ドラマ「隣の家族は青く見える」第1話のあらすじとキャスト




2018年1月18日(木)夜10時に放送されたフジテレビのドラマ「隣の家族は青く見える」第1話は、奈々と大器の出会いから始まりコーポラティブハウスに住む住人たちのそれぞれの事情が明らかになっていきます。そんな人たちと同じ空間で住むことになった奈々と大器にも抱える悩みがありました。第1話のあらすじを紹介していきます。

ドラマ「隣の家族は青く見える」のキャストと登場人物

高畑淳子(役:五十嵐聡子)

登場人物

五十嵐聡子(いがらし・さとこ)大器の母親。嫁に来た奈々を可愛がっている。夫の健作と共に焼き鳥屋を営み、何事も先へ進めたい性格のため、息子の大器と奈々に子供を作るように助言する。

 

「隣の家族は青く見える」第1話のあらすじ

スキューバダイビングでインストラクターとして働く奈々は、習いに来ていた生徒の五十嵐大器がプールで溺れていたのを助けた事がきっかけで、大器が一目惚れしてしまいその場で告白し付き合う様になり、やがて結婚します。

そして5年後、おもちゃメーカーで働く大器は奈々と小さなアパートで貯金をしながら質素な暮らしを送っていました。二人はマイホームとしてコーポラティブハウスを購入する事になり、ある日その打ち合わせに二人で向かうのでした。コーポラティブハウスは幾つかの所帯が組合を作り、その組合が事業主となって一つの建物に、共有部分を有しながら自由に設計して建てて行く集合住宅で、そこには五十嵐夫妻のほかに、この建物の組合員でもあり設計も手掛ける建築士で独身の広瀬渉、結婚間近のスタイリストの川村亮司とネイリストの杉崎ちひろのカップル、商社マンの小宮山真一郎と妻の深雪、その娘二人の四人家族が集まっていました。

そこで色々な意見を出し合い、理想のマイホームのプランを創り上げて行くのです。共有スペースをどの様にするかについて話しを進めるうちに、小宮山深雪が中心となって子供が楽しめる空間をと話し出しますが、その話から子供を持つ事の大切さや、女性として子供を産む事に対する価値観について話しが移ってしまいます。子供を持つつもりのない杉崎ちひろは、気持ちとは裏腹に話しを合わせようと努力しますが、なんとも気まずい空気が漂い、それを察した奈々が話しに割って入り、なんとかその場をおさめるのです。すると打ち合わせもそこそこに、川村と杉崎はこの後の仕事の都合を理由に先に帰ります。小宮山の夫も、この後ベトナムへ出張するらしく、大きな荷物を持って先に帰ってしまいます。

先に出た杉崎は、深雪に対しての怒りがおさまらず歩きながら川村に気持ちをぶつけています。そしてこのあと杉崎は仕事ではなく、二人の結婚式の式場探しに向かうのです。ある日の夜、五十嵐の実家が経営する焼き鳥屋で大器と奈々、大器の妹の琴音は三人で会って話しをしていました。そこへ料理を運んで来る大器の母親の聡子が話しに割って入り、大器と奈々に子供の話しを始めます。早く孫の顔が見たいと思っていたのです。

その頃、建築士の広瀬は馴染みのバーで飲んでいました。そこで別の客の中の一人として酔いつぶれてしまい、取り残されてしまっていた青木朔と一緒に呑む事になります。その後、一緒に店を出た二人でしたが、途中、倒れた朔を助けようと立たせた瞬間、朔は「渉もこっち側の人だよね」と言いながらキスをするのです。

一方、大器の家では、母親の言葉に刺激を受けた奈々は、そろそろ子供を作ろうかと言い出すのです。その言葉に喜び出す大器でした。

それから1年後、大器の父、健作が営む焼き鳥屋では、琴音とスーツ姿の糸川啓太が何やら神妙な顔で健作と聡子に話をしています。そこに大器と奈々も横で聞いていました。実は、琴音は妊娠したと言うのです。父親は健作の弟子として働く糸川啓太でした。その事を聞いた健作は啓太に激怒します。その間に割って入る奈々は、孫が出来たのでおめでたい事だと言いながら健作を一生懸命になだめます。母の聡子は琴音を抱きしめ妊娠した事を喜ぶのです。そして健作も啓太に酒を持って来いと言い放ち、祝杯の準備をする様に言うのです。次は奈々と大器の番ねと言われた奈々は頑張りますと答えます。

無事にコーポラティブハウスが完成し移り住んでいた奈々と大器は、そこで初めてのお正月を迎えます。共有スペースでは、小宮山の家族が餅つきの道具をレンタルし、広瀬と餅つきをやっていました。奈々と大器は一緒に参加します。そこへ川村と杉崎が二人で出てきます。付き合いのあるブランドのニューイヤーパーティーに行く為にドレスアップしていました。

その後、広瀬に来客だと奈々に言われる広瀬の目に飛び込んで来たのは、あの青木朔だったのです。慌てて自分の家に連れて行き説明を求める広瀬に朔は、ここで一緒に暮らすと言い出すのです。朔は既に自分のアパートを解約して来ていました。困惑する渉に、一緒に住めないなら別れると言い出すのです。

その頃、中々子供が出来ない事を少し気にかけていた奈々は大器に、一度病院で検査をしないかと持ちかけます。大器は戸惑いながらも奈々が安心するならと検査を受ける事を承諾します。ある日の朝小宮山の家では子供を送り出した後、夫婦喧嘩がはじまります。実は夫の真一郎は家を買った直後に会社を辞めてしまっていたのです。見栄っ張りな妻の深雪は、その事がばれない様にする為に、次の就職先が見つかるまで会社に行っているふりをして外出する様に言うのです。小宮山家でも他には知られたくない秘密を抱えていたのです。

ある日、奈々と大器は検査を受けに病院へ行きます。そして病院の先生に、妊娠しない期間から見て既に不妊症であると告げられます。不妊の原因を探る検査と治療には覚悟が必要だと言われますが、二人はその日の内に検査を受けて帰ります。その頃川村と杉崎は二人で結婚式に着るウエディングドレスを選んでいました。そこへ川村の携帯が鳴り、顔が少しこわばります。

後日、川村が向かったのは以前に離婚した妻の実家でした。妻は交通事故で亡くなっていたのです。その事を知らなかった川村はショックを受けますが、別の部屋にいた5年も会っていなかった息子と目を合わすも、無表情に目をそらす息子の姿を見て更に落ち込みます。息子は新学期が始まっているのにも関わらず部屋に閉じこもったままだったのです。

一方、病院から戻った奈々と大器は不妊治療について相談をしていました。焦っている奈々は自分の気持ちを素直に大器に話し、大器と結婚しようと思った時の思い出の話しをします。不妊治療の事で悩む五十嵐家、夫が会社を辞めた事を隠しながら生活を送る小宮山家、同性愛者である事を隠しながら朔と一緒に暮らす事になりそうな広瀬家、離婚した妻が亡くなった事を知り、残された息子を心配しながらも、子供は産まないと言う条件でちひろと結婚間近の川村家、そんな家族が集まるコーポラティブハウスでの生活が展開して行きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)