ドラマ「BG〜身辺警護人〜」第1話のあらすじとキャスト




2018年1月18日(木)夜9時に放送されたテレビ朝日のドラマ「BG〜身辺警護人〜」第1話は、警備員をしていた主人公の島崎章は日ノ出警備保障の社長・今関重信に打診され、ボディーガードの世界へ戻ることを決意します。そんな章は、復帰して初となる任務を成功させることが出来るのでしょうか。第1話のあらすじを紹介していきます。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」のキャストと登場人物

永島敏行(役:今関重信)

登場人物

今関重信(いまぜき・しげのぶ)章が勤める民間警備会社の日ノ出警備保障の社長。ある事件で負傷し、今は車椅子生活を送っている。章が以前勤めていたボディーガードを辞めるきっかけとなった事件の事を知りながら、章を再びボディーガードとして復帰させる。

 

「BG〜身辺警護人〜」第1話のあらすじ

2012年、空港にサッカー日本代表選手の河野純也を一目見ようとファンが押し寄せていました。河野が空港に現れた時、すぐそばには河野を警護する主人公の島崎章がいました。ファンの中の一人が河野に向かって生卵を投げつけるのですが、島崎は河野に当たる前に生卵をキャッチし、投げつけたファンに返却するのでした。その後、ふと足元に落ちてきた1本のボルトに目がいきます。

それから6年後の2018年、島崎章は工事現場で警備員をしていました。通行止めになっている道の前に立ち、入ってきた車を誘導するのが章の仕事でした。そんな時、前から2台の黒塗りの車が入ってきます。先頭の車の助手席に乗っていた警視庁警備部警護課(SP)の落合義明に通すように言われます。迂回するようにお願いする章ですが、後ろからクラクションを鳴らし入ってきた車に気づきます。先頭の車の後部座席に乗っていた厚生労働大臣の立原愛子は顔を見せ、お願いする表情を見た章は自分の判断でその車を通してしまうのでした。後から追いかけてきた記者たちに文句を言われるのですが、記者の犬飼悟に助けられます。

翌日、警備会社の社長の今関重信に呼び出され、注意されるのかと思いきや逆に良くやったと褒められるのでした。今関が呼び出した本当の目的である、新設する身辺警護課のメンバーとして入って欲しいという頼みを聞き、最初は失敗を犯したものは現場に戻る資格がないと断ります。しかし、今関から6年前の事件の事は黙っておいて、新人として入ればいいと提案され、本心では復帰したいと思っていた章は決心するのでした。

社内の各部署から引き抜かれた、身辺警護課の課長の村田五郎と元自衛隊員の高梨雅也、就職先がなく渋々入った沢口正太郎、元柔道選手の菅沼まゆ、そして章の5名で構成されたメンバーは、身辺警護課が始動出来るように訓練を始めます。始めは体力が追いつかず倒れ込んでしまう章ですが、次第に感覚を取り戻し、終盤の訓練で他のメンバーよりも素早い動きで犯人役の村田からナイフを奪う事に成功し、新人だと聞かされている周りを驚かせるのでした。

その頃、厚生労働大臣の立原のところに元ファン代表よりと書かれた大きな包み紙が届き、爆弾かと思われた中身は隅田川マラソン大会でスターターを務める立原に、なにか危害を加えようとするような脅迫文が入っていたのです。

一方、訓練が終わり、初の出勤の日の朝、息子の瞬と別れた妻の話をしていました。

出勤した章たちは、このメンバーでは初めてとなる任務の内容を聞かされます。依頼人はサスケフーズの会長の大久保佐助で、立原に脅迫文が送られてきた事を知り依頼してきたのでした。高梨がリーダーとなり、大久保のもとへ章を連れて行くのですが、そこで大久保とのやり取りに疑問を感じた章は、身辺警護人が先に倒れてしまったら依頼人を残して職場放棄するのと同じだと言います。それを聞いた高梨は、怖いなら俺一人でも守れると言い、それを聞いた章はあなたこそ向いていないのではと投げかけ、怖くない人と組むのが怖いと伝えます。

その後、警護計画を提出しに警視庁を訪れていた章は、偶然居合わせた警護責任者の落合に提出した警護計画をダメ出しされます。落合にダメ出しされた事が気になった章は、マラソン大会のスタート地点となる競技場を訪れ、一人で大久保の席の位置や避難経路を調べていました。

その夜、居酒屋で村田にその事を報告していた章は、その場で高梨が元いた現金輸送課に戻りたいと希望してきたことを聞かされます。

マラソン大会の当日、高梨の代わりにリーダーを務めていた章は、他のメンバーに指示しながら大久保の警護に務めていました。その時、高梨から電話が入り、ネットで犯人と思われる人物が書き込みをしていることを知らされます。立原の挨拶が終わり無事ランナーがスタートした後、爆発音と共に煙が上がりました。誰かが爆弾だと叫ぶと、競技場にいた人たちはパニックになり慌てて逃げ出します。その中で大久保の警護をしながら、立原の動きに疑問を持った章は、大久保を他のメンバーに任せて他に爆発物がないか、一人で探しに行くのでした。

爆発物を探す中で、地下のトレーニング室の扉が少し開いていることに気づき、中に入るとそこに立原の姿がありました。章は立原に派手な服装を指摘し、脅迫は嘘なのではないかと尋ねます。そして、後から入ってきた記者の犬飼に持っていたリュックをどこにやったのか指摘します。犬飼は立原にインタビューをしたいだけだと言い、無理矢理話を聞こうとする犬飼を止めようとする章と取っ組み合いになります。後から来たSPの落合達に驚いた犬飼は、立原にナイフを向けて自分の主張を話し始めます。全て今回の脅迫は立原がでっち上げたもので、その脅迫文に立原が大臣に就任した日に自分が送ったお祝いの言葉をそのまま脅迫文に使われた事に腹を立て、現実にしてやろうとしていたのでした。

そんな犬飼の目を盗んで落合に合図を送る章。次の瞬間、章は壊れた椅子で音を出し、怯んだ隙に落合は立原を引き寄せ、章は犬飼を抑えることに成功するのでした。仲間に爆弾はなかった事を報告し、自分の持ち場に戻ろうとする章に、落合は今回の件は公言無用だと言い、それから民間が警護をするのは反対だと言います。章は犬飼は銃を向けなければナイフは出さなかったのではないかと言い、丸腰だから人を守れることもあるのではないかと尋ねるのでした。

その日の帰り道、章は書き込みのことを教えてくれた高梨に電話しお礼を言います。高梨はそんな章に身辺警護課を辞めた理由は章と組みたくないからだと言うのでした。電話を切った後、高梨は章の過去を知る元なったネット上の写真を見ながら章のことを嘘つきだと言い放つのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)