ドラマ「明日の約束」第9話のあらすじとキャスト




本庄和彦との結婚に暗雲が漂い始める中で、藍沢日向は3年前に起こった事件と今回の吉岡圭吾が自〇をした背景に、担任の霧島直樹が絡んでいる事を知ってしまう。これまでとは明らかに違う霧島の態度。クライマックスに向けて動き出した関係者が、一つの結論に向かってどの様な展開になっていくのか。

ドラマ「明日の約束」のキャストと登場人物

佐久間由衣(役:白井香澄)

登場人物

白井香澄(しらい・かすみ)フリーター。元椿が丘高校の生徒で、いじめが原因で中退している。

 

 

青柳翔(役:小嶋修平)

登場人物

小嶋修平(こじま・しゅうへい)週刊誌の記者。自〇した圭吾のネタを集める為に、藍沢日向に近づいてくる人物。

「明日の約束」の第9話のあらすじ

 

霧島のパソコンの中身を見て、霧島が吉岡圭吾の母親と初めて学校内で声をかけられた時に、以前に勤めていた学校で起きた女子生徒とのトラブルの件に触れられ、その事をきっかけに吉岡圭吾に罰を与える計画を練り、そのきっかけを作る事で吉岡圭吾が孤立して行く事になった事実を直接霧島の口から聞き、呆れてしまう藍沢日向だった。

藍沢は自分の生徒に対してどうしてそんな事が出来るのかと詰め寄るが、自分なりの教育だと答えるのだった。表立って厳しく指導すると、保護者が騒ぎ立てる。だから自分のやり方で問題のある生徒にはペナルティを与えているのだと言うのだ。さらに自分はきっかけを作っただけで、吉岡圭吾の自〇には直接関与した訳ではなく、母親が問題だったと言い切るのだった。

この事実が表に出れば自分は教師をやめる事になる事も分かっているが、その時は吉岡が自〇する前日に日向に対して告白をし、その事実を日向が黙っていた事、その行為の方が吉岡の自〇の原因に直接関係しているのではないかという事も表に出すと、半ば脅迫と言ってもいい内容を口にするのだった。カウンセラーの日向に協力する事で、自分には都合が良かったと言う事も打ち明けるのだった。

一方でマスコミによる毒親報道で世間から完全に悪者にされていた圭吾の母真紀子は、夫の正孝と自宅で話し合っていた。正孝は圭吾が自〇してしまった今となっては、夫婦生活を続ける意味は無いと言い、2年前に渡していた離婚届を出して欲しいと頼むのだったが、真紀子は自分のどこが悪かったのか?どこで間違ったのか?と問いかける。夫はそう言うところが息が詰まると言い放ち出て言ってしまうのだった。

日向は自分の部屋で子供の頃に書いていた母親との交換日記「明日の約束」を見ていた。12歳の時に、これ以上出来ない約束をしたく無いと言う気持ちから、返事を書くのをやめた日記でもある。そんな時、関係がギクシャクしていた恋人の和彦から携帯に連絡が入る。

和彦は暴力を振るった事を謝罪し、こんな事で関係を壊したく無いと告げるが、日向は和彦のせいではなく、自分の問題だと答えるのだった。そして日向は3年も和彦と付き合っていながら、二人の未来をイメージ出来ていなかった事を話す。自分の母親ともしっかり向き合ってこなかった事も話し、和彦自身もそうでは無いのかと問いかけるのだった。日向はもう和彦とは会わない方がいいと思っていて、今の自分は和彦の約束に答える事が出来ないと告げ電話を切るのだった。

日向は後日、週刊誌の記者小嶋修平に会う。小嶋は圭吾の妹英美里が母親と圭吾のやり取りを世間に公表する為に、母親のパソコンから抜き取って小嶋に渡していた盗聴データを、日向へ返して欲しいと頼まれたのだった。この頃世間では、タレントが元恋人を〇してしまった事件で騒いでいて、吉岡圭吾の自〇に対して世間の興味が薄れてしまい、もうデータも必要なくなったと言うのだった。

小嶋は世間やマスコミの報道や考え方に矛盾を感じ、そんな中で記事を書き続けていると言う心の内を明かしながら、今回の圭吾の自〇については、肝心な謎の部分が残ったまま終わってしまったと言うのだった。

相談室に戻った日向は、小嶋から受け取った録音データを一人で聞いていた。そこへ望月朱里から連絡が入り、白井香澄がいなくなり連絡も付かないと言う。もしかして、霧島のところへ行ったのでは?と心配していた。日向は必〇に香澄を探し、見つけ出すのだった。

そして香澄はやはり霧島を襲おうとしていたが、思い留まった事を打ち明ける。さらに香澄は圭吾が自〇した事の原因が自分にあると思っている事も日向に言いながら自分を責めていた。圭吾が自分の代わりに手を汚さなければ、あの時、自分が止めてさえいれば圭吾は自〇しなくて済んだのではないか。

一人苦しむ香澄に日向は、自〇の前日に圭吾から告白された事を話すのだった。そして、あの告白は圭吾から助けて欲しいと言うSOSだったのではないかと思い始めていたのだった。香澄は日向へこれまで自分が起こした事件に関して自首する為に、一緒に警察へ行って欲しいとお願いするのだった。そして霧島のパソコンデータのコピーを日向へ預ける事にする。

霧島は校長から呼び出されて向かった部屋に日向が座っていた。日向は全てを校長に打ち明けていた。日向から聞かされた内容は全て事実かと問われる霧島はあっさりと認める。裏切られた校長は悔しさで震えながら霧島に対して依願退職を求めるのだった。霧島は日向が圭吾から告白されていた事を校長へ話そうとするが、日向は自ら校長へ説明したと告げ、退職願いを出すのだった。

この頃、思いつめていた圭吾の母親真紀子は、自〇した圭吾の部屋でロープを握り自〇を図ろうとしていたのだった。いよいよクライマックスへ突入したストーリーはどの様な決着を迎えるのか?最終回に期待が膨らみます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)