ドラマ「BG〜身辺警護人〜」第4話のあらすじとキャスト




2018年2月8日(木)夜9時に放送されたテレビ朝日のドラマ「BG〜身辺警護人〜」第4話は、警視庁の落合義明は民間の警備を馬鹿にしていました。しかし、SPに警護されているはずの厚生労働大臣の立原愛子は、なぜか日ノ出警備保証に重要な極秘の依頼をするのでした。いったいどんな極秘の依頼が入ったのでしょうか。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」のキャストと登場人物

間宮祥太郎(役:沢口正太郎)

登場人物

沢口正太郎(さわぐち・せいたろう)身辺警護課に所属するが、渋々就職した若者。ノリが軽く、あまり物事を深く考えない。

 

「BG〜身辺警護人〜」第4話のあらすじ

ある日、厚生労働大臣の立原愛子は現代美術館にいました。玄関には警視庁のSPが警護を固めています。そこへ1台のタクシーが建物の中にある駐車場へと入って行き、後部座席に隠れていた課長の村田と島崎が素早く車から降り、SPに見つからない様に裏口から建物の中に入って行きます。そこで待っていたのは、立原大臣と日ノ出警備保障の社長である今関、そして大臣の秘書の坂上でした。

立原は秘書の坂上に席を外す様に指示し、その上でSPにも極秘の身辺警護の依頼をお願いするのです。依頼の内容は10日の土曜、ある人に会う為にケイリントンホテルに行くのでその警護をして欲しいと言う内容でした。大臣は院長と昵懇である病院で人間ドックを受ける事にしてあり、その間に抜け出して3時間以内に目的を果たして戻って来て欲しいと言うのです。どうしてSPに内緒にしなくてはならないのかと島崎が聞くと、立原は自分の口からは言えないと答え、代わりに今関が答えます。対立する派閥の長と会談を持つので、その事が公になれば選挙に影響を及ぼす為にSPをゾロゾロと引き連れて行く訳にはいかないと言うのです。

日ノ出警備保障では、高梨が今回の依頼を断るべきだと反対します。しかし会社として引き受けた以上はやるしかないんだと言う課長の村田。結局、今回の依頼は高梨を本部に残し、代わりに村田が現場で警護する事になります。

予定通りSPに守られて病院に入る立原は、個室へと案内され、今回から専任として警護に着く毛利が廊下で見張ります。診察着に着替えた立原が検査に向かうと、毛利はしっかりとガードしようとする立原にお金を握らせ、3時間くらいかかるからと言って待合室で待つように仕向けます。

その後、看護師の手引きで裏口から抜け出した立原は、日ノ出警備保障の車に乗り込みます。SPに見つかる事なく抜け出せた立原は、秘書の坂上に電話を入れ「今、病院です。今からしばらく携帯の電源を切ります。心配いらないから、今日はもう帰ってください」と一方的に告げて電話を切ってしまいます。

本部では、高梨が今回の依頼について不審に思い調べ出します。すると立原が言う対立派閥の関係者は地方や行事への出席で不在のはずだと気づきます。ケイリントンホテルを調べると部屋も全て満室で、結婚披露宴などもあり会場も人目に付きやすい事から不審な点が多い事を現場へと伝えます。

その頃、落合からの電話で、立原大臣から目を離すなと言われた毛利は、検査室を確認しに行きます。そこで立原大臣がいなくなった事が発覚してしまいます。その報告を受けた落合は秘書の坂上の元に駆けつけます。そして坂上が本当に立原の居場所を知らない事を確認し、何か思い出したら連絡する様に告げて立ち去ります。

しばらくすると落合を追いかけて坂上がやって来ます。そして、立原が結婚披露宴の来賓リストを持っていた事と、数日前に日ノ出警備保障の身辺警護課の人達と会っていた事を教えます。それを聞いてため息をつく落合。

一方で不審な情報を聞かされた村田は一旦車を止めて、立原に本当の理由を教えて欲しいと告げます。すると立原は「密談では無く、密会です」と答えるのです。自分は独身ではあるが好きな人がいて、その人は既婚者で知られる訳にはいかない方だと言うのです。しかし島崎は、ならば何故休日の昼間15時なのか?たかだか密会の為にSPを敵に廻してこんな危険をおかすのは不自然だと言い、完璧な警護を目指すのなら本当の理由を伺う必要がありますと告げるのです。すると立原は、その人と初めて二人だけで過ごしたのが5年前の今日で、ケイリントンホテルで夕焼けを見たと言い、今日でその人とお別れをするのだと言うのです。

