「海月姫−くらげひめ−」第2話のあらすじとキャスト




2018年1月22日(月)夜9時に放送されたフジテレビのドラマ「海月姫−くらげひめ−」は、クラゲのクララが縁で鯉淵蔵之介と出会った倉下月海は、蔵之介のメイクとファッションにより綺麗になった月海に恋をした蔵之介の弟、修と水族館にいました。そこで母と見たクラゲを見て泣いている月海は修に抱きしめられるのですが、その後どうなったのでしょうか。第2話のあらすじを紹介していきます。

ドラマ「海月姫−くらげひめ−」のキャストと登場人物

富山えり子(役:千絵子)

登場人物

千絵子(ちえこ)男子禁制アパート「天水館」の管理人。天水館のオーナーの娘でもある。常に和装を身にまとい、部屋には市松人形がずらりと並んでいる。管理人ということもあって、尼〜ずの中では一番しっかりしている。

 

「海月姫−くらげひめ−」第2話のあらすじ

男子禁制アパート「天水館」に住む尼〜ずのメンバー達は、そこに住んでいながら一度も部屋から出てこず、ドアの下の隙間から紙に書いたメッセージを通してやり取りをしている謎のBL漫画家、目白先生のアシスタントをしていました。

ある日、目白先生が締め切りの日を間違えていたことが発覚し、尼〜ず達は皆んなで居間に集まり、明日に迫っている締め切り日になんとか間に合わせようと奮闘していました。そんな中、月海は水族館で修に抱きしめられたことを思い出し興奮してしまい、描いていた手が止まってしまいます。そこに女装をした蔵之介が現れ、修に抱きしめられていたことを言うとさらに月海は混乱し、それによって汚れてしまった手を洗おうと蔵之介が台所の蛇口をひねったところ古くなった水道管が破裂してしまいます。

水道管の修理代が20万円ぐらいかかると知った尼〜ず達は、蔵之介に修理代を要求しますが蛇口をひねっただけだと言われてしまい、なんとかみんなでお金を出し合おうとするのですが、尼〜ず達の貯金はほぼ0円に近い状態でした。見かねた蔵之介は、フリーマーケットでオタクグッズを売ろうと提案するのですが、実際に出品するものがマニアックすぎて売れず、結局尼〜ずのメンバーはみんな逃げ出してしまいます。

残った蔵之介と月海でなんとかしようとすると、月海が作ったクラゲの人形が可愛いと評判になりよく売れた事で、今度はネットで売ろうと閃いた蔵之介は尼〜ず達を招集し、クラゲの人形の種類を増やしながら一晩中人形を作り続けます。苦労の甲斐あって100個完売し5万円を手に入れることに成功しました。

しかし、目標の20万円に到達するためには、あと300個作らなければならないと知ったメンバーは落ち込みます。その時、そこにいなかった千絵子が現れ、日本人形を15万円で里子に出したと話します。なんとか20万円を集めることに成功し安堵したメンバーたちは、みんなで頑張った共同作業の素晴らしさを知ったのでした。

そんな中、自宅に戻った蔵之介は天水駅前地区の再開発のことを修から知らされます。そこはまさに「天水館」のある地区だったので、蔵之介は慌てて尼〜ず達にそれを知らせるのですが、既にそのことを知っていた尼〜ず達は反対派がいるから大丈夫だとまるで他人事のように話すのでした。しかし、千絵子が母親から「天水館」を売ることに決めたと言われていたことを話すと、尼〜ず達は一斉に騒ぎ出します。

蔵之介は住民説明会に行って抗議してくるように言い、尼〜ず達は向かうのですがその場の空気に押されてしまい途中で逃げ出してしまうのでした。忘れ物を取りに行った月海は、帰りに雨に打たれびしょ濡れになりながら歩いていると、修と稲荷翔子が一緒に一つの傘に入り歩いているところを目撃してしまいます。ショックを受けた月海は、部屋に閉じこもってしまうのですが、蔵之介が無理やり足で蹴ってドアを開けようとする音に驚き出てきます。そんなどうしようもない尼〜ずを見た蔵之介は、尼〜ず達にメイクをし、世の中に勝つためには着飾る鎧が必要なのだと教えるのでした。

その頃、翔子にそそのかされた修はディナーを一緒に食べてお茶を飲んでいるところを、翔子の催眠術によって眠らされ、ホテルの部屋で朝を迎えしまうのでした。朝になり目覚めた修は慌てて逃げ出したため、メガネを忘れて帰ってきてしまいます。

ある日、挨拶をしに「天水館」に現れた翔子と部下の佐々木は、ばんばさんとまややに菓子折りが入った袋と修のメガネが入った袋を奪われます。まややから修のメガネが入った袋を渡された月海は驚き固まってしまいます。翔子はそれを奪い返し帰ろうとした時、女装をした蔵之介が現れデベロッパーだと気づくと、ここに住んでいる住人たちがオーナーになると宣言し、「天水館」を買い取ってやると塩をまいて追い出すのでした。

初めて朝帰りをした修に驚いていた蔵之介ですが、月海から翔子が修のメガネを持っていて、一緒に歩いているところを見たと聞き、修が朝まで一緒にいたのは翔子だと気づきます。修と翔子が付き合っていると確信した月海は泣き出してしまい、蔵之介はそんな月海を抱きしめるでした。

自宅に帰った蔵之介は、父親の慶一朗にお金を借りようと交渉しますが、慶一朗はお前は何がしたいのだと言い、結局借りることは出来ませんでした。蔵之介は色々なことを考え過ぎて、女装するのを忘れて男の姿のまま「天水館」に来てしまったことに気づき、慌てて引き返そうとするのですが、月海以外の尼〜ずのメンバーたちが銭湯から帰って来てしまったので行き場をなくしてしまい月海の部屋に逃げ込みます。

そこで月海がウェディングドレスをイメージした格好をしているところを見てしまい驚く蔵之介ですが、月海から母が亡くなる前に大人になったらクラゲのようなドレスを作ってあげると言われたエピソードを聞き、自分の母親との会話を思い出した蔵之介は、月海にクラゲのドレスを作って、そのドレスを売ったお金で「天水館」を買おうと言うのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)