ドラマ「FINAL CUT−ファイナルカット−」第5話のあらすじとキャスト




2018年2月6日(火)夜9時から放送されたフジテレビのドラマ「FINAL CUT−ファイナルカット−」第5話は、小河原雪子から母の夏美と兄の祥太が、電話で連絡を取り合っていたのではないかと聞き、思わずメガネを外して考え込んでしまった中村慶介は、その姿を若菜に見られてしまい三角関係の実態が明らかになってしまいました。慶介はこの事態を上手くすり抜けることができたのでしょうか。

ドラマ「FINAL CUT−ファイナルカット−」のキャストと登場人物

藤木直人(役:百々瀬塁)

登場人物

百々瀬塁(ももせ・るい)情報特番「ザ・プレミアワイド」の司会者。人の心を掴む言いまわしやユーモアを持ち合わせ、視聴者から愛されている。しかし、大衆が望むものを提供するためなら妥協しない一面があり、使えないスタッフ達の前では些細なことですぐにキレてしまう。

 

「FINAL CUT−ファイナルカット−」第5話のあらすじ

小河原雪子と中村慶介が二人で会っているところを若葉が見つけ、姉の雪子に「どういうこと?」と詰め寄ります。初めは若葉がなぜ怒っているのか分からず黙り込んでしまう雪子ですが、次に若葉が「マモルどういうこと?」と話しかけている姿を見て、ヨシザワユウだと思っていた人が、若葉の恋の相手・タカハシマモルだと気づいた雪子は驚きます。この状況に明らかに動揺しているマモルを見て、雪子は「私が呼び出したの」と言い、会えないとうるさい若葉の為に話をしていたと嘘をつくのでした。その後、姉の雪子にバレてしまったと感じた慶介は、そのことを仲間の野田大地に話すのでした。

次の日、二人は次のターゲットの百々瀬塁を追います。百々瀬塁の日々の行動パターンは把握出来ていたが、これといってボロを出さないため苦戦していました。そんな時、メディア被害者の井関泰人からメールをもらいます。「ザ・プレミアワイド」から取材を受け、ブラック金庫と題して、自分が勤める信用金庫の実態を内部告発し、第1弾が放送され反響を呼んでいたのに、なぜか第2弾は放送が中止されたというのです。なぜそうなったのか知りたいという井関は、慶介たちにお願いしてきたのでした。

次の日、慶介は「ザ・プレミアワイド」のプロデューサー・井出正弥に会い、ブラック金庫第2弾を放送するように、井出のファイナルカットをネタに脅します。ある日、ファミリーパーティーに訪れていた井出の胸ポケットに、こっそりカメラを仕掛けた野田は、そこで百々瀬塁と二人で話す様子を収める事に成功します。ブラック金庫第2弾の中止を言ってきたのは、警察幹部だと話す百々瀬の話を聞いた慶介は、その幹部は誰なのかを探し始めます。

ある夜、百々瀬を追っていた野田は料亭から出てきた百々瀬の後に、新宿中央署の副署長・高田清一郎と警視庁刑事部の部長・芳賀恒彦が出てくるのを目撃し、その様子をカメラに収める事に成功します。

一方、慶介はメディア被害者の井関泰人から再びメールをもらい、そこには懲戒解雇されたと書かれているのでした。ある日、慶介は井関と共に「ザ・プレミアワイド」のオフィスに訪れ、社会保険労務士の山田と名乗り井出に会います。そこで、再度井出に脅すように「誰が後ろ盾をしているのか、調べてみたらどうですか?」と取材を続行するように伝えます。

その後、百々瀬に取材続行したいと申し出た井出ですが、そこで百々瀬に何があったのか聞かれます。井出は正直に、12年前の事件の園長の息子・早川慶介に、自身の流されてはまずい動画をネタに脅されていることを話します。それを聞いた百々瀬は「面白い」と言い、「親子揃って番組に貢献してくれている」と馬鹿にして笑うのでした。その様子を隠しカメラ越しに見ていた慶介は、

ある日の夜、一人でジムにいる百々瀬に会いに行きます。そこで、百々瀬にファイナルカットの動画を見せます。百々瀬の妻は偽物でお金で雇っていることや警察幹部と繋がっていたことなどを流し、慶介は12年前の辛かった思いを、思い出しながら話します。百々瀬は、信用金庫を辞めさせられた井関の件は、再就職できるように手をまわすと言うのですが、12年前の事件は警視庁の芳賀恒彦から聞いたため、確かな情報だと思っていたと、自分は悪くないと言い訳をするのでした。そんな百々瀬に腹が立った慶介は「報じたら事実になるんだよ」と言い放ち、真犯人を必ず捕まえてくるから母に謝罪しろと要求するのでした。

ある日、テレビで放送されている「ザ・プレミアワイド」を見ていた慶介は、いつもと明らかに違う様子の百々瀬を見て、嫌な予感がします。百々瀬は「私にもいくつか秘密があります」と言い、慶介たちが撮ったはずの百々瀬のファイナルカットの動画を流し始めます。一部編集されたり、百々瀬以外の人の顔にすべてモザイクが入れられたりしていましたが、どう見ても慶介たちが撮った動画が使われていたのです。野田はどうやってこの映像を入手したのかと不思議がります。

そして、百々瀬はこのすべての映像は「フェイクニュース」だと言うのです。このことで、百々瀬のファイナルカットを流したところで、世間からはフェイクニュースだと思われ、まったく何の効果もないものに変わってしまったのでした。

その後、雪子から「兄が帰ってきた」と嘘のメールをもらい、慌てて家族で食事をしていると言われた場所に行くと、先回りして慶介が来るのを待っていた雪子と若葉にその様子を見られます。その姿を見て雪子は「あの人の目的は、お兄ちゃん」と若葉に言いながら確信します。そして、騙されたことに気づいた慶介は、さっきまで雪子と若葉が隠れて見ていた所に目をやり、その場を後にするのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)