NHK大河ドラマ「西郷どん」第3話のあらすじとキャスト




2018年1月21日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第3回「子どもは国の宝」のあらすじを紹介していきます。百姓の娘、ふきが借金の形に連れて行かれるのを助ける事が出来なかった吉之助は、江戸へと向かう斉彬にも会う事が出来ませんでした。この後、どんな展開が待ち受けるのでしょうか。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

大村崑(役:西郷龍右衛門)

登場人物

西郷龍右衛門(さいごう・りゅうえもん)西郷吉之助の祖父。息子の吉兵衛はあまり出世できなかったことから、孫の吉之助の成長を優しく見守っている。

 

「西郷どん」第3話のあらすじ

百姓の為に薩摩藩主の島津斉興の不正を正そうと、江戸にいる斉彬に向けて何通もの意見書を書き綴る吉之助でしたが一向に事態は変わりません。下級武士の西郷家も11人の大家族で貧しい暮らしを送っています。

吉之助と西郷家に仕える熊吉が狩りで猪を捕まえて家に戻ると、三男の真吾が原因不明の腹痛に苦しんでいました。吉之助は医者に見せる様に言うのですが、その為のお金がありません。吉之助は自分の刀を質に入れると言い出しますが、母の満佐は侍が刀を手放す訳にはいかないと止めるのです。吉之助と熊吉は捕まえた猪を町で売ろうと言い出しますが、そこへ帰って来た父の吉兵衛が、みっともないのでやめる様に言い、金を借りると言い出すのです。借金をするかしないかで吉兵衛と吉之助は大げんかをします。

その事を吉兵衛は薩摩藩重臣の赤山靱負に大見得を切ってしまった事を後悔しながら話します。赤山は豪商の板垣与三次を紹介します。吉兵衛と吉之助は二人で板垣の屋敷へ向かいます。大きな屋敷に感心する吉之助に対して吉兵衛は、相手は商人なので武士の威厳を忘れないようにと忠告するのですが、吉之助は借金しに行くのに威厳も何もないのではと首を傾げます。吉兵衛は、まぁ見とれと言いながら自信満々に屋敷へと入っていきます。

吉兵衛は板垣に100両を借りたいと申し出ますが、あまりに大金である事と吉兵衛の態度を見て丁寧に断り立ち去ろうとします。すると吉之助は立ち上がり土間へと走って行き、土下座をしてお願いします。そして父の吉兵衛にも一緒にお願いする様に促し、二人で揃って土下座してお願いします。吉之助は板垣に対して、食うや食わずの生活で病人を医者に見せる金にも困っている貧しい現状を正直に話し、借りたお金は必ず返すと伝えながら、武士に二言は無いと言って頭をさげます。

その姿を見た板垣は、最近の薩摩では表と裏を使い分けて民百姓を苦しめるお侍が少なからずいるが、吉之助の事をなかなかの器量だと感じ必ずや貸した物は返してくれる人だと言い100両を貸してくれるのです。喜ぶ二人は初めて見た100両を懐に入れ、用心しながら家路へと向かいます。

その時、ドロボーと言う声が聞こえ、子供が捕まりそうになっている様子を見た吉之助は急いで駆け寄ります。子供の名は中村半次郎と言い、父親が島流しに遭い畑も召し上げられてしまったのですが、まだ自分の家の畑だと思い持ち帰ろうとして芋泥棒にされてしまったのです。仲裁に入った吉之助でしたが、追ってきた3人が子供を捕まえようとすると、半次郎は持っていた木刀を振りかざし見事な太刀遣いで3人を倒し、そのまま立ち去ります。吉之助は驚き感心してしまいます。

吉兵衛は借りたお金で米を買い家族に白い米を食べさせます。家族全員が何年ぶりに食べる白い米に喜びます。熊吉の実家にも米を届けようと言い出し、熊吉と吉之助は二人で米を運びます。出迎えた熊吉の祖母のイシはとても喜びます。その日はイシの家に泊まり、次の日の早朝に外へ出た吉之助は、夜逃げをしていた半次郎とその家族に出くわします。

事情を聞いた吉之助は夜逃げは重罪であり、侍は一度逃げたらもう戻る事は出来ないと告げ、半次郎とその家族を説得し家に戻る手伝いをします。その事が上役に知れ問い詰められそうになった時、大久保正助の知らせで駆けつけた赤山に助けられます。

その後、吉之助と正助は赤山に対して薩摩藩の困窮している現状を真剣に訴えると、赤山はもうすぐ斉彬が藩主となる日は近いと言います。そして薩摩は変わるとも言うのです。

その頃、江戸では斉彬から薩摩藩の不正を知らされていた幕府における最大の権力者、老中首座の阿部正弘が薩摩藩家老の調所広郷を呼びつけていました。そこで薩摩藩での不正は本当かと問いただすと調所はあっさりと認め、藩主の島津斉興は関与しておらず自分が勝手にやった事なので、藩主の斉興を助けて欲しいと願い出ます。しかし阿部は聞き入れず立ち去ろうとした時、調所は今回の件を仕組んだのは誰かを教えて欲しいと願い出ます。

その時、調所の後ろから斉彬が現れます。調所は「やはり」と言うと、斉彬は「許せ、薩摩も日本国も前に進まなければならないのだ」と言うのです。そしてその夜、二人で酒の席を持ちたいと言う斉彬に対し、調所は用があるのでと断りますが、斉彬は「待っておる」と言うのです。

調所はその夜、自分が全て独断で行った事であると書き綴った書を残し、毒を飲んで自害します。その知らせは薩摩藩にも届き藩主の斉興と側室の由羅は斉彬の企てに激怒し、斉彬の異母弟の久光に対して斉彬を担ごうとする人達を根こそぎ処罰する様に言い放ちます。総勢50名にも及ぶ斉彬派と呼ばれる人達が次々と切腹や島流しにされてしまう「お由羅騒動」が起こります。町では緊迫した空気が流れます。そんな時、吉兵衛が家へと戻って来ます。父の異変に気付く吉之助は何があったのかと聞くと、吉兵衛は振り返り「赤山さまに切腹の御沙汰が下った」と言うのです。皆、一様にショックを受けます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)