「海月姫−くらげひめ−」第5話のあらすじとキャスト




2018年2月12日(月)夜9時に放送されたフジテレビのドラマ「海月姫−くらげひめ−」は、再開発によって取り壊されるかもしれない男子禁制アパート「天水館」。そこに住む倉下月海とジジ様、ばんばさん、まやや、千絵子のオタク女子5人は、自分たちのことを「尼〜ず」と呼んでいました。「天水館」を守る為、新たな「尼〜ず」のメンバーとして参加を認めた鯉淵蔵之介を筆頭に、jelly fishというファッションブランドを立ち上げ、その服の売り上げで「天水館」を買い取ってオーナーになろうとしていました。尼〜ずたちは「天水館」を救うことは出来るのでしょうか。第5話のあらすじを紹介していきます。

ドラマ「海月姫−くらげひめ−」のキャストと登場人物

北大路欣也(役:鯉淵慶一郎)

登場人物

鯉淵慶一郎(こいぶち・けいいちろう)大物国会議員。息子二人には政治家になって欲しいと願っている。

 

「海月姫−くらげひめ−」第5話のあらすじ

倉下月海とジジ様、ばんばさん、まやや、千絵子のオタク女子5人が住む、男子禁制アパート「天水館」は、天水地区の再開発によって、建物が取り壊されるかもしれませんでした。

そんな中、再開発に向けて動くデベロッパーの稲荷翔子は、「天水館」のオーナーでもある千絵子の母親に、売買契約の話をするために韓国まで直接会いに行っていました。そのことを母から電話で聞いた千絵子は「ダメよダメダメ」と言い、稲荷に会おうとする母を止めようとするのですが、母からすぐに電話を切られてしまいます。最近、天水地区の建物が次々と取り壊され、粉々になっていく姿を見ていた尼〜ず達は、一気に「天水館」も終わったと落胆します。その頃、稲荷に会った千絵子の母は、稲荷からお近づきの印にと平昌オリンピックのプレミアムチケットを貰っていました。羽生結弦の大ファンだった母は、すぐに稲荷の戦略にはまってしまい、尼〜ずたちの予想通りにことは進み始めます。

一方、鯉淵蔵之介は、女性の姿になって外出しようと玄関を出ると、鯉淵家の運転手・花森よしおに声をかけられます。そこで「天水館」の買収が100%決まりそうなことと、父の慶一朗が今度主催するパーティーで、再開発の賛成派だと正式に発表すると聞き、慌てて「天水館」に向かいます。与党の最大派閥を率いていた慶一朗が、再開発賛成派に回るということは、益々「天水館」にとって不利な方向に進む事を意味していました。そして、「天水館」に着いた蔵之介は、父の慶一郎が主催するパーティーと同じ日に、こっちはファッションショーを開催しますと発表するのでした。

蔵之介率いる尼〜ずたちは、jelly fishというファッションブランドを立ち上げ、その服の売り上げで「天水館」を買い取りオーナーになり「天水館」を守ろうと計画していました。その為、実際に注文が入った際に、プロを雇って縫製してもらう必要がありました。そんなプロに心当たりのある千絵子は、さっそく蔵之介と月海を連れてブライスという人形マニアのノムさんの家へ向かいます。

ノムさんの家についた3人は、家の中に沢山の可愛い人形と洋服が飾ってある部屋を見て感動します。ノムさんは人形のドレスを作るのがプロ並みに上手く、縫製の技術も持っていました。そんなノムさんに、月海たちが作ったドレスを見せると急にテンションが上がり、型紙のパターンを一気に書き上げてしまいます。そして、人間の服として売れたらブライス用に作っても良いという条件を出すと、ノムさんはパタンナー兼縫製の仕事を手伝っても良いというのでした。

このことで一気にファッションショーに向けて進み出すのですが、ファッションショー会場を探していた蔵之介に、慶一郎の邪魔が入ります。蔵之介は、そんな慶一郎に抗議しに行くのですが、父の慶一郎は、ショーをやめて自分が主催するパーティーに参加し、政治家を志すように言うのでした。

