ドラマ「リピート〜運命を変える10か月〜」第1話のあらすじとキャスト




2018年1月11日(木)夜11時59分に放送された日本テレビ系のドラマ「リピート〜運命を変える10か月〜」は、風間という謎の男から過去に戻って人生をやり直す時間旅行「リピート」に、ゲストとして招待された何の関連性もない男女8名を描いたストーリーです。過去に戻った先に何があったのか、第1話のキャストとあらすじを紹介していきます。

ドラマ「リピート〜運命を変える10か月〜」のキャストと登場人物

ゴリ(役:天童太郎)

登場人物

天童太郎(てんどう・たろう)カフェのオーナー。リピートの謎について中心になって鮎美や圭介を引っ張っていく。

 

「リピート〜運命を変える10か月〜」第1話のあらすじ

2017年12月10日、主人公の篠崎鮎美はいつも通り、勤務先の図書館で座って聞いている子ども達の前で、絵本を読み聞かせていました。読み終えた後、スタッフ達と他愛もない会話の中で、篠崎には付き合っているイケメン商社マンがいる事がわかります。普段から閉鎖的で物静かな篠崎のイメージから、皆なは一様に驚いてしまいます。

去年に調べ物をしに図書館に来た時に知り合った様です。彼はパリに長期出張に行っていて、最近は3ヶ月ほど会えていませんでした。ある日の夜、そろそろ帰国するはずのパリに行っている彼に、帰国の日時がわかったら教えて欲しいとメールします。

その直後、非通知で着信があり篠崎は電話に出ます。すると見知らぬ男性の声でいきなり、これから1時間後の午後6時45分に地震が起きます。三宅島で震度4、東京で震度2です。この電話の事は決して誰にも言わない様にと言い残し、一方的に電話を切られてしまいます。

そのまま家へと戻るとパリの彼からメールの返事が来ます。24日に帰国して話したい事があると書いてあります。篠崎はプロポーズではと勝手に想像し、嬉しくなってしまいます。すると突然テーブルが揺れ、地震では?とテレビの電源を入れニュースを見ると、謎の男が電話で言っていた内容がそのまま速報で流れます。

そしてまた電話が鳴ります。またしても非通知です。電話に出るとまた同じ男です。そして自分を風間と名乗ります。そして、自分は未来からある時点に戻り人生をやり直す事が出来ると説明するのです。一般的には時間旅行とかタイムスリップとか言われている物に近く、自分はこれをリピートと呼んでいると言うのです。そして次のリピートのゲストとして篠崎を招待したいのだと告げます。なぜ自分が選ばれたのか不思議に思う篠崎に風間は適当に番号を押して繋がっただけだと説明します。混乱する篠崎に風間は、詳しい説明会をするので、次の土曜日の正午に横浜の中華街にある店を指定し是非いらして下さいと言った後、今度もくれぐれもこの事は誰にも話さない様に言い一方的に電話を切ってしまいます。

そして2017年12月16日に指定された店へ入ります。そこには自分を含め8人の見知らぬメンバーが揃っていました。そしてここへ招いた風間が現れます。集まったメンバーの自己紹介をさせ食事が始まります。食事をしながら風間は人生をやり直せたらと切り出します。そして戻れるのは10ヶ月で、戻ってから10ヶ月間に起こる事がわかっているので、競馬で大当たりもできると言いながらアタッシュケースの中に入っている札束を見せます。

そしてこの10ヶ月戻ってやり直す人生をリピートと呼んでいると改めて言うのです。これを独り占めするのではなく、8名の皆さんを1回限りのゲストとして招待する事にしたと説明します。信じられないメンバーに対して、また近未来に起こる地震を予言し、当たるかどうかを確かめてからリピートに参加するかどうかを決めて良いと言うのです。

その後、全てのメンバーに帯封の付いた札束を配り立ち去ってしまいます。その後篠崎は帰る途中で、8名の内の天童太郎に話しかけます。そして、もし予言が当たったらリピートに参加するかどうかを聞いてみます。天童は勿論と返事し、篠崎はどうするかを問い直しますが、彼が帰国しプロポーズしてくれると思い込んでいる篠崎は、やり直したい事がないから参加しないと返事します。

そして時はクリマスイブの日になり、帰国した彼、久瀬一樹と一緒に食事をしています。そして久瀬が話し出し篠崎は期待を膨らませますが、久瀬は別れて欲しいと言うのです。ショックを隠せない篠崎に、原因は2月の鮎美の誕生日だったのかもしれないと言うのです。

その日、レストランで待ち合わせしていた二人でしたが、図書館で起こった子供が関係する事故の為に篠崎は時間に間に合わず、店が閉まってから待ち続けていた久瀬と会う事になってしまったのです。その日は指輪も準備してプロポーズをするつもりだったとあかし、その時からおかしくなったのではないかと言うのです。やり直せないかと言う篠崎に久瀬は、他に好きな人がいると打ち明けます。そして篠崎を一人残して久瀬は帰ってしまいます。

その時、篠崎のテーブルが小刻みに揺れます。思わず携帯の地震速報を見る篠崎は、風間が予言した通りだと驚くのです。その直後にまた携帯が鳴ります。出るとやはり風間でした。そしてリピートに参加する場合の集合場所と日時を告げます。篠崎は風間に、本当に過去に戻れるのか?と確認します。そしてリピートに参加して過去に戻りたいと言います。戻って久瀬との事をやり直したかったのです。

そして月日は流れて2018年1月11日、篠崎は風間が指定した場所へとやって来ました。そこには説明回に来ていた8名全員が集まっていました。そして風間の運転する車でどこかへ向かいます。途中で降ろされ全員が歩いて更に進まされます。真っ暗な中を懐中電灯で照らしながら進むメンバーは、遂にある場所で立ち止まります。そして風間はメンバーに対して、過去に戻ったらまず自分へ電話をする様にと告げ、番号を書いたメモを渡します。その時、暗闇の奥から何やら強い光が迫って来ます。風間は、さぁ、参りましょうとだけ言うと、全員が過去へと戻り出したのです。

そして篠崎はベッドの上で目が覚め、すぐに確認するとやはり時間は過去に戻っているのです。本当に戻ったのだと実感する篠崎は風間へ連絡します。そして二日後にまた同じ店に集まって欲しいと言われ電話を切ります。

そこへ久瀬からメールが着信し、明日の待ち合わせの連絡が入ります。その日は一度トラブルがあり、久瀬と別れる原因となった問題の誕生日でした。次の日の図書館で篠崎はこれから起こる事を予測できるので、トラブルを避ける事で今度は久瀬との待ち合わせに間に合います。これで運命を変えられると喜ぶ篠崎は、楽しそうに食事を楽しみます。そして久瀬がレストランに頼んでいたサプライズプレゼントも貰う事が出来てレストランを出ます。二人で歩いている時突然に久瀬が指輪を渡してプロポーズをします。喜ぶ篠崎は嬉しそうに承諾するのです。突然降り出す雨の中で、指に指輪を通して貰う篠崎は幸福の絶頂の中にいました。

そして2017年2月26日が来ます。風間がメンバーに集まる様に指定した日です。篠崎は嬉しそうに指輪を眺めながら向かいます。そこには何故か7名しか集まっていませんでしたが、みんな明るい表情になっていました。そこへ風間が現れいきなり残念な報告として、仲間になるはずだったトラック運転手の高橋が亡くなったと言うのです。メンバーの中に何か不穏な空気が漂います。これからリピートのメンバー達にどんな事が起こるのか?本当に人生をやり直す事が出来るのか?今後の展開が楽しみです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)