ドラマ「特命刑事 カクホの女」第2話のあらすじとキャスト




2018年1月26日(金)夜8時から放送されたテレビ東京のドラマ「特命刑事 カクホの女」は、警視庁警務部人事第一課の課長を務めていた北条百合子は、定年前のご褒美として神奈川県警刑事部捜査一課に異動します。班長を務めていた三浦亜矢に警戒されながらも新任して初めて起こった事件で、捜査一課の刑事が犯した罪を見事に見破り事件解決となりました。そんな百合子が捜査一課に来た本当の理由は、3年前に亡くなった刈谷晋作にあるようですが、これからどう展開していくのでしょうか。第2話のあらすじを紹介していきます。

ドラマ「特命刑事 カクホの女」のキャストと登場人物

高橋克典(役:如月光太郎)

登場人物

如月光太郎(きさらぎ・こうたろう)百合子と姉弟関係の仲。先輩である百合子の才能に頭が上がらない。グルメ通で美味しいものを食べるのが好き。

 

「特命刑事 カクホの女」第2話のあらすじ

三浦亜矢は3年前に起きた事件が夢に出てきて思わず飛び起きます。次の日の朝、亜矢が職場に行くと北条百合子が掃除をしていました。机の引き出しが少し開いていたので、百合子に引き出しを開けたのかと聞くがまさかと笑われごまかされます。

その時、部長の黒田作之助が現れ、捜査一課に異動になった新人刑事の谷岡智彦を紹介されます。亜矢は欠員が二人出ているのに何故一人だけなのかと文句を言うのですが、黒田に百合子と組むように言われさらに激怒します。黒田の言葉を真に受けた百合子は、亜矢とコンビを組めることを喜び話しかけるのですが呆れた亜矢は何も言わずに席に着くのでした。

そんな中、捜査一課の春日班に応援を頼まれた三浦班は、女子高校生の誘拐事件の捜査に加わります。複雑な家庭環境で育ち両親がいない被害者の姉の阿川伊代は、かなり動揺していた為、女性刑事の亜矢と百合子が側に付き添います。伊代はWebデザイナーをしながらコンビニでバイトをし、妹の学費を稼いでいました。犯人から脅迫電話を受けたと話す伊代に、嘘をついていると見抜いた亜矢は伊代を問い詰めます。

その時、犯人から電話があり妹の命が欲しければ、金持ちの祖父にお願いし1億円を用意するように言われ電話を切られます。しかし、伊代の父が障害を起こし、刑務所に入ったことで家族の縁を切られていた為、伊代は警察に祖父にはお願い出来ないと言います。

その後、犯人から身代金の受け渡しに指定された場所に、主婦に扮して張り込みをしていた亜矢と百合子。その時、百合子になぜ睡眠導入剤を飲んでいるのか聞かれた亜矢は、3年前の事を思い出し動揺します。そして、風船が割れた音を拳銃の音だと勘違いした亜矢はとっさに飛び出してしまい、犯人に警察がいることがバレてしまいます。

その事で、犯人から妹を返さないと言われ、後日河川敷で妹が亡くなっている状態で見つかります。遺体が見つかったことで、亜矢は自宅謹慎処分を受けます。自宅に戻った百合子は3年前に亡くなった刈谷晋作の写真を見ながら、近況報告をしていました。

その時、百合子の電話が鳴り如月光太郎から食事に誘われます。そして、刈谷孝雄と1週間連絡がつかない事を知らされます。百合子は以前、孝雄から法律のあちら側に行くのは自分だけで良いと話していた事を思い出し不安になります。

次の日、捜査会議で妹が亡くなったのは誘拐された直後だと言うことが分かり、亜矢のせいではない事が分かったにも関わらず公表しない上に対して、百合子は不審に思いながら亜矢の家に行きランチに誘います。そして、百合子は亜矢に誘拐犯が分かったと言います。

伊代の部屋にあったカレンダーに書かれていた予定では、アスウル株式会社のホームページの締め切り日と書かれていたのにも関わらず、伊代の携帯に誰からもかかって来なかったということは、アスウルの担当者は誘拐事件のことを知っていたのではないかと推理します。さっそく二人はアスウル株式会社に向かい、偶然居合わせた伊代の担当者スエナガに問い詰め正直に話すように言います。スエナガは罪を認め、全て伊代のためにやった事だと話すのでした。

後日、亜矢から詳しい話を聞かれていた伊代は妹の命を奪ったのは自分だと自白します。伊代は妹から自分でお金を稼いだ方が稼げると、伊代が一生懸命やっている仕事を馬鹿にされたことでカッとなり、妹の頭を花瓶で殴ってしまったのでした。その事で妹が亡くなり、スエナガに相談したところ今回の誘拐騒動を作り上げたのです。百合子のお陰で亜矢は真犯人を捕まえることができ、亜矢は百合子にいつか借りを返すと言います。そんな亜矢に百合子は今すぐ返して欲しいと、3年前に亡くなった刈谷晋作の命を奪ったのは貴方なのかと聞くのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)