NHK大河ドラマ「西郷どん」の第2回あらすじとキャスト




2018年1月14日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」。小吉は二度と刀が振れなくなってしまい、絶望の中にいた時、島津斉彬から侍が刀を持つ時代は終わり、これからの侍は弱い者の声を聞く侍が芯の強い侍になると教えられました。刀が振れなくても、芯の強い侍になれば良いのだと知った小吉は、どんな大人へと成長したのでしょうか。第2回「立派なお侍」のあらすじを紹介していきます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

塚地武雅(役:熊吉)

登場人物

熊吉(くまきち)親子代々西郷家に仕える使用人。西郷吉之助(隆盛)が生まれた時から傍で見守り、その忠誠心から生涯、西郷のもとで支え続ける。義理人情の熱い男。

 

「西郷どん」第2回のあらすじ

島津斉彬に出会い、強くなれと声をかけられてから6年後の弘化3年(1846年)の薩摩、小吉は18歳になり名前も吉之助と改めていました。藩の年貢の徴収を行う「郡方書役助」と言う役職についています。

吉之助は今日も農民が働く田んぼを回り、米の出来を確かめています。農民は長雨と冷夏の影響で実りの悪い米を前に、例年通りの上納米(年貢)を収める事が出来ないと泣き付きます。

その時、少し離れたところでは吉之助の上役である井之上が賄賂の金銭をもらっているのを見てしまいます。井之上さんと思わず声をかけた瞬間、助けてと言う声が聞こえて来ます。何事かと慌てて駆け寄る吉之助の眼の前では、借金の形に連れて行かれそうになっている娘、ふきの姿がありました。事情を察した吉之助は自分がもらったばかりのお給金を手渡し、なんとかこの場をおさめようとしますが、全く金額が足らないのです。それを知った吉之助は、さっき目にした井之上の賄賂を勝手に取り上げ渡してしまいます。

なんとかその場をおさめた吉之助は帰り道の川で、腹を空かせて待っている家族の為にうなぎを捕まえようと奮闘するも虚しく、家へと戻ります。10人と言う大家族の家では、お給金とうなぎに期待を膨らませ家族が駆け寄って来ますが、お給金すら人助けの為に渡してしまった事を知らされ、家族はみんな呆れかえってしまうのです。

その事が原因で父の西郷吉兵衛と大げんかになってしまい、取っ組み合いの喧嘩をしていると突然、幼馴染の大久保正助が現れます。お城からお召しがあり、記録所書役助の仕事に就く事が決まったと言う報告に来たのです。吉之助とその家族は自分の事の様に喜びます。

翌日吉之助は、再び借金取に売られそうになった娘、ふきの家を訪ねていました。そこには病に伏せる母親と幼い弟の面倒を見るふきの姿があり、米を作っていながら白い米を一度も食べた事がないと言う苦しい農民の生活を事細かく聞かされる事になるのです。

その夜、大久保正助の就任祝いが行われていました。そこへ祝いの魚と酒を持って赤山靭負がやって来ます。そこへ一緒について来たのは子供の頃一緒に走り回っていた岩山糸でした。学問を習うために赤山のところで下働きをしているのです。すっかり女性らしくなった糸の、あまりの変わりぶりに驚く吉之助と正助。糸は子供の頃から密かに吉之助に想いを寄せていたのです。その宴で吉之助は島津斉彬への想いを赤井へ語ります。

しかし斉彬は島津藩の家老、調所広郷に嫌われていて側室の由羅との間に生まれた息子、久光を次の藩主へと企てていたのです。その事を知っていた斉彬は、ある決意を元に江戸へと向かう決意を固めます。薩摩藩の実態を幕府に報告し、その責を父であり藩主の島津斉興にとらせると言うのです。この事を知らされた赤井は驚き不安な顔になりますが、斉彬は次に戻って来た時には藩主として戻って来ると言い放ち、赤井は喜ぶのです。

一方、相も変わらず厳しい年貢に苦しめられる農民を心配する日々の吉之助は、調所広郷の元へ直訴に向かいます。農民の立場になって年貢米を取れ高に応じて決める「検見取」にして欲しいと熱く語ります。そしてついに調所広郷の許可がおりますが、実は調所広郷はどうせ上手く行かないだろうと思って許可を出したのです。検見取の許可が出た事を農民に知らせに行く吉之助ですが、偶然に農民がお上に内緒で耕した隠し田を見つけてしまいショックを受けます。見逃して欲しいと頼まれる吉之助は悩み、途方にくれます。

その夜、吉之助は赤井に対して斉彬に合わせて欲しいと直訴します。あまりに真剣な吉之助に赤井は、明日、斉彬が江戸へ向かう事を教え、その途中に百姓の想いをまとめて斉彬へ差し出す事を許すのです。

翌日、やっと斉彬に会える吉之助は期待を胸に道を急ぎます。そんな時、またふきが借金の形に連れて行かれようとしていました。その事を糸が吉之助に伝えます。吉之助はふきの元へと走ります。しかしどうする事も出来ず、ふきは借金の形に連れて行かれてしまいます。覚悟を決めたふきに、これまでのお礼を言われ、去って行くふきに何もできない吉之助は大粒の涙を流しながら、自分は「おなご一人救えんやっせんぼじゃ」と叫び泣き崩れるのです。

その頃、赤井は現れない吉之助を心配し、斉彬を休憩させて時間を稼いでいました。しかしその事を悟った斉彬は、誰を待っているのかと尋ねます。赤井は百姓のために走り回っている若者に会わせたかったと言います。斉彬は少し笑みを浮かべながら、そうか、残念だったと言い、江戸へと急ぎます。吉之助は間に合わず、斉彬に会う事はできなかったのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)