NHK大河ドラマ「西郷どん」の第1回あらすじとキャスト




2018年1月7日(日)夜8時からスタートしたNHK大河ドラマ「西郷どん」。幕末の時代を生き抜いた西郷隆盛は、どういう家庭環境で育ち大人になっていったのか、西郷隆盛がまだ小吉と呼ばれていた子供時代からストーリーは始まります。第1回「薩摩のやっせんぼ」のあらすじを紹介していきます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

渡部豪太(役:西郷吉二郎)

登場人物

西郷吉二郎(さいごう・きちじろう)西郷吉之助(隆盛)の弟で西郷家の次男。兄の人柄や熱い思いを理解し、兄に代わって貧しい西郷家を支える。兄に似て優しく実直なところがある。

 

「西郷どん」第1回のあらすじ

明治31年、西郷の銅像がお披露目された時、西郷隆盛の3番目の妻、西郷糸はこれは西郷隆盛ではないと否定します。その真相は不明のまま、今から180年ほど前、天保11年の薩摩の国の様子から始まりました。

薩摩の国では郷中ごとに区分けされ、男子のみ教育を受けられる制度がありました。のちに西郷隆盛となる小吉は、下加冶屋町郷中に属し、大久保正助や仲間と共に毎日教育を受けていました。

そんな中、お腹が空いた小吉たちは、ウナギを取りに川に行きますが、そこで高麗町郷中と鉢合わせしてしまいます。縄張り争いのやり取りの中で喧嘩が始まりますが、小吉の一声でウナギ取りで決着をつけることになりました。その後、下加冶屋町郷中の小吉たちが勝ち、ウナギを焼いて食べるのですが、高麗町郷中の有村俊斎にもっと美味いものがあると言われます。茶坊主として藩主の別邸に出入りしていた有村俊斎は、お茶会の時に出る山盛りのお菓子が甘くて美味いと自慢するのでした。

それを聞いた下加冶屋町郷中の有馬新七が、みんなで藩主の別邸に潜り込もうと提案し、舟に乗って向かうのですが、それを聞いた女の子の岩山糸が、男の子の格好をして皆に伊藤と名乗って合流するのでした。

結局、潜入に失敗し追われる羽目になった小吉たち。そこで小吉たちは天狗に遭遇します。慌てて逃げる際に、一番幼い仲間の村田新八が木に引っかかり逃げ遅れてしまいました。小吉は戻って助けようとしますが、天狗がどんどん迫ってくる恐怖に耐えきれず、仲間を置いて逃げようとします。

あっけなく天狗に捕まった村田新八を助けようと、小吉は立ち向かうのですが、仲間を見捨てた小吉に天狗は弱い者以下のクズのやっせんぼだと叱ります。去ろうとする小吉に、天狗は紙に包まれたお菓子を渡しました。小吉はお菓子よりも、その包み紙に書かれていた見たことのない文字に興味を持ちます。そして小吉は天狗に言われた言葉を胸に秘め、薩摩隼人になることを家族の前で宣言するのです。

ある日、妙円寺詣りに集まっていた郷中の子供達。20km先の妙円寺まで、一番にたどり着いた郷中に赤山靱負自らの手で、餅を与えられると知った平之郷中たちは、下加冶屋町郷中に宣戦布告とも取れる言葉をかけます。スタートしてから4時間後、道中で平之郷中と下加冶屋町郷中が争いになり、小吉は伊藤に先に行けと託しました。

見事に一番になった下加冶屋町郷中は、赤山靱負から餅を貰い、美味しそうに食べていたのですが、岩山糸のことを知る他の郷中が気づき、伊藤が女の子だとバレてしまいます。女の子を参加させたと非難され、岩山糸に本当のことを聞こうとした小吉に、岩山糸は男に気持ちが分かるものかと泣くのでした。

そんな時に現れた島津久光は、どの郷中が一番だったかと赤山靱負に聞き、下加冶屋町郷中は頭を上げるように言われます。頭を上げた小吉は列の中にいる天狗を見つけて驚くのですが、その天狗が島津斉彬だということを知らされます。その夜、いろいろなことが頭の中で回りだし、眠れなかった小吉は次の日、女の子の格好をして町に出て女の子の気持ちを知ろうとするのでした。

小吉は西郷家が貧しく、藩主のそばで仕える身分ではないという事を父から言われるが、島津斉彬のそばで忠義を尽くしたいという夢を抱き、竹刀を振って強くなろうとしていました。

そんなある日、小吉たちは妙円寺詣りの借りを返したい平之郷中たちから襲われます。小吉の力強さであっという間に平之郷中の連中は倒されるのですが、刀を持っていた一人と争っていた時に振り回していた刀の鞘が割れ、鞘が無くなった部分から刀の刃が出て、そのまま小吉の右肩口が切られてしまうのです。

一ヶ月後、医師から右手は二度と刀が振れない状態だと聞かされ、生きていても仕方がないと絶望の中にいた小吉ですが、偶然出会った島津斉彬に、侍が刀を持つ時代は終わり、弱い者の声を聞く者が芯の強い侍になると教えられ、小吉は生きる意味を再び持つのでした。

それからしばらくして、赤山靱負邸で世界地図を見せられた小吉は、以前天狗から貰ったお菓子の包み紙に書かれていた文字は、鹿児島と書いてあることを知るのでした。小吉はこれからどんな大人へと成長していくのでしょうか。次回も楽しみです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)