ドラマ「隣の家族は青く見える」のあらすじとキャスト




2018年1月18日(木)夜10時からスタートするフジテレビのドラマ「隣の家族は青く見える」は、これまで「ディア・シスター」や「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」を手掛けた脚本家の中谷まゆみが描き上げた、オリジナルストーリーです。隣の芝生は青く見えても、実は見えないところで秘密や悩みを抱えている夫婦や家族が登場し、次第にお互いのことを知り、大騒動へと発展していくこのドラマの内容を紹介していきます。

ドラマ「隣の家族は青く見える」のキャストと登場人物

深田恭子(役:五十嵐奈々)

登場人物

五十嵐奈々(いがらし・なな)スキューバダイビングのインストラクターを務めながら、3歳年下の夫の大器と一緒に妊活を頑張る妻。何事も前向きに捉えることができるので、少々のことでは落ち込まない。

 

松山ケンイチ(役:五十嵐大器)

登場人物

五十嵐大器(いがらし・だいき)中堅玩具メーカーに勤める、ちょっと頼りない奈々の夫。両親は孫を心待ちにしている。アパート暮らしだったが、夫婦で貯金し、コーポラティブハウスを購入する。

 

「隣の家族は青く見える」のあらすじ

スキューバダイビングのインストラクターの仕事をしている主人公の五十嵐奈々は、中堅玩具メーカーに勤務する夫の大器と、小さなアパートで二人暮らしをしていました。二人は将来のことを考え資金を貯めて一戸建てより安く、マンションよりデザイン性が高いコーポラティブハウスを購入します。

このコーポラティブハウスに住む人たちは、もうすぐ結婚を控えたバツイチのスタイリストの川村亮司とネイリストの杉崎ちひろや、商社マンで二人の娘をもつ小宮山真一郎と深雪夫婦、このコーポラティブハウスの設計も手掛けた建築士の広瀬渉と様々な家庭がありました。そんな人たちと意見を出し合いながら完成させた家に引っ越してきた奈々と大器は、子供好きということもあり念願の子作りをスタートするのでした。

最初はどんな子供が生まれるのかワクワクする二人でしたが、それから1年経っても妊娠しない状態が続くのでした。前向きな奈々は、その時はあまり重く捉えてはいなかったのですが、何か体に問題があるのではないかと思い始めます。

そんな中、家業の焼き鳥店で働いていた大器の姉、琴音が妊娠します。そのことで両親は後継が出来たと大喜びします。そして、次は奈々の番だとプレッシャーをかけてくるのでした。そのプレッシャーに耐えきれず、早く子供が欲しい奈々は大器にも協力してもらい、不妊治療専門のクリニックに診てもらうことにします。

クリニックの片岡医師は、1年以上避妊していないにも関わらず妊娠しないのは、不妊症かもしれないと診断し、それを聞いた奈々はショックを受けてしまいます。あんなに楽しみにしている両親がいるのに子供が産めないとなると、自分は大器にとって何の意味があるのだろうと、次第に考え始めてしまいます。そんな奈々を大器はうまく言葉に出来ないながらも、一生懸命励ますのでした。

ある日、コーポラティブハウスの共有スペースで、小宮山一家が餅つきをしていました。奈々と大器もそれを見て手伝うのですが、その時に青木翔という人物が広瀬渉を訪ねてやってきます。実は広瀬渉と青木翔は男性同士のカップルで、そこに一緒に住もうと考えていました。

いろいろな事情を抱えたカップルや家族が住むこのコーポラティブハウスで、否が応でも密接な関係を築くことになり、徐々にそれぞれの家庭が抱えている悩みが見えてしまいます。奈々と大器はこの共同空間によって、次第にプライバシーが保ちづらくなってしまいます。せっかく手に入れたコーポラティブハウスで、これから一体何が起きようとしているのでしょうか。第1話からさまざまな悩みを抱える家族が登場します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)