NHK大河ドラマ「西郷どん」第6話のあらすじとキャスト




2018年2月11日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第6回「謎の漂流者」のあらすじを紹介していきます。御前相撲で必ずや勝って、島津斉彬に直訴すると決め、糸を思う大久保正助の為にも絶対に負けられないと意気込んでいた西郷吉之助は、腹を壊した村田新八の代わりに御前相撲に出て優勝します。しかし、斉彬と相撲をとる事になり、斉彬に勝ってしまった吉之助は牢屋に入れられてしまいました。その後、吉之助はどうなってしまうのでしょうか。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

黒木華(役:岩山糸)

登場人物

岩山糸(いわやま・いと)武家の娘。西郷とは同じ城下に住み、ひそかに思いを寄せる。行動力があり芯の強い女性。一度は海老原家に嫁ぐが、西郷の3人目の妻となる。

 

「西郷どん」第6話のあらすじ

吉之助は牢屋に入れられてしまいますが、そこには先に男が一人入っていました。その男に西郷吉之助だと名乗り名前を聞くのですが、意味のわからない異国の言葉が返って来ます。

その頃、吉之助に切腹の沙汰が出たと聞かされた糸は無我夢中に走り西田下会所へと着きます。息も絶え絶えに門番へ吉之助の事を尋ねますが取り合ってもらえません。大声で吉之助の名前を叫ぶ糸を、後から追って来た仲間たちが何とか落ちつかせようとするのですが、糸の混乱はなかなかおさまりませんが「頭を冷やさんかぁ」と大声で言われてやっと我に帰ります。自分でも気づかないまま、居てもたってもいられずに来てしまった事に周りも気づき、それほどまでに吉之助の事を思っていた事がバレてしまうのです。まだ吉之助に切腹の沙汰が下っていない事も分かり、安心した糸は急に恥ずかしくなり一人でその場を立ち去ります。

一方、牢屋の中の吉之助は見知らぬ男の事を気にかけて、喉が渇いているのかと聞きながら自分で先に水を飲み、毒は入ってない事を見せその男に水を飲ませます。その時食事が運ばれて来て、同じ様に先に毒味をして見せ自分の分もさし出そうとしますが、その時いきなり入って来た男が、牢屋に入っていた男に襲いかかります。吉之助は咄嗟に助けようとしますが、襲って来た男は、牢屋に入っていた男が藩の秘密を知っていて、その男を生かしておけば藩がお取り潰しになりかねないと言い、その男の命とお家の存続のどちらが大事かと言われ、悩む吉之助は牢屋に入っていた男を助けるのです。その後、その男を抱え牢屋から抜け出しますが、その一部始終を斉彬の側近である山田為久が見ていました。

その頃家に戻った糸は父・岩山直温にこっ酷く叱られます。縁談話しにも影響すると言い、当分の間一歩も外出してはならんと言われてしまいます。その頃、西郷家では吉之助の事を案じて皆、ふさぎこんでいました。すると表の方で祖父の大きな声が聞こえ、みんなが駆けつけると、そこには男を背負って立つ吉之助がいたのです。切腹させられたと思っていた家族はみんな驚きます。吉之助は男を背負ったまま家の中に入り雨戸を全て閉める様に指示します。

やがて夜が明けてその男が目を覚まします。すると異国の言葉で何かを喋り出しますが、誰も何を言っているのかわかりません。母・満佐はその男に自分の名前を言いながら話しかけると、ジョン、マンと答えます。隣に住む正助も雨戸の閉まっている西郷家を不審に思い、近付いてくるといきなり中から吉之助が姿を現し、大きな声を出して驚きます。吉之助はメリケンの言葉がわかるか?と聞きますが父ならわかると思うが、自分にはほとんどわからないと言います。実はメリケンから客人が来ていてと話していると、話を聞いていた正助の母・福が父・次右衛門が使っていた辞書を持って来ます。二人はその辞書を使ってその男と会話しようとします。

食事を食べていたその男に色々と話しかける正助ですが、ナイフとフォークで食事をするメリケン人がこんな器用に箸を使えるはずがないと言うと、その男は口の中の物を吹き出してしまいます。そして咳き込むその男を見て正助は何かを感じます。周りの人たちの優しさに囲まれ、その男は恐縮しながら食事を続けますが、正助は辞書を見ながら片言の異国語を使い「嘘、よくない、ここ、人、いい」と言い、いきなりその男のそばに近寄り、耳元で囁くように「世話になっているのだから正直に話せ」と言います。

その日の夜、ジョンはお風呂に入れてもらいます。そして着ていた服は洗って干しているので代わりの着物を渡されます。吉之助は正助に、お城の牢屋を出た後に側近の山田から命を受けた事を話します。この男はメリケンの船で薩摩へ密航して来たところを捉えたのだが、その目的がわからないのでどんな手段を使ってもいいので本当の目的を明らかにする様に言われていたのです。吉之助と正助は色々と考えますがわかりません。