その頃、落合は日ノ出警備保障に来ていました。そこで立原大臣の居場所を教える様に高梨へ迫ります。しかし高梨は教えようとしません。どう言う事態かわかっていますか?と追及する落合に高梨は「えぇ、前代未聞の事態でしょうね。SPが対象者を見失うなんて」と告げるのです、すると毛利の携帯に連絡が入り、立原の居場所の情報を掴んだのか「もう協力は結構です」と言って立ち去ります。

その頃、立原を乗せた車はケイリントンホテルに近いトンネルに入りました。すると事前の情報にはなかった渋滞につかまります。そこへ高梨から連絡が入り、SPが来た事を告げ、トンネルの先で検問が行われていると教え、おそらくSPにこちらの動きが把握されていると言うのです。引き返すかどうかを立原に確認する村田に「彼のところへ連れて行ってください」と返す立原。島崎は検問を突破すると言い出します。警護に当たる3人は覚悟を決めます。

車は警察の検問にかかります。そこにはこれまで立原大臣の専任警護担当だった清田が現れ、車の中を調べますがそこに島崎と立原の姿はありません。二人は途中で降り、外へと通じる通路を歩いて出口へと向かっていたのです。途中で立原が島崎に本当の事を話し出します。密会と言うのも嘘で娘に会いたいと言うのです。立原は大学2年の時に子供が出来、出産した後、自分の将来の為にその子を子供のいなかった開業医の元へと養子に出したのです。その娘は26歳になり、無事に医学部を卒業し先輩の医師と結婚するのだと打ち明けます。今日は結婚式で一目だけでも顔が見たいと思っていたのです。その話しを聞いても驚かない島崎は、立原の服装が密会にはふさわしくないフォーマルだった事が気になっていたので、今の話を聞いて納得したと言うのです。

二人は先へと進み、トンネルから地上に出て歩いてホテルへと向かいます。そして教会へ二人が入ると、そこにひと気は無くSPの落合が待っていたのです。落合は立原を連れて戻ろうとしますが、「5分だけ時間をください。私の人生がかかっているんです」と言って、落合と島崎を連れてホテルの中へと入って行きます。するとなぜか新婦控え室を通り過ぎ、主賓、崎山敬一郎様と書かれた部屋へと入って行くのです。

そこにいたのは全医連会長の崎山敬一郎でした。何度面会を申し込んでも受けて貰えない立原は、仕方なくここへ来た事を告げますが、崎山は人の結婚式まで押しかける立原に非常識だと激怒します。立原は出産育児一時金の増額を反対する崎山に、少子化に歯止めをかけるためにどうしても必要だと思っているので認めて欲しいと願いでるのですが、人気取りだと言って取り合ってくれません。

そこで立原は、今日出席する披露宴の新婦が自分の娘である事を打ち明けます。世間も本人もマスコミも知らない事だと告げます。なぜ自分に打ち明けるのかと問う島崎に、娘の花嫁姿を一目見たいと思った時、会長が新郎側の主賓で出席する事を知り、これは娘が引き合わせてくれようとしていると思ったと言うのです。自分の娘と離れ離れにならざるを得なかったからこそ、少しでも子供達にとって役に立つ法案を通したいのだと言い、深々と頭を下げます。「出て行きなさい」と言う崎山は、しばらく考えて「そこまで腹を見せるなら、仕方ない、考えて見よう」と言うのでした。

その頃、部屋の外では落合が島崎に、二度と立原に関わるなと忠告します。そして立原が出て来て、落合と車へと向かいます。車に乗りかけた立原は、島崎達は自分の依頼に忠実に動いてくれただけなので、厳しくとがめないで欲しいと言うのです。

すると島崎が走って来て「私の任務はまだ終わっていません」と言い、車をある場所へと誘導します。そこでは嬉しそうに教会から出てくる新郎新婦の姿があったのです。涙を流しながらしばらく娘のウエディングドレス姿を見つめていた立原は「島崎さん、任務は終了です」と告げ、車は走り出します。その姿に深々と頭を下げて見送る背後では、謎の男が島崎を見つめていました。

その夜、村田は今関に今回の様な依頼はもう受けないで欲しいと告げます。今関は、元SPの村田が言うのだから、冗談では済まない事はわかるが、大臣に恩を売ることができたので、会社のビジネスとしては成功だと言います。すると村田は、自分の過去はともかく、島崎と言うのは一体どう言う人物なのかと聞きます。彼はただの警備員ではないのでは?と言うのです。

一方、家に戻った島崎は、息子の瞬の様子が気になり、元の妻、仁美に電話し「瞬の事、一度ちゃんと話さなきゃと思って」と連絡を入れるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)