「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」第4話のあらすじとキャスト




2018年2月4日(日)夜9時に放送されたTBSドラマ「99.9-刑事専門弁護士­-SEASONⅡ」。裁判長の川上憲一郎から目をつけられた深山大翔は、この先どうなっていくのでしょうか。第4話のあらすじを紹介していきます。

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士­-SEASONⅡ」のキャストと登場人物

笑福亭鶴瓶(役:川上憲一郎)

登場人物

川上憲一郎(かわかみ・けんいちろう)東京地方裁判所の所長代行を務める裁判官。裁判官だった尾崎舞子の元上司でもある。

 

「99.9-刑事専門弁護士­-SEASONⅡ」第4話のあらすじ

ある日、佐田篤弘は刑事事件の弁護士として加害者の妻である岩村梢から話を聞いていました。自分だけでは手に終えないと感じた佐田は、その場に深山大翔と尾崎舞子を呼びます。

刑事記録では、岩村梢の夫・岩村モーターの社長である直樹が、取引先のタカハシ機械製作所の専務である棚橋幸次郎の頭をスパナで殴って命を奪った後、後悔した直樹は後を追うかの様にビルの屋上から飛び降り、自らも命を絶ち、被疑者が亡くなったということで、書類送検され不起訴処分になったと記載されていました。

刑事記録を見た佐田は、「ご主人に関する捜査を終了する」という意味だと岩村梢に伝えます。そして、被害者の兄・政一郎から損害賠償として3億円請求されていることを知ると、民事事件の弁護士の立場から「相続放棄する事が賢明」だと言い、弁護の依頼を断るのでした。

岩村梢は、亡くなる前の直樹から送られてきたメールに違和感を感じ、直樹は無実で自ら命を落としていないと信じ切っていました。直樹はスマホで文字を打っても変換したり、句読点をつけられなかった為、いつも全てひらがなで届くメッセージを見て、どこで区切っていいか分からず困っていました。それなのに最後に届いたメールのみ、なぜか漢字に変換したり句読点がつけられた読みやすい文章が送られてきたのです。その事を聞いた深山は、正式に依頼を受けていないにも関わらず、早速パラリーガルの明石達也と共に現場へ向かうのでした。

深山たちが現場へ向かったと聞いた佐田は、断ったはずの依頼を調べに行ったと気づき、連れ戻す様に尾崎舞子に指示します。現場検証を終え、事務所に戻った深山たちですが、そこで佐田が別人のように岩村梢をもてなし、依頼を受けると話している光景を目の当たりにします。

納得がいかなかった尾崎が佐田に問い詰めると、亡くなった直樹はエンジンに関する特許を取得しており、その特許を持っているだけで莫大な利益をもたらす価値があると言います。そして、その特許の事を知らない妻の岩村梢に相続放棄させることで、被害者側のタカハシ機械製作所がその特許を取得しようと企んでいるのではないかと突き止めていたのでした。深山は明らさまにお金で心を動かされている佐田に、「そんなに利益がほしいですか」と皮肉を言います。

一方、元裁判官の尾崎は検察に行き再捜査を依頼しに行きます。しかし、弁護士になった尾崎に言われてもと取り合ってくれませんでした。検察が再捜査しないとなると刑事裁判では争えない為、佐田は民事裁判で争うことで事件の無罪を立証すると奮起します。そして、裁判の相手がジョン&モリモト法律事務所のやり手弁護士の森本貴だと知った佐田は、事前に話し合いを設けた際、いつもより力が入り過ぎてしまい森本にこの先の動きを読まれてしまいます。そんな中、裁判に挑んだ佐田は証人に裏切られ、岩村梢にとって不利な方向へと進むのでした。

しかし、次の裁判で森本側が用意した証人に深山は詰め寄り、証人が嘘をついていることを見破ります。そして、犯人しか知りえない情報を知っていた、被害者の兄の政一郎が真犯人として浮上し、裁判の途中で逃げたのですが、先回りして呼んでいた警察に逮捕され、事件は無事解決するのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)