「アンナチュラル」の第2話あらすじとキャスト




2018年1月19日(金)夜10時から放送された「アンナチュラル」第2話のキャストとあらすじをまとめてみました。通称UDIラボで働く主人公の三澄ミコト。そこでバイトとして入った医大生の久部六郎は、編集者の末次康介からミコトの過去についての情報をもらい、気になる久部はネットで調べ過去の無理心中事件を知ることになるのですが、いったいミコトの過去に何があったのでしょうか。

ドラマ「アンナチュラル」のキャストと登場人物

窪田正孝(役:久部六郎)

登場人物

久部六郎(くべ・ろくろう)UDIラボの三澄班の記録員。バイトとして雇われている医大生。

 

「アンナチュラル」第2話のあらすじ

UDIラボのメンバーは練炭によって四人が一家心中した現場へと向かいます。メンバーの一人、久部は飲み仲間の末次康介から以前に起こった浦和市一家四人無理心中で、一人だけ一命を取りとめた長女が三澄ミコトで、一家心中した雨宮総合病院の院長夫妻の娘だったミコトは、その後院長の妹夫婦に養子として引き取られ、今は三澄ミコトと言う名になっていると言う情報を聞かされていました。

今回の事件があったのは佐藤と言う家で、新聞受けに「練炭を焚きました 恐れ入りますが警察に連絡して下さい」と言う張り紙がしてあったのです。西武蔵野署の毛利忠治は遺書があった事や現場の状況からして明らかに一家心中だと思っていますが、ミコトはUDIラボが呼ばれたからにはキッチリと調べさせてもらうと告げます。

そして現場を確認して行くと、ミコトは気になる何点かの不審な点を見つけます。そして全員解剖すると言うのです。別の捜査員が身分証明書を見つけますが、なぜか全員赤の他人だと言う事がわかります。

UDIラボで行われた解剖によって四人のうち三人は一酸化炭素中毒によって亡くなった事が判明。しかし、唯一身元不明の若い女性だけ、冷凍されて亡くなったとミコトは判断します。一人だけどこかで冷凍され亡くなり、無理心中の現場に後から運び込まれ、完全犯罪を狙った事件だったのです。さらに解剖を進めると胃の中から丸まった紙が見つかります。その中には「ユキオトコノイ、タスケテ花」と言う内容のダイイングメッセージが書かれていました。

その後色々と調べていくとあるネットサイトをきっかけに集まった人達だった事が分かって来ます。そのサイトは急に閉鎖されたのですが、警察はそのサイトを運営していた人物の住所を特定していました。ミコトは被害者がどこで凍らされて亡くなり、メッセージで何を伝えたかったのかを考えようとします。警察は身元不明の女の子が働いていた店や、寝泊まりしていたネットカフェを見つけます。花ではなくミキと言う名だった事も分かって来ます。

そしてある日ミコトは久部に、これから一緒に温泉に行こうと言い出します。バイクで向かった有鹿温泉で足湯につかりながらミコトは温泉の成分を調べ始めます。そしてその結果から被害者の体内から見つかった成分はここの温泉の成分に近く、さらに胃の中から見つかった肉も、ここにある鹿肉の成分に近いと思っていたのです。二人は近くの店で売られている物の中で鹿肉を使っている食べ物を探して行きます。

そしてついに鹿肉の入ったオリジナルのおにぎりを見つけ出しますが量的にかなり多く、少し疑問が残ります。そして近くに冷凍庫がある事も聞き出し、その場所へと向かいます。しかし、その倉庫を確認するとそこで犯行を行う事は不可能だと感じます。ミコトはこの倉庫に来る途中に気になる場所を見つけていました。二人はすぐさまそこへと引き返してみます。

そこには−20℃と書かれた冷凍車を見つけます。その近くには温泉を引き込んだ蛇口も見つかり塩分が付着しています。気になるミコトは冷凍車の中を調べようと勝手に冷凍庫の中に入ります。久部も一緒に入り調べていると、結束バンドが落ちている事に気づきます。そして被害者の手首についていた傷跡がこの結束バンドだとするともう一人別の人物と一緒に縛られていて、さっき見つけたおにぎりも二人で分けて食べたと仮定すると、疑問が解消する事に気付くのです。

さらに奥へ進むと被害者が飲み込んでいたダイイングメッセージの切り取って見えていなかった部分があったのです。そしてメッセージは「ユキオトコノイエ、タスケテ花イル」と繋がったのです。花と言うのは別に監禁されている子の名前だった事がわかります。UDIラボへ電話しようとしますが電波が圏外の為つながりません。その時、冷凍庫の入り口を何者かによって閉められてしまい二人は閉じ込められてしまいます。そして冷凍庫のスウィッチが入り冷凍が始まります。

その頃警察はネットのサイトを運営していた人物の自宅で事情を聞きます。その時、ユキと名乗る女のふりをした男の存在を突き止めます。

その頃、閉じ込められた二人を乗せた冷凍車はどこかへと動き出します。その中でミコトは亡くなったミキの行動を検証して行き、ここが亡くなった現場である事を確証します。そして突然車が止まり、そこでは少し携帯の電波が入る事に気付いたミコトはUDIラボへ電話しますが、なかなか出てくれません。やっと出てくれたのは中堂系でした。

そして自分たちが冷凍庫の中に閉じ込められている状況を伝えますが、その瞬間冷凍車は池へと落とされてしまうのです。場所がわからず伝える事のできないミコトは、浸水する水の成分を中堂へ細かく伝えて行きますが、電話は途中で切れてしまいます。電話が切れる寸前に、冷凍庫の中で見つけた荷物に貼られていた送り状に書かれている、大沼悟と言う犯人の名前を伝えます。

中堂は聞かされた成分から現場を推測し遂に探し出します。神倉は警察やレスキューへの連絡を進めます。少しずつ浸水して来る冷凍庫の中で、怯える久部をミコトは励まします。自分が無理心中に合った時の記憶も話して教えます。どんどん増えて行く水に怯える久部に、巻き込んでごめんと言いながら、明日、何か美味しいものを食べに行こうと言いながら、何を食べようかと二人で話しをします。

その時、外から助けに来た事を知らせる合図がします。警察によって犯人も逮捕されました。犯人の家で監禁されていた花も助けだされます。その後、ミコトと久部、そして花はミキの火葬に立ち会っていました。最後まで身元のわからなかったミキは、身元不明者として遺留品などが保管されます。火葬場の外にはマスコミが数社駆けつけていました。

次の日、ミコトは約束通り久部を誘い東海林と三人で食事に行きます。その途中、久部の携帯がなります。末次康介からでした。末次は週刊ジャーナルの人間で久部からいろいろと情報を入手する為に繋がっていたのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)