ドラマ「ユニバーサル広告社」第1話〜最終話のあらすじとキャスト




10月20日、金曜日の8時からスタートしたドラマ「ユニバーサル広告社」。沢村一樹主演で直木賞作家、萩原浩の「ユニバーサル広告社」シリーズの中でも人気だった「花のさくら通り」を岡田惠和によって実写ドラマ化したと言う話題作です。

ドラマ「ユニバーサル広告社」のキャストと登場人物

沢村一樹(役:杉山利史)

登場人物

杉山利史(すぎやま・としふみ)ユニバーサル広告社のクリエイティブディレクター。元は大手広告代理店で活躍していた売れっ子広告マンだったが、その自信過剰すぎる行動によって仕事も家庭も失い、すっかり身も心も抜け殻のようになっていたところをユニバーサル広告社の社長に拾われ、港町の寂れた商店街に住むことになるが、人々の絆に触れ合う内に本当の自分を取り戻していく。

 

 

片瀬那奈(役:猪熊エリカ)

登場人物

猪熊エリカ(いのくま・えりか)ユニバーサル広告社の事務社員。無愛想で取っ付きにくい女性だが、仕事はきっちり完璧にこなす。好きなことに時間を使いたい主義なので、残業はしない。

 

 

要潤(役:村崎六郎)

登場人物

村崎六郎(むらさき・ろくろう)ユニバーサル広告社のサブカルこじらせ系デザイナー。キャンピングカーに暮らし、独身で一人が好きなのかと思いきや実は寂しがり屋。気が乗らないと文句ばかり言うタイプだが、ロックを愛しているがゆえに仕事に対しての情熱は熱い。

 

 

三宅裕司(役:石井健一郎)

登場人物

石井健一郎(いしい・けんいちろう)ユニバーサル広告社の社長。会社の中では浮いた存在だが、職場の空気を誰よりも気にかけて皆んなを見守っている。誰よりもセンスがないので、彼が褒めると周りが不安になることもあるが人としては認められている。

 

 

 

和久井映見(役:藤沢さくら)

登場人物

藤沢さくら(ふじさわ・さくら)純喫茶ジュルビアンの看板娘として嫁に行かずに店主の父と共に働いている。商店街をなんとか盛り上げたいと思うが、行動に移すわけでもなく、自分の将来に対してもぼんやりしている。

 

 

でんでん(役:藤沢宏)

登場人物

藤沢宏(ふじさわ・ひろし)純喫茶ジュルビアンの店主でさくらの父親。お店が忙しくなると、機嫌が悪くなるがエビピラフに対する思いは強く、味は絶品で人気がある。

 

「ユニバーサル広告社」の第1話〜最終話のあらすじ

主人公、杉山利史は超大手広告代理店、博王堂広告社で売れっ子の広告マンだったが、会社とのトラブルが原因で勢いに任せ辞めてしまう。自信過剰だった杉山は、どこにも採用してもらえない中で、妻にも離婚届けを突きつけられると言う現実にやけ酒を呷り、自身を失いかけていた。

そんな彼を拾ってくれたのが、弱小広告代理店ユニバーサル広告社の社長、石井健一郎だった。社員は他2名だけで、事務担当の猪熊エリカとデザイナーの村崎六郎だった。

会社は移転を繰り返し最後にたどり着いたのが、今回の舞台となる港町の寂れた商店街であった。引っ越ししてきた当日に、杉山は商店街の中にある喫茶店ジュルビアンの看板娘の藤沢さくら、さくらの父親でジュルビアンのマスター藤沢宏、カフェかもめの店主でFM局を運営し町内放送をやっている一の瀬始、引きこもりの城田光たちと知り合う事になる。

ジュルビアンで昼ご飯を食べようとしていた杉山は、他の3人の分も合わせて4人分のピラフを頼み、待っている間に商店街の寂れた状況や、それぞれの身の上話しを聞きました。ピラフが出来上がると杉山と一緒にさくらが届けてくれる事になり、初めて広告社を訪れたさくらは、これまでの仕事を見せてもらう事をお願いしました。

そんな中、結婚式場の鶴亀会館の社長から連絡があり、これまでのポスターの見直しをし、作り直す様息子に伝えているので、という新しいポスターの作成依頼だった。

納期はなんと当日。杉山は、やるしかないよなと呟き、そのまま企画を練り出し、デザインを村崎が、情報収集にエリカと、分担して進む仕事を目の当たりにしたさくらは、この人たちは本物だと確信するのでした。そして、夜にはおにぎりを握って届けようとする程、彼らを信頼できる人たちと確信したのです。

