「明日の君がもっと好き」のあらすじとキャスト




2018年1月20日(土)夜10時からスタートする「明日の君がもっと好き」。脚本家は「同窓会」や「わが家」を手掛けた井沢満で、爽やかなタイトルとは違い、中身は刺激たっぷりの展開が起こります。予想の斜め上をいく異色のラブストーリーと言われているこのドラマの内容を紹介していきます。

ドラマ「明日の君がもっと好き」のキャストと登場人物

市原隼人(役:松尾亮)

登場人物

松尾亮(まつお・りょう)「丹野園」の造園デザイナー。生まれは九州を中心に大衆演劇をしている名門一座の次男。子供の頃、口下手な性格から役者になりたくなかった為、中学を卒業すると共に家出した。東京に逃げ込んだが行く当てもなく、放浪していたところを「丹野園」社長の丹野文彦に拾われ、15歳から住み込みで働いている。趣味はカメラで恋愛には興味がない草食男子。

 

伊藤歩(役:里川茜)

登場人物

里川茜(さとかわ・あかね)大手企業の社長秘書。美人で高学歴なのに、付き合う男性は訳ありばかりで男の見る目はない。幼い頃、両親を事故で亡くし祖父母と一緒に一軒家に住んでいる。既に家を出て行った梓という妹がいる。結婚を諦めてマンションの購入を考えている。

 

「明日の君がもっと好き」のあらすじ

老舗造園会社「丹野園」で働く主人公の松尾亮は、九州で大衆演劇をしている名門一座の次男として生まれました。父のように役者を志すと思われていたのですが、口下手なことから舞台に立って演じる役者にはなりたくないと思い、中学卒業と同時に家出してしまいます。東京に行った亮は、行く当てもなくさまよっていたところを「丹野園」の社長、丹野文彦に拾われ、そのまま14年間という月日を文彦の元で住み込みで働きながら過ごして来ました。

造園デザイナーとして成長した亮は、クライアントのオフィスビルに植木を納めに行っていました。搬入作業をしている途中で、突風によってスカートがめくれた女性の里川茜に目がいきます。茜は才色兼備で誰もが憧れる社長秘書なのですが、そんな茜を見ても亮は何も感じずそのまま搬入作業を進めるのでした。

亮はこれまで自分から誰かを好きになったことがなく、向こうから寄ってきた相手とだけ付き合ってきました。恋愛には興味のない草食系男子で、趣味は休日にカメラ片手に植物や昆虫を撮ることでした。

ある日、亮は社長の丹野文彦から娘の丹野香と結婚し、家業を継いでもらえないかと相談されます。亮はこれまでずっとお世話になってきた文彦の事を親のように慕い、香のことを妹だと思って接して来ただけに困惑してしまいます。

その頃、香はガールズバーで働いていました。昼は工事現場で働き、夜はガールズバーで接客するという生活を送っている香は、普通の女性の感覚とは少し違う感覚を持っている女性でした。そんな香の前に一人の客、黒田梓がやってきます。

梓は3年前に姉である茜の恋人を奪い、実家を出てその男性と結婚したのですが、結婚生活は想像していたものとは違い今では冷え切っていたのです。最初はあまり女性客がいない事に緊張し口数も少なかった梓ですが、夫の愚痴を香に聞いてもらう内にすっかり打ち解けていきます。

そんな梓の姉の茜は、10歳以上年下で新入社員の城崎遥飛にお茶に誘われていました。人懐っこい遥飛のことを幼い弟のように感じ、相手にしていない茜ですが、遥飛の本性は無邪気さとは無縁のところにありました。これまでダメ男とばかり付き合ってきた茜は、恋愛に疲れ、結婚を諦めてマンションを購入しようと考え始めていました。それぞれが過去に何かを失い、いま手に入れたものを上手く受け入れられずに生きている人間の本質に迫ったストーリーが今後展開していきます。第1話から人生に一度だけの大切な恋の物語がはじまります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)