むが、弁護士は不在で代わりに対応した職員に、自分の息子が〇んだ時に自分を責める気持ちはないのかと言われてしまう。

この頃、この事件を担当している弁護士は、学校で日向を含める教員達と会っていた。今回の事件に対して告訴を取り下げて手を引くと言うのだ。霧島はどうして急に方針を変えたのかを問うと、夕方にネットのニュースで配信される情報を先に入手し、その内容は自〇した圭吾の母親が息子に対して虐待していた証拠が見つかったからだと言うのだ。

実は圭吾の妹、英美里が母親のパソコンの中にある圭吾の部屋を盗聴していたデータを、週刊誌の記者、小嶋修平に渡していたのだった。夕方にはこの音声データが拡散されてしまった。母親が圭吾に対して色々と指示を出していた内容があからさまになってしまったのだ。

日向が自宅へ戻ると機嫌のいい母親がお見合いをしないかと持ちかけてきた。恋人の和彦とは別れて、自分の知り合いの息子とのお見合いを勧めてきたのだった。我慢も限界だった日向はついに自分はお母さんの所有物では無いと叫んでしまう。

日向は自分の部屋で和彦との結婚が無くなってしまうかもしれない事に、少しホッとしている自分に気づいていた。

その頃、白井香澄と望月朱里は喫茶店で会っていた。過去の事を本気で謝りたいと言う望月朱里に白井香澄は頼みたい事があると告げる。霧島から盗んだパソコンを日向に渡す事だったのだ。

日向は白井香澄から呼び出され会いに行くのだが、待っていたのは望月朱里だった。そこで霧島のパソコンを渡される。そのパソコンの中には、3年前に起こった事件と今回の事件を霧島が仕組んだ事である証拠が入っていたのだ。

その事を日向は直接霧島へパソコンを見せ問いただすと、霧島はあっさりと認めたのだった。いよいよ過去の事件や圭吾の自〇に至る、すべての事件の真実が明らかになろうとしている。次回の展開ではっきりするのではないでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)