ドラマ「トドメの接吻」第6話のあらすじとキャスト




2018年2月11日(日)夜10時30分から放送された、日本テレビのドラマ「トドメの接吻」。堂島旺太郎はタイムリープし、母親を助ける事は出来ましたが、社長秘書の新井郡次が持っていたテープは、並樹尊氏の手によって燃やされてしまいました。12年前のクルーズ船の事故は、尊氏が原因だと知った旺太郎ですが、それを証明するものはもう無く、その腹いせのように並樹美尊の気持ちは奪う事が出来たのでした。これからどんな展開が待っているのでしょうか。第6話のあらすじを紹介していきます。

ドラマ「トドメの接吻」のキャストと登場人物

小市慢太郎(役:新井郡次)

登場人物

新井郡次(あらい・ぐんじ)並樹グループの社長秘書。密かに12年前のクルーズ船の事故の原因が、尊氏だと証明できるテープを隠し持っていた。

 

「トドメの接吻」第6話のあらすじ

並樹尊氏と並樹美尊の婚約披露パーティーで、美尊の気持ちを奪う事が出来た堂島旺太郎は、その場で警備員に取り押さえられ、会場の外へ連れて行かされます。パーティーに来ていた大勢の前で美尊と旺太郎がキスをした為、周りはざわつき始めます。このまま続行出来ないと感じた尊氏は、招待客に説明することなくパーティーを中止するのでした。

後日、世間はホテル王のお家騒動と題して美尊と旺太郎の写真が出回ります。そんなスクープ記事を読んでいた興信所の根津功一の元に旺太郎が現れます。旺太郎は根津に、亡くなった並樹尊が12年前のクルーズ船の事故の原因が息子の尊氏だと言う事を隠ぺいする為に協力させた人物は誰なのかを調べさせていたのです。根津からそのリストを受け取った旺太郎はビデオテープも早く探すように言います。しかし、根津はそれ以外にも、行方不明の旺太郎の父・堂島旺の居場所も突き止めていました。そして、「そこまで言うならお父様から話を聞かれた方が早いんじゃないですか」と言って、居場所を書いた紙を旺太郎に見せるのでした。

その頃、美尊の部屋に訪れた尊氏は冷静になって将来のことを話し合おうと言いながら婚約指輪を見せます。その時、美尊のスマホに旺太郎から電話が入るのですが、電話を掛けてきた相手が旺太郎だと分かると急に豹変した尊氏は、美尊を押さえつけてキスをしようと迫ります。しかし嫌がる美尊を見て我に返った尊氏は、放心状態になりそのまま部屋を出て行くのです。たまたまそこへ訪れた長谷部寛之は、二人の様子がおかしいことに気づき、ただ泣いている美尊を見守るのでした。

一方、旺太郎の自宅を訪れた佐藤宰子は、美尊のことを本気なのかと尋ねます。旺太郎は笑いながら「愛なんか求めるから人は不幸になるんだよ」と言い、宰子をバカにします。そして、これから香港に行ってくると告げるのでした。香港に着いた旺太郎は、根津から聞いた住所を頼りに父の旺を探します。

ある日、長谷部は美尊に電話するべきか迷いながらスマホを見ていました。するとそこへ見知らぬ番号から電話が入ります。長谷部が電話に出ると電話の相手は旺太郎でした。長谷部は相手が旺太郎だと分かると美尊とキスしたことを責めます。旺太郎はそんな話かとバカにしながら、尊氏の秘密のテープには12年前のクルーズ船プロメテウスを沈めた犯人が写っていたと伝えます。それを聞いた長谷部は「犯人は捕まっただろ」と呆れるのですが、その犯人が旺太郎の父親だと聞いて驚きます。旺太郎は「真犯人は尊氏だ。テープを見れば分かる」と長谷部に告げ、12年前尊氏をかばって嘘の証言をしたクルーズ船の運営会社を経営している長谷部の父がテープのコピーを持っているという情報を得たことを話し、長谷部にテープのコピーを探すように命令します。命令されたことが気に入らない長谷部は「断る」と返事しますが、旺太郎からこれまで犯人の息子として生きてきた辛い過去を聞かされ、テープのコピーを手に入れたら尊氏と一緒に長谷部の父も陥れると脅されて電話を切られた為、不安になります。そんな脅しにまんまと引っ掛かった長谷部は、すぐに旺太郎に電話して探すことを約束するのでした。