おにぎりを届けたさくらに、行き詰まっていた杉山が質問をします。結婚はしていますか、結婚式はしたいですか、との質問にさくらは、派手ではなく華やかに可愛くしたいとの答えに4人は言葉を失う。杉山は「これだ」とひらめく。狐につままれた感じのさくらをよそに4人は作業を進めポスターを完成させる。

完成したポスターを見てさくらは涙ぐみながら感動し、ここで結婚式をしたいとまで口にする。そしてこのポスターは無事に採用される事に。さくらは密かにこの人達なら、このさくら通り商店街をよみがえらせてくれるのではと、どこかで期待し始めていました。

そんな矢先に大学生の嶋田武弘が広告の依頼をしにやってきました。嶋清と言う和菓子屋の一人息子で、自分の就職が難しいと言う理由で親の後を継ごうとしていたのだった。人気店にしたいと言う要望をするのだが、父親に相談なく依頼に来ている事を知った杉山は、先ずは父親と話し合う事を勧める。

一方、この日の夕方に町内でお通夜があり、杉山達を出席させる事で皆んなに紹介しようと思いついたさくらは杉山達を誘いに来た。杉山達は承諾し参加したお通夜の席で、町内の人達を紹介される。その席には、和菓子屋の嶋清の一人息子、武弘も来ていた。

紹介された人達の中には、東京の暮らしに疲れ、この町で昨年から美容室を始めた夫婦がいたのだが、こんな商店街では経営が成り立たず、今年で諦めて東京へ戻る事にしたと言う話を聞かされる。ここで城田光が、広告を出してもらったらどうかと切り出した。

この言葉に、以前から広告に対して不快感を持っていたさくらの父、藤沢宏は和菓子屋の息子武弘に対して、武弘の無口な父親の代わりにと言って説教を始めてしまう。

武弘の父親は、時代と共に必要とされなくなるのなら、自然に辞めるべきと考えていて、自分の代で和菓子屋を閉める決意を固めていた。武弘は後継ぎを楽な選択肢として捉え、広告を出せばうまく行くと安易に考えていた事も見抜かれていた。

杉山は、藤沢宏が語った「広告なんかに頼ろうとしやがって、根性が腐ってる」と言う内容に偏見を感じ、反論する。しかし藤沢宏には過去に苦い経験がある事をさくらが話し出す。以前、杉山に似て爽やかな雰囲気の結婚詐欺にお金を騙し取られた経験があったのだった。しかもその男は広告代理店に勤めていて独立を考えていると言う話だったが、結局は真っ赤な嘘だった。それ以来、広告と言う言葉が嫌いになってしまっていたのだった。

さくらはこの商店街に広告で魔法をかけて欲しいと杉山に頼む。騙された男が広告は魔法だと言っていたようだった。杉山は断る。広告は魔法なんかじゃない。小さな輝きを大きくな輝きにするのが広告であって魔法ではないと言う理由で断ったのだった。

既にこの商店街は諦めた空気に包まれていて、小さな輝きすら感じない状況であった。そんな諦めた人達を広告する事はできないと言うのだった。それでもさくらは商店街をよみがえらせたいと言う思いから、みんなの力で小さな輝きを作れば、大きな輝きにする為の広告を作ってくれるのか尋ねる。杉山は、その日までお待ちしますと答えるのだった。

話は変わり、ある日さくらが夕食の魚を買いに、魚久と言う魚屋へ向かうと、そこの女店主の節子が、杉山達やユニバーサル広告社の事を聞いて来た。どうやら最近はスーパーで買い物をする人が多くなってしまって、魚屋へ買いに来る人が減ってしまったらしく、なんとか昔みたいに活気ある店に戻したいと願っているようだった。

しかし実際は、結婚して東京で暮らす娘の加奈との約束で、今月の末、10月31日までにお客の活気を取り戻す事ができなければ、店を閉めて一緒に東京で暮らす事になっていた。実はその期限はユニバーサル広告社が別で受けていた広告コンペの期限と重なっていた。そのコンペの最終2社に残っていたのだった。

しかも相手は杉山が以前に勤めていた大手、博王堂だったのだ。どうしても勝ちたいと思っていた杉山達だったが、実際の作業は煮詰まっていた。そんな中で受けた魚久の広告依頼だったので、こちらも思うような広告の案が出来ず、訪ねて来た節子に一旦は作品をみせるのだが、即座に却下されてしまうのだった。

後日、杉山のもとへ節子の娘、加奈が訪ねて来た。用件は、母親がお願いした広告の依頼を撤回したいと言うことだった。節子の夫が亡くなる以前に、節子が大きな病気で手術をした事があり、一人で店をきりもりする節子を心配し、店を閉める事を願っている事を知る。その事を次の日に節子に話した杉山だった。