そんな蔵之介に月海はファッションショーを「天水館」でやったらどうかと提案します。その提案にみんなが賛成し、ファッションショーは「天水館」で開催する事になったのです。一方、まややがモデル体型の美しい女性だと気づいた蔵之介は、まややをモデルとして歩かせようとします。しかし、公衆の面前に立つ事を嫌がるまややは、昔目つきが悪いといじめられた事を思い出し、前髪で目を隠すようになったのはその事が原因だと月海と千絵子に話します。そんなまややに月海と千絵子は、「天水館」はそんな私たちが居られる場所を作ってくれたと話し、「天水館」で過ごしたみんなとの楽しい思い出を思い出したまややは、モデルとしてショーに出る事を決意するのでした。

ファッションショー当日、蔵之介は慶一郎が主催するパーティーに男性としてスーツを着て参加していました。滅多なことがない限り参加しない蔵之介を見て、慶一郎は喜びます。そして、修に進行表に鯉淵家の長男として蔵之介が挨拶出来るようにしといてくれと頼むのでした。

その頃、ファッションショーがそろそろ始まるというのに、未だに来ない蔵之介にみんなは苛立ち始めます。まややは「逃げたのではないか」と言うのですが、月海はそんなことないと否定します。そして、ショーの開始時間が迫ってきた頃、ショーの司会を誰がするのか決めていなかった月海達は、蔵之介に言われて手伝いに来ていた運転手の花森に助けを求めます。そして、ショーが始まると、花森はノリノリで司会を始め、まややは尼〜ず達の思いを一人で背負う重圧に耐えながら、モデルとしてステージを颯爽と歩くのでした。会場は歓声が上がり、ショーは順調に進んでいきます。

その頃、慶一郎の主催するパーティーで、慶一郎は再開発賛成派だと発表していました。その発表に稲荷も喜び、拍手で讃えるのでした。

ファッションショーは、一人でモデルをこなし、何往復も歩いていたまややの息が上がり始めていました。そして、ステージの裏に入ったとき、糖分が欲しいとブドウジュースを飲んでいると、急に意識を失ったまややは、ブドウジュースを持ちながら倒れてしまいます。その時、蔵之介が着るはずのドレスにブドウジュースがかかってしまい、ショーは一旦休憩をとる形になってしまうのでした。

ライブ配信でその様子を見ていた蔵之介は、なかなか挨拶が自分に回って来ない事にイライラしていました。すると、配信中にSOSと書かれた紙が映ります。そのSOSはジジ様が密かに出していたのでした。蔵之介はもう時間がないと耐え切れなくなり、弟の修が挨拶をしている最中でしたが、途中で壇上に上がり挨拶を始めるのでした。

その頃、休憩と言いながら時間がかなり空いてしまったため、お客が誰もいなくなってしまった会場を見て、尼〜ず達のテンションは下がり始めます。そんな状態の中でも、月海だけは蔵之介が来てくれると信じ、みんなを説得し、ブドウジュースがかかってしまったドレスを洗い、なんとかショーを続けようとしていました。

その時、やっと到着した蔵之介は、父の慶一郎のパーティーに来ていた招待客を全員引き連れやってきました。多くのお客の中に、デベロッパーの稲荷の姿もありました。女性の格好に戻った蔵之介は、ショーが始まると会場にいるお客さんに向けて、自分がさっき挨拶をしていた鯉淵家の長男の蔵之介だと暴露します。

その後、モデルとして颯爽と歩く姿を見て、ショーは大いには盛り上がるのでした。ショーの最後に蔵之介はjelly fishについて説明し、この「天水館」を買い取るために服を作って売りたいと話し、ショーの映像を拡散してくださいとお願いします。そして、再開発に反対だと宣言するのでした。いつのまにか、そこに来ていた父の慶一郎はその姿を見て、そっと背中を向けて帰って行くのでした。そんな父の姿を修は見ていました。

ショーが終わった後、月海は一人でファッションショーが行われていたステージに座り、自分たちが作ったクラゲのドレスを眺めていました。そこに蔵之介が現れ、ジジ様から月海だけは自分を信じて待っていたと聞いたことを話し、お礼を言います。信じていたけど本当は不安だったと話す月海に、蔵之介は思わずキスをしてしまいます。そして、そんな二人を弟の修は目撃してしまうのでした。

それから10時間後、フランスにいる女性がjelly fishの映像を見ていました。そして、その女性は、慶一郎の事務所に電話をかけ、修が出ると、蔵之介の母だと告げるのでした。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)