その後、香港から日本に戻ってきた旺太郎は長谷部が亡くなったことを知らされます。旺太郎はなぜ長谷部が亡くなったのかを宰子と一緒に考えている時、美尊から呼び出されます。美尊の元へ向かった旺太郎は密かに宰子も連れて来ていました。旺太郎に美尊は、7日前に長谷部に会ったと話しビデオテープの話を聞いたと言うのです。しかし、テープの中身まで知らなかった美尊は、あれは何なのかと尋ねます。そんな美尊に俺に任せてくれとその場を去り宰子の元へ戻った旺太郎は、7日前に長谷部はテープを手に入れていたんだと興奮し、その場でキスをしてタイムリープするのでした。

7日前に戻った旺太郎は、テープを持っている長谷部から一度はテープを取り上げるのですが、隙をつかれて長谷部に奪われます。そして、走って逃げていく長谷部を見失った旺太郎は、次の日また長谷部が亡くなったことを知り、長谷部がどこに行ったのかを調べる為に、再びキスをしてタイムリープするのでした。

せっかく戻った旺太郎ですが、今度は美尊に気を取られているうちに、また長谷部にテープを奪われてしまいます。旺太郎はタイムリープする前に、尊氏がお昼ごろに、長谷部から電話をもらったと話していたのを思い出し、尊氏に会いに行きます。そこで、話を聞いているうちに尊氏が長谷部に何かしたのではないかと疑い始めます。しかし、またもや長谷部の居所をつかめず、次の日にまた長谷部が亡くなってしまうのでした。

旺太郎は再び宰子に会いに行き、タイムリープしようとしますが、何度もタイムリープすると自分に不幸が降りかかって来るかもしれないと宰子はためらいます。そんな宰子に幸せにするからと旺太郎は説得するのですが、宰子は「私、前より少し幸せになれた」と言いながら、幼い頃に自分を助けたせいで亡くなった子の靴を取り出し話します。その靴を取り上げた旺太郎は、靴底に光太と書かれているのを見て「なんでお前が光太の靴を持っているんだよ」と尋ねます。しばらくお互いの顔を見ていた二人は、12年前のクルーズ船の事故で倒れていた宰子を助けた男の子は旺太郎で、反対に倒れていた女の子は宰子だったと気づいたのでした。宰子は助けてくれた男の子は二人とも亡くなったと思っていたので、旺太郎に「生きててよかった」と言うのですが、そんな宰子に腹が立った旺太郎は犯人の息子として生きてきた昔のことを思い出し、「生きていたくなかった」と言うのです。そして、「俺たちが出会ったのは偶然ではなく、光太が出会わせてくれたんだよ」と言い、宰子に「お前は光太から命をもらったんだよ」とそのことを償うように言いながら、キスをしてタイムリープするのでした。

7日前に戻った旺太郎は、今度は乗馬倶楽部に向かいます。誰かと待ち合わせしていた長谷部は、後ろから誰かに襲われていました。その時、旺太郎が現れ、気を失っている長谷部を助けます。しかし、襲ってきた相手は落ちていたかなづちを拾い、今度は旺太郎に襲いかかろうとします。そんな中、宰子が現れ、盾になろうとします。旺太郎は、宰子が殴られそうになった時、わざと宰子を突き飛ばし助けます。しかし、その拍子に宰子は頭をぶつけて倒れてしまいます。そんな宰子に気を取られてしまった旺太郎は、後ろから男にかなづちで殴られ倒れてしまうのでした。

一方、旺太郎を殴った男は長谷部からテープを奪い、顔を覆っていたフードを取ります。その男は尊氏にいつも付いて回っている布袋道成でした。布袋はすぐに尊氏に電話します。尊氏は電話に出ると「そこまでしてくれなくても良かったのに」と笑みを浮かべます。面倒なことになったと思った尊氏は、社長秘書の新井郡次を呼び、副社長の椅子と引き換えに、力を貸すように言うのでした。

その頃、目を覚ました宰子は、頭から血を流し倒れている旺太郎に気づき、キスをしてタイムリープしようとします。しかし、既に亡くなっていた旺太郎と何度キスをしても、タイムリープ出来ないのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)