一方、さくらにも今回の広告の仕事がうまくいかなかった事を話した杉山に、さくらは少し期待していた自分の気持ちを打ち明けた。更に杉山は、本当は前の会社とのコンペに勝ちたくて、今回の魚久の仕事がキャンセルになってホッとしている自分の本当の気持ちも打ち明け、お互いのさえない現実に苦笑いをしていた。

翌日、コンペのプランが出来上がった途端に電話が鳴った。コンペのクライアントである冷凍会社からだった。なんと広告の内容変更だった。しかもプレゼンの期日はそのままでの変更に、やっと完成した作業を全てやり直す事になってしまったのだ。

落胆した杉山は街をさまよいながら、気付けば魚久の前だった。そこで節子がお客に対応している姿を見て、何かに導かれるかの様に、もう一度魚久の広告をさせてもらえる様に頼み込む。事務所へ戻った杉山はみんなに、なんかやりたくなったと言って、魚久の仕事をもう一度やる事になった事を伝える。その表情はこれまでの杉山とは全く違っていた。

そんな中、社長の石井の口から、最近の広告はシズル感が足りないなぁと言う言葉が出る。食べたい、買いたいと言う気持ちを刺激する瑞々しさをシズル感と言う。その言葉から杉山は何かがひらめいたかのごとく企画書を作り始めた。

そしてその企画書を節子のもとへと届けた。節子は楽しそうと興味を示し採用となった。その企画とは、魚久でイベントを開催し、子供からお年寄りまで、沢山の人に参加してもらい、魚のおろし方やちらし寿司の作り方を節子が教えながらみんなで作ると言う節子の料理教室と言う企画だった。

さくらの声がけで商店街の人達も準備を手伝い、小さなお祭りの様でもあった。当日、参加した人達も、教える節子も笑顔いっぱいで、幸せな時間が流れていた。そこへ娘の加奈がやって来た。戸惑う加奈に杉山はこれが広告ですと告げる。様子を見ていた加奈も幸せそうな節子の姿を見て考えを変えざるを得なかった。節子は加奈にもう少しだけ頑張らせて欲しいと告げる。加奈は勝手にすればとぶっきらぼうに返すが、そのかわりに自分にも教えてほしい、魚屋の娘が魚を3枚におろせないなんて恥ずかしいと告げ、母親の思いを受けとめた瞬間だった。

魚久のイベントが大成功し、事務所へ戻った杉山達に電話を切った社長の石井がコンペに負けた事を伝えるが、僅差でよく頑張ったと褒められた事を嬉しげに報告するのだった。特にママの思いを解凍しようと言うキャッチコピーがよかったと褒められ、みんなで納得し笑い合うのでした。

話は変わり、杉山は自宅として借りている元船具屋の古い写真の中に、とても綺麗な女性を見つけます。杉山は妄想の中で恋に落ちて行きます。事務所にいても妄想は続き、ソワソワしていると、以前にさくらが持ってきた町や商店街の歴史を紹介した資料を見つけます。

その中に自宅で見つけた写真と同じ写真を見つけるのでした。そこに書かれていたのは、永山サキ、通称「坂の上の姫サキ様」で、商店街の人なら知らない人はいないほど有名な令嬢でした。

そのサキ様が20年振りに商店街に降りて来たのです。偶然通りすがりにサキ様と遭遇したさくらは、サキ様がユニバーサル広告社へ向かっている事を知り案内します。

杉山は憧れのサキ様と会う事ができ喜んでいると、サキ様から広告の依頼を受ける事になります。自分が美しく元気に生きている事をある人に伝わる様に広告を作って欲しいと言う依頼でした。

しかしその相手の素性は一切明かさず、自分が過去に一番愛した人と言う事と、夢に何度も出てきて会いたそうな表情をしていた事だけを伝え、自分自身の情報はさくらに聞いてくれと言い残して事務所を後にします。杉山をはじめとして皆んなは、自分個人を広告するなんて、こんな広告は過去にやった事がなく面白そうだし、この広告がきっかけで町の宣伝にもなるのではと前向きに進めようとします。

早速、さくらと父の宏からサキ様についての情報を集めます。この商店街を過去にはお金を貸して救ってくれたりしたほどの領主様の家柄で、人々からとても尊敬されている存在。一人娘で様々な逸話を持つ有名人でもあった。美女として騒がれて雑誌に載ったり、映画出演のオファーがあったり、他にも様々なエピソードが伝説の様に語り継がれていました。しかし、広告で元気を知らせたいと言う肝心な相手については誰も検討が付きませんでした。

杉山は一人、広告の骨格を練りますが、なかなか上手くいきません。一旦諦めて帰ろうと外に出た時、またしても妄想の中で若き日のサキ様に出会います。そして何かを感じとったかの様にキャッチコピーを完成させ、翌日スタッフに見せます。「わたしは、わたしを生きて行く」このコンセプトで進む事に決定し提案に向けての作業が始まりました。

