「99.9-刑事専門弁護士¬-SEASONⅡ」のあらすじとキャスト




2018年1月14日(日)夜9時からスタートするTBSドラマ「99.9-刑事専門弁護士­-SEASONⅡ」は、2016年にシーズン1が放送され、松本潤演じる深山大翔と香川照之演じる佐田篤弘がぶつかり合いながらも、例え99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の可能性がある限り、真実が見えるまでは追求し続けるというエンターテインメントドラマです。新ヒロインとして、木村文乃演じる尾崎舞子が登場し、前作は弁護士と検察が対決するシーンが主に描かれていましたが、今回は裁判官との対決も盛り込まれ、内容がより一層濃くなっているようです。新しくなったこのドラマのキャストと内容を紹介していきます。

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士­-SEASONⅡ」のキャストと登場人物

松本潤(役:深山大翔)

登場人物

深山大翔(みやま・ひろと)斑目法律事務所の刑事事件専門ルームに所属する弁護士。99.9%の確率で有罪だったとしても、残りの0.1%に事実が隠されているかもしれないと、自らが納得するまで事件を調べ周りを巻き込んでいくため、上司からすると厄介な存在。いとこの坂東健太が店長を務める、小料理屋の2階の1室を借りて暮らしている。父親の影響で料理を作るのが好きで、MY調理セットを持っている。

 

香川照之(役:佐田篤弘)

登場人物

佐田篤弘(さだ・あつひろ)斑目法律事務所に所属する弁護士。以前検事をしていたことから、刑事事件専門ルームを任され、深山大翔に良く世話を焼かされていた。現在は民事事件の方に復帰することができ、数々の大手企業の顧問弁護士を務め、高額な報酬を得て満足していたが、あることから刑事事件専門ルームに戻る事になる。自信家で傲慢なところがあるため人望は薄く、10歳年下の妻を恐れ、尻に敷かれている。

 

「99.9-刑事専門弁護士­-SEASONⅡ」のあらすじ

主人公の深山大翔は、相変わらず自分の信念を曲げずに、納得のいくところまで残された0.1%の事実にこだわる弁護士を貫いていました。そんな深山に振り回される、刑事事件専門ルームの室長は直ぐに辞めてしまい、なかなか定着せずにいました。頭を抱えていた所長の斑目春彦は、敏腕弁護士で以前室長を務めていた佐田篤弘に、後任が見つかるまでの間、民事と刑事を兼任するようお願いするのでした。

しかし、佐田は今まで作り上げて来たものを深山に関わると、全て失うのではないかと恐れ断ります。佐田のことを良く知っている斑目は、後任が見つかったらマネージングパートナーを譲るという提案をします。その条件に惹かれた佐田は、渋々引き受ける事にするのでした。

そんな中、刑事事件専門ルームに、ある事件の弁護依頼が入ります。依頼者は加害者の娘、加代で、父が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が、何者かによって命を奪われたことで、父が容疑者として逮捕されたというのです。加代は父の無実を信じ、それを証明して欲しいと頼むのですが、加代の付き添いで来ていた親友で元裁判官の尾崎舞子は、その経験から調書を見る限り、明らかに加代の父の犯行だと決めつけ、情状酌量になるようにしてくれたら良いと言うのです。まだ残されている0.1%の事実に目を向けず、99.9%だけを見て決めつける尾崎と深山は、この時から対立する事になるのでした。

尾崎はエリート裁判官として順調に経験を積んでいた矢先に、ある事件がきっかけで裁判官を退官していました。そんな尾崎の優秀な経歴を知った佐田は、なにかを思いつくのでした。状況証拠からすると、覆すことが難しい事件ではありますが、深山は0.1%の事実を見つけることが出来るのでしょうか。第1話からどんな展開が待っているのか楽しみです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)