その時、大声で吉之助と叫ぶ声が聞こえます。慌てて駆けつけるとジョンが物干しから自分の服を取り逃げようとしている姿を見つけます。吉之助が取り押さえながら、なんで逃げるのかを聞くと、異国の言葉で、放せ、わしは土佐に行くんじゃと答えるのです。土佐?と聞こえた吉之助はジョンに本当の事を話して欲しいと叫びます。自分たちの殿は異国の事をよく学んでいる人だから、本当の事を言っても極刑にはならないと言います。正助も極刑にするくらいならとっくにその首は飛んでいるはずだと言うのですが、ジョンは異国の言葉で、信じるもんかと答えます。すると家の中で子供をあやして寝かそうとする満佐の姿が見え、ジョンは思わず「おっかぁ」とつぶやきます。吉之助が「おっかぁ?」と聞くと父・吉兵衛が出てきて「おかぁは、おかぁ、日本語だろ」と言うのです。「こっちで一緒に飲まんか?」と言われ、周りは土佐の母親に会いに戻って来たのだと確信します。吉之助は殿が必ず土佐に返してくれると言うのです。

その報告は斉彬の元へと伝わります。この短い間によく心を開かせたなと斉彬は感心します。そして山田に土佐の母親の事を調べる様に指示をします。斉彬は「西郷、不思議な男だ」とつぶやきます。半月後、突然西郷家に斉彬から届け物がきます。その中にはジョンの母親が元気にしていると書かれた書状と母親の着物が入っていました。

そしてジョンはみんなに自分が土佐の万次郎だと告げます。そして漁の途中で遭難してアメリカのクジラ船に助けられ、世界を回ることになり、いろんな国の人に会い、いろんなことを学んでとても楽しかった事を喋ります。しかし母親が恋しくなり、日本に戻り捕まれば極刑になる事も覚悟して戻って来たと言うのです。それは母へのラブだと言います。アメリカではラブが一番大切で、好きな者同士が結ばれ、親の縁組などは関係なく結ばれると聞かされ皆なは感心します。

万次郎は城へと召し上げられ、斉彬へいろいろと国外の事を話して聞かせます。軍艦を送って来ているのは、戦ではなく商いが目的だと伝えます。もし拒んだ場合、戦になると日本は勝てるかと聞くと、あっさりと無理だと答えます。国外ではたとえ漁師であっても、学ぶことができる事を知る斉彬はとても感心します。それからの斉彬は万次郎の話からいろいろと学び 蒸気船作りを目指します。

ある日、吉之助は城へ呼ばれ、今回の働きに対する褒美に欲しい物を言うように告げられます。吉之助は正助の謹慎を解いてもらう事と、次右衛門の処分を解いてほしいと直訴します。斉彬はわかったと承諾し、しかし事情を察してしばらく待てと告げます。近い内にお前や大久保の力を頼りにする日が必ずや来るので、それまで精進して待てと告げて去っていきます。

その事を正助に話し、正助はとても喜びます。すると正助は糸の話しを始めます。糸の縁談を止められるのは吉之助しかいないというのですが、吉之助は全く理解できません。その話を聞いていたクマ吉と琴は糸の家を訪ね、赤山様の命日だと偽り糸を外へと連れ出します。赤山の墓前で待っていた正助は、メリケンのラブの話しをします。そして糸に、吉之助への思いをぶつけるように励まします。糸は急いで吉之助の元へと走りますが、糸の家に着くと吉兵衛から吉之助が御前相撲で見初められ、嫁をもらう事になったと言われます。ショックを受けて立ち去る糸は、下駄を吉之助の頭にぶつけてしまった橋へ行き、川を眺めていると吉之助が現れ声をかけられます。

何も気づいていない吉之助は、正助の気持ちを汲んでほしいという話しを糸にするのですが、それを聞いた糸は突然、嫁に行くことを今決めたと言い出します。そしてメリケンでは親が決めた相手ではなく好きなもんどうしが夫婦になる事が出来ると聞きました。この国もいつかそんな風に自由でいい国になると思いますか?それは10年後ですか?20年後ですか?吉之助さん、早くそんな国になるように頑張って下さいと言うのです。吉之助は、わかったと答えると糸は、私は間に合いませんでした。岩山糸は西郷吉之助さんの事を好きでした。子供の頃から大好きでした。と言うのです。思わず「えっ?」と困った顔になる吉之助に糸は「面白い人だ、吉之助さんは。さいなら」と言って駆け出し、途中で大泣きするのでした。

それからほどなく糸は海老原家に嫁いで行ったのです。その綺麗な嫁入り姿を見ながら正助と吉之助は糸の幸せを願うのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)