そして提案した内容についてサキは大変気に入ったのでお任せしたいとの返事を、執事の只野を通して伝えて来ました。これで本格的に広告作りがスタートし、撮影当日には商店街の人達もサキを一目見ようと集まり活気に溢れていました。無事に撮影も終わりしばらくたって完成した広告を見せるために会社へ来てもらいましたが、沈んだ様子のサキに違和感を感じます。

そして完成した自分の広告を見てサキは泣きだします。そして、ありがとうとお礼をいいます。しかし、この広告は必要なくなった事を告げます。伝えたかった相手が、前の日に亡くなってしまったのだった。そしてごめんなさいと告げ、かかった費用はきちんと支払いますと言って帰ろうとします。

杉山は引き止めて、この広告を町の為に世に出させて貰えないかとお願いするが、サキは断ります。そっとしておいて欲しいと。そして社長の石井に、この会社はいい会社ですねと言い残して去って行きました。

この事を楽しみにしていたさくらと宏に伝えに行き、一様に皆んなはがっかりするが、サキを頼らずに自分たちで頑張ろうとまとまる。そこへ執事の只野が突然現れる。さくらと猪熊を屋敷に招待する様に言われたらしく、どうやらサキは3人で女子会を開きたいと言っているようだった。喜び勇んで只野と出て行ったさくらと猪熊。直後に、石井から杉山へ電話が入る。

サキは美容関係の知り合いに広告の仕事の紹介をしてくれていたのだった。事務所へ走りながら戻る杉本と村崎は、この町に来てから面白いと感じている事を確認し合うのでした。

話はかわり、商店街に活気を取り戻したいさくらの提案で、各店舗を載せた商店街マップを作る事になった杉山達。早速商店街の人たちを集め、お店のアピールポイントやこだわりなどを聞いたり、お店の商品を取り寄せて食べてみるが、どれも何の取り柄もない普通のものばかりでした。もっとインパクトが欲しい杉山は頭をかかえます。

そんな時、ラーメン屋の三浦が広告依頼に来ました。杉山は村崎と猪熊を連れてそのラーメン屋のラーメンを食べるが、なんの言葉も出ないほど普通のラーメンでした。

三浦は店にお客さんが来るならと、珍しく熱意を見せた猪熊のリニューアル計画の提案に従い、ラーメン作りから見直すのですが、結局銀行から融資を断られたとのことで全て中止になりました。三浦のことが気になった杉山は、三浦が広告を出そうとした本当の理由を聞きます。

杉山は商店街マップのコンセプトを思いつき、皆んなを集めて発表します。「つまらない店」というコンセプトで作られたマップは、SNSで広まり僅かではあるが若い人たちが遊びに来る様になりました。

すっかり杉山達を信頼した商店街の人達は、ユニバーサル広告社と商店街活性化のコンサルタント契約を結ぶ。

活性化といってもなんの勝算もなかった杉山達は、とりあえず商店街のホームページから作り直し、完成したものを商店街の人達に見せ、その場でホームページをアップしました。ホームページをアップしただけなのに商店街の人達はお祭り騒ぎになり、杉山は少し不安になるも次のことを考えていました。

そんな中、ユニバーサル広告社に一本電話が入る。さくら通り商店街のホームページを見た、まだ駆け出しの映画監督、佐伯春彦がロケ地として使いたいという相談の電話だった。

それを知った杉山は、商店街の人達には正式に決まってからと思っていたが、たまたまその話を聞いていた一の瀬が、商店街の人達に話してしまう。監督の佐伯が視察に来る日、いつのまにか商店街は歓迎ムード一色だった。

それを見た佐伯は一旦逃げ出してしまう。逃げ出した理由は廃れた商店街をイメージしていたが、予想より活気があった為だった。映画の設定として、主人公が生まれ育った商店街に戻って来ると、そこにはもう誰もおらず、廃れた町は静かで、主人公は一人寂しくそこで最後を迎えるという暗い内容だったからなのだ。

商店街の人達も、そんな暗い商店街に誰が来るのかと、佐伯を追い返そうとしますが、杉山はそれを止め、商店街のために可能性がゼロじゃないならやってみようと提案する。

商店街の人達の本気をみた佐伯は、急遽設定を変え、主人公が生まれた頃の賑わっていた商店街を撮りたいと言い出す。さくら通り商店街に人が集まり、お店は綺麗に飾り付けされ、まるで本当に昔に戻ったかの様に蘇りました。また一つ商店街の歴史が刻まれた瞬間でもありました。

まだ先に何があるか分からないが、未来への一歩を歩んだのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)