ドラマ「越路吹雪物語」のあらすじとキャスト




戦後の大スター、越路吹雪。2018年1月8日、月曜のお昼12時30分から、帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」として放映がスタートします。現在の宝塚音楽学校出身で昭和の歌姫と呼ばれた大スターの波乱万丈な人生を綴って行きます。ドラマのナレーションを同じく宝塚音楽学校出身の真矢ミキが初チャレンジする事でも話題になっています。また、少女期、青年期、絶頂期など、それぞれの時代を様々な女優が演じる構成になっていて、それぞれの女優達がどんな表現で演じるのか?見る側をワクワクさせて楽しましてくれそうです。

 

ドラマ「越路吹雪物語」のキャストと登場人物

 

岩淵心咲(役:河野美保子)越路吹雪の少女期

登場人物

河野美保子(こうの・みほこ)越路吹雪の少女期。父親の転勤で新潟へ移り住む。おてんばで勉強嫌いだが、弟や姉の事をとても思いやる女の子で、この頃から歌うことが大好きだった。

 

瀧本美織(役:河野美保子)越路吹雪の青年期

登場人物

河野美保子(こうの・みほこ)越路吹雪の青年期。宝塚音楽歌劇学校時代の落ちこぼれ時代から男役トップスターへ上り詰めるまでの姿。

 

大地真央(役:河野美保子)越路吹雪の絶頂期。

登場人物

河野美保子(こうの・みほこ)越路吹雪の絶頂期。宝塚音楽歌劇学校を退団してからの、歌手や女優としての活躍やプライベートを含め大スターへ上り詰めて行く姿。

 

尾美としのり(役:河野友孝)

登場人物

河野友孝(こうの・ともたか)美保子の父親で、後の越路吹雪と言う芸名の名付け親でもある。無口で真面目な性格で家族思いの良き父親。

 

濱田マリ(役:河野益代)

登場人物

河野益代(こうの・ますよ)美保子の母親で、しつけには厳しい。病気がちな長女の看護で、なかなか美保子にかまってやれない事を心の中で申し訳けなく思っている。宝塚音楽歌劇学校への入学には反対していた。

 

渡邊このみ(役:河野真佐子)

登場人物

河野真佐子(こうの・まさこ)美保子の姉で、もともと体が病弱な為に学校に通う事も出来ないので、友達もいない。元気で明るい美保子の事を羨ましく思っている。

 

「越路吹雪物語」のあらすじ

昨年2017年4月から始まった人気の帯ドラマ、やすらぎの郷、トットちゃんに続く第3弾は越路吹雪物語です。越路吹雪と言う名前は知らない若い人も多いかもしれませんが、歌を聴くと誰もが一度は聞いた事があるかも知れません。

1924年2月18日生まれで、当時の宝塚音楽歌劇学校、今の宝塚音楽学校の27期生で、男役トップスタートして君臨し、その後退団してからは、歌手や女優として活躍し、不動の大スターとして日本シャンソン界の女王とまで呼ばれるに至り、カバー曲の愛の讃歌はとても有名です。1980年11月7日に56歳の若さで亡くなっていますが、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した越路吹雪の波乱の人生を描いた物語です。

少女期、青年期、絶頂期に分けて、それぞれを別々の女優が演じますが、その中でも絶頂期を演じる大地真央は同じ宝塚音楽学校出身でもあり、大先輩をどのように演じるのかとても興味深いです。

またナレーションを担当するのも同じく後輩にあたる真矢ミキが担当すると言うのもとても楽しみです。他にも豪華なキャスティングで固めスタートするこの物語ですが、越路吹雪、本名、河野美保子は病気で入退院を繰り返す姉と幼い弟に囲まれながら、無口で真面目な父と、しつけの厳しい母のもとで、とても明るく元気に暮らしています。歌う事が大好きで勉強嫌いな美保子は母親に反対されつつも、父親の理解を得て宝塚音楽歌劇学校へ入ります。成績は落第寸前の落ちこぼれでしたが、周りの人たちに助けられながら成長し、やがて男役のトップスターへと上り詰めていきます。

その後退団し、歌手や女優などで活躍する中で、その後のマネージャーでもあり生涯の大親友になって行く作詞家の岩谷時子と出会い、遂には日本を代表するトップスターへと上り詰めていきます。その友情を絡めた激動の生涯をどの様に描いて行くのか楽しみです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)