ドラマ「女子的生活」第1話のあらすじとキャスト




2018年1月5日(金)夜10時からスタートしたNHKドラマ「女子的生活」の第1話。トランスジェンダーの主人公を描いたストーリーは、現代社会で起きている問題をただ描いているのではなく、ひとりの人間としてどう生きていくのが幸せなのかというシンプルなテーマで構成されています。どこから見ても女性として生活している主人公の小川みきは、どういうライフスタイルを送っているのでしょうか。

ドラマ「女子的生活」のキャストと登場人物

小芝風花(役:ゆい)

登場人物

ゆい(ゆい)小川みきが働く会社の近くにあるセレクトショップの店員。オーガニックなものを好み、自然派女子として振舞うが、実はかなり魔性な部分を持っている。

 

「女子的生活」第1話のあらすじ

闘う人が好き。たとえ力が弱くても、心が弱くても、懸命に前を向こうとする人は強く美しい。というミシェル・ロワンナの言葉が頭にある主人公の小川みき。

朝の5時30分にスマホのアラームが鳴り、そのアラーム音は小川みきの大好きなアッパー系の踊りだしたくなるような曲でした。音楽に合わせて支度を始めた小川みきの朝食は、計り売りのシリアルで、種類はアップルシナモンフレイバー。その上にヨーグルトとバナナをプラスして食べるのが好きでした。

髪型はゆるふわ系で、メイクは目と口をクールめにし、なるべく女子ウケするように心がけていました。先取りファッションを意識しつつ、「夏のオシャレ使い尽くしコーデ」というタイトルをつけた服を着て家を出た小川みきは、会社に行く途中、風船が高い木に挟まって取れずに困っている子供を見つけて、ジャンプして風船を取ってあげるのでした。

パッセジオというファストファッションの会社に勤めている小川みきは、早速、同僚で同期のかおりと、中国語が堪能な先輩の仲村さんと共に、3人でサンプルチェックをします。かおりはMサイズという標準体型なことから、モデルにさせられトルソーちゃんと呼ばれていました。

そんな時、上司の板倉に呼ばれた小川みきは、会社に頼まれ企業アカウントで運営している「女子的生活」のサイトについて、取材の依頼が来ていることを知らされます。板倉から渡された資料には、テレビ神戸のヒルスギ「キニナルあれこれ徹底解明・中の人特集!」企画書、謎のベールに包まれたキニナルアレやコレや、実はこんな人がやっていたんです。と書かれていました。その場では返事をせず、かおりと仲村さんの3人でランチを食べに行った際、サイトの取材依頼が来ていることを相談しますが、女子トークの話になり、小川みきは一緒に住んでいた子が彼氏を作って出て行ったことを皆なに打ち明けます。

会社に戻る途中、小川みきは2人と別れて、オシャレな雰囲気のセレクトショップに立ち寄り、そこで店員のゆいと挨拶を交わし、品定めされていることに気がつきます。

その日の帰宅途中、高カロリーなコロッケを買って帰るが、カロリー消費のために急な階段を上って帰りました。家の扉の前に着くと、高校時代の同級生、後藤忠臣が座って帰りを待っていました。小川の彼女と勘違いした後藤忠臣は、ヤミ金に追われていて実家に帰ることもできず、頼れるのは小川しかいないと話すのですが、みきは逃げるように家の中に入っていきます。

しかし、しばらくして考えが変わり、後藤忠臣を家の中に入れてあげるのです。後藤忠臣は小川みきのことをまだ知らない女性だと思っていましたが、小川みきが食べた後に親指で口を拭く仕草を見て、小川みきが小川幹生だと気づくのです。小川みきはトランスジェンダーであることを説明し、女の子の姿をしているが、女性が好きなことを明かします。

次の日、会社で返品された商品の検証をしている小川みきは、この会社の面接の時に、上司の板倉に性別なんて関係ない、自社の服が似合うならOK。と軽く受け入れてくれたことを思い出し話します。

会社から帰宅すると、また家の前に後藤忠臣が待ち伏せしていました。今度はビールと、高校の時に好きでよく食べていたパンを渡されます。合コンを開くことを条件に後藤忠臣を家に入れるのでした。

後日、4対4で後藤忠臣がセッティングした合コンに参加する小川みきとかおり。後から来た女性2人のうち、1人は以前立ち寄ったセレクトショップの店員のゆいだったのです。オーガニックなものしか口にしたがらず、自然派を主張しているゆいに対して、気に入らない小川みきとかおり。小川みきはゆいに近づき、彼女の化けの皮をはがそうとするが、意外に賢く、セレクトショップとファストファッションの品質の違いを見せつけられてしまいます。

バカにされた小川みきは、ゆいを外に呼び出し、自分が男であることを明かします。合コンの場に戻った二人は、謎の秘密のゲームを始め、その場を解散させてしまいます。小川みきとゆいは、2人で神戸の港で海を見ながら話をしていました。そこでゆいに彼氏がいることを知った小川みきですが、今の自分の気持ちを打ち明けます。

2人はその後、ホテルに行き関係を結ぶのでした。ゆいをホテルに置いて家に戻る途中、小川みきは未来の不安から絶望感に追われてしまいます。

朝、後藤忠臣からゆいのことを聞かれ、トランスジェンダーであるが故の複雑な心境を打ち明けます。後藤忠臣は、小川みきを応援すると宣言し、それを聞いた小川みきは次の住まいが決まるまで居ても良いと承諾するのでした。しばらく続くことになった同居生活は、次回からどんな波乱を起こして行くことになるのでしょうか。次回の展開を楽しみに待ちましょう。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)