「アンナチュラル」の第4話あらすじとキャスト




2018年2月2日(金)夜10時から放送された「アンナチュラル」第4話のキャストとあらすじをまとめてみました。弁護士側の証人として裁判所に出廷した三澄ミコトは、検事の烏田守との口論でつい感情的になってしまい、週刊誌やマスコミからヒステリー女法医学者と叩かれていました。そんなミコトにどんな展開が待っているのでしょうか。

ドラマ「アンナチュラル」のキャストと登場人物

松重豊(役:神倉保夫)

登場人物

神倉保夫(かみくら・やすお)UDIラボの所長。UDIラボの財政は警察庁と厚労省からの補助金によってまかなわれている部分が大きいため、常に危機感を持っているのだが、人柄が良すぎるためメンバーたちには伝わらない。

 

「アンナチュラル」第4話のあらすじ

UDIラボ見学説明会が開催され、三澄ミコトの義理の母・三澄夏代はその説明会に参加していました。本来の目的はバイク事故によって夫を亡くした佐野可奈子の相談にのるように事務所の先生に言われ、民事事件専門の弁護士としてUDIラボを訪れていたのですが、この機会にミコトの結婚相手も探しておこうと、UDIラボにいる独身男性を物色していました。

そんな夏代の姿を見ておかしいと感じたミコトは、「何しに来たの?」と尋ねます。夏代は「仕事で来たんです」と答え、明日UDIラボで解剖する予定の佐野裕斗の件で弁護士として来たと話します。

佐野裕斗はバイクで帰宅中に意識を失い、ガードレールに衝突し車体ごと投げ出され、運悪く下に走っていた幹線道路脇の歩道に落下してしまい、命を落としていました。残された家族は妻の可奈子と幼い子供二人で、夫のバイクの任意保険が切れていたため保険はおりず、生命保険にも加入していなかったため途方に暮れていました。佐野が事故を起こした原因として考えられるのは三つあり、一つは佐野裕斗が勤めていた「しあわせの蜂蜜ケーキ」の工場で長時間労働をさせられていたことによる過労。もう一つは、事故が起きる前に修理したバイクの修理ミス。残りの一つは、かかりつけの医師による病気の診察ミスのどれかだろうと思われていました。原因として疑われた全ての会社は賠償金を払いたくない一心なのか否定しているため、解剖結果によって判断されることになったのでした。

佐野の解剖当日、考えられる三つの原因としてあげられた会社の担当者が3名訪れます。亡くなった原因によって責任の所在が変わる為、3名とも緊張感のある表情で解剖が終わるのを待っていました。しかし、原因はくも膜下出血だったということしか分からず、3名はお互い罪をなすりつけ合い、遺族の前で責任逃れの言い訳ばかりするのでした。

その日の夜、法医学の繋がりで集まった女子たちと食事をしていたミコトは中堂系が日彰医大の法医学教室にいたころ、法医解剖医でありながら人の命を奪ったとして逮捕されたことがあり、結局起訴されず証拠不十分で釈放されたと言う話を耳にします。

ある日、UDIラボ見学説明会の時に届けられた「お前のしたことは消えない、裁きを受けろ」という脅迫文は誰に宛てられたものなのか調べていた東海林夕子は、この脅迫文は自分宛ではないかと言い出します。それを聞いたミコトはこの前、週刊誌に取り上げられた自分宛だと言うのでした。そんなミコトの話を聞いた中堂は、残業しているミコトに声をかけ、これまで何枚も受け取ったという脅迫文を見せて、自分宛に来ているものだから「気にするな」と言うのでした。

その日、ミコトが帰ろうとすると、久部六郎が「送らせてください」と声をかけます。週刊ジャーナル編集者の末次康介に情報を流していた久部は、脅迫されたのがミコトだとすると自分にも責任があるのではないかと感じていたのでした。

一方、「しあわせの蜂蜜ケーキ」の工場の過重労働の線を調べていた夏代は、内部告発者からメールをもらい、過重労働があったのではないかと工場長に問い詰めていました。しかし、工場長も休みなく働かされていたため、そこで倒れてしまうのでした。

夏代は新たな情報として佐野裕斗が亡くなる前に社長に頼まれて、退社する前にケーキを自宅マンションまで届けていたことが分かります。さらに解剖の結果、30日前ぐらいに佐野裕斗は首に何らかの衝撃が加わっていたのにも関わらず放置したことで悪化し、その結果くも膜下出血を引き起こしていた事が判明するのでした。そして、妻の可奈子に30日前のことを確認すると、社長に頼まれてケーキを自宅マンションに届けて帰ってきた日の夜、佐野裕斗はバイクで転倒し、かすり傷を負って帰ってきたが、病院には行ってなかったと聞きます。もし、佐野裕斗が退社する前に事故を起こしていたとすると、勤務中に起こった事故として裁判に持っていけると夏代から聞いたミコトはその裏付けを取るために、30日前にバイクで転倒した場所を探すのでした。

その頃、過重労働を隠し続けてきた工場長は、佐野裕斗が亡くなったにも関わらず態度を変えない社長に我慢できなくなり、ストライキを起こします。その後、工場で働いていた社員達を連れてミコト達に合流し、バイクで転倒した場所を一緒に探し、その場所を見つけるのでした。

そして、見つけた場所の監視カメラに、バイクで転倒する佐野裕斗の姿が映っていたことから、勤務中の事故としてその会社を訴える材料がそろったのでした。

その日の帰り道、久部と別れた後、ミコトはUDIラボにも出入りしているフォレスト葬儀社の木林南雲が運転する車の助手席に中堂が乗り、どこかに向かうところを見かけます。何か違和感を感じたミコトは、二人の後をついて行くと葬儀の前に棺にの中の亡くなった人を調べているところを目撃するのでした。

後日、そのことをUDIラボの所長・神倉保夫に尋ねます。そして、中堂が誰の命を奪って犯人にされたのかを尋ねるのですが、よく知らないという神倉から中堂は日彰医大にいた頃、恋人だった女性の解剖を誰にもそのことを言わずに解剖したことがあるという話を聞くのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)