ドラマ「FINAL CUT−ファイナルカット−」第6話のあらすじとキャスト




2018年2月13日(火)夜9時から放送されたフジテレビのドラマ「FINAL CUT−ファイナルカット−」第6話は、「ザ・プレミアワイド」の人気司会者・百々瀬塁と警視庁刑事部の芳賀恒彦が繋がっていることが分かり、12年前に中村慶介の母がどこよりも先に「ザ・プレミアワイド」で犯人扱いされたのも、芳賀から得た情報を百々瀬が信用した為だということが分かりました。一方、慶介の狙いは兄の祥太ではないかと気づいた小河原雪子は、慶介に兄が帰って来てレストランで食事していると嘘のメールを送り、慶介がレストランに来るかどうかを試し、実際に慶介が現れたことで疑いは確信へと変わっていくのでした。この先、どんな展開が待っているのでしょうか。

ドラマ「FINAL CUT−ファイナルカット−」のキャストと登場人物

杉本哲太(役:井出正弥)

登場人物

井出正弥(いで・まさや)情報特番「ザ・プレミアワイド」のプロデューサー。

 

「FINAL CUT−ファイナルカット−」第6話のあらすじ

小河原雪子は、中村慶介の狙いは兄の祥太で間違いないと確信していたのですが、未だにタカハシマモルと名乗る中村慶介のことを信じている妹の若葉に、両親から兄の失踪宣告をすると告げられた日のあと、母の夏美が隠れて電話していた相手が兄だったかもしれないと話し、何か両親も隠していて、そのことで中村慶介が自分たちに近づいて来たのではないかと伝え、今後はタカハシマモルに会わないようにと説得します。若葉はまだ未練があるようでしたが「分かった」と言い雪子を安心させるのでした。

その頃、雪子に試されたことに気づいた慶介は、仲間の野田大地にそのことを話していました。そんな中、若葉から慶介のスマホに電話が掛かってくるのですが、慶介は出ずにただ鳴り終わるのを待っているのでした。

次の日、人気料理研究家の柴みちるが何者かに命を奪われるという事件が起きます。みちると同棲していた第一発見者の矢口透は、メディアに犯人扱いされ、追われていました。

一方、その事件を追っていた「ザ・プレミアワイド」のディレクターの小池悠人とカメラマンの皆川義和は、司会者の百々瀬塁に会議室に呼ばれていました。そこには既にプロデューサーの井出正弥とディレクターの真崎久美子もいました。井出から調査会社に調べてもらったところ、盗撮カメラがいたるところに設置されていたことを聞き、百々瀬以外の3人は動揺します。その様子を見た百々瀬は「やっぱり君らもか」と言い、そのことで12年前の園児○害事件に関わったこの5人が、慶介に脅されていたことに全員気づくのです。そして、百々瀬は「化けるかもな」と言い、このネタは大ネタになるかもしれないと、慶介を調べようと言うのでした。

その頃、帰宅した慶介の元に、犯人としてメディアに追いかけられていた矢口透が待ち伏せしていました。ネットの書き込みで自分が犯人扱いされていることに気づき、誰も信用できなくなり、慶介が運営するWEBサイトの「MP.info.net」を見つけた矢口は、ここならメディア被害に合った自分を助けてくれるのではないかと思い、サイトのIPアドレスから辿って慶介のいる住所を突き止め、助けを求めて来たのでした。助けてほしいと言う矢口を部屋に入れ、野田と共に矢口の話を聞きます。自分は犯人ではないと話す矢口は、これまでのことを振り返り、料理研究家として世間に注目を浴びた、みちるの料理は誰かに媚びているようで、痛々しいと感じていたと話します。それでもみちるの作った料理がもう食べられないと思うと、あの時食べておけばよかったと、矢口は後悔しながら泣くのでした。慶介はそんな矢口の話を聞きながら、昔よく母親が忙しい中でご飯を作ってくれたことを思い出します。そして、自分と同じように大切な人を失った矢口を助けようとします。しかし、野田は矢口の言うことを信じられずにいました。その後、柴みちるのアシスタントだった女性が、みちるが料理研究家として人気が出てきたことに矢口は嫉妬していたと証言していることが分かると、野田は一旦警察に連れて行こうと慶介に相談します。しかし、そんな二人の会話を聞いていた矢口は、こっそりとその場から逃げだし、いなくなってしまうのでした。

一方、雪子は家族四人揃っている時に、この前母は兄の祥太と電話で話していたのではないかと尋ねていました。母はそんなはずないと誤魔化し、困っている母を助けるかのように父もまったく違う話をするのです。雪子はそんな両親を見て、前にも同じようなことがあったのではないかと考え始めます。

一方タカハシマモルのことを諦めきれない妹の若葉は、まだマモルが好きだと言い雪子の話をまったく聞いてくれないのでした。

次の日の朝、警察内部では矢口の行方が分からなくなったことで、容疑者である可能性が高いとされていました。その為、矢口に逮捕状が出てしまい、警察は一斉に捜索に向かいます。矢口が居なくなったことに気づいた慶介は、副署長の高田清一郎に、昨日矢口が家に来ていたことを話します。「MP.info.net」の存在を知っていた高田は、慶介のことはある程度調べていると話し「自分の力を過信するな」と忠告します。その時、矢口が捕まったと一報が入り、慶介がいる新宿中央署に護送されることになったのです。

一方、まもなく本番直前の「ザ・プレミアワイド」のスタジオに、矢口逮捕の情報が入ります。そして、新宿中央署にいる小池と中継をつないで、生放送の番組で護送される矢口の姿を流そうと準備していました。矢口の両親との取材を終えた真崎は、矢口とみちるのツーショット写真を何枚か両親から預かって来ていました。百々瀬は、その中の1枚の写真の裏に「ずっと一緒にいようね。みちる」と書かれていることに気づき、現場にいる小池にこの写真を護送される矢口に渡せと指示します。そして、その写真を受け取った矢口の表情を映してほしいと要求するのでした。

護送された矢口が新宿中央署につくと、周りは報道陣でいっぱいになっていました。車から降り、手錠された両手を警察官に掴まれながら警察署に入っていこうとする矢口に、小池はためらいながらも百々瀬から渡せと指示された写真を矢口に見せます。そのメッセージを見た矢口は発狂し小池から写真を奪って、両手に手錠をされたまま警官を振り払って逃走します。その様子を見ていた「ザ・プレミアワイド」のスタジオも騒然とします。そして、道に飛び出した矢口はそのまま車にひかれようと立ち止まるのですが、そこに慶介が現れ間一髪のところで矢口は助けられます。矢口を助けた警官が慶介だと気づいた小池と皆川は、矢口ではなく慶介をずっと追いかけていました。百々瀬はカメラ越しに映る慶介を見ながら「面白い」と笑い、慶介が警察官だったことを知るのでした。

その頃、警察署に本当の犯人が出頭して来たと高田の元へ報告が上がります。犯人は矢口に不利な証言をしたアシスタントの女性でした。

その頃「ザ・プレミアワイド」では、お手柄警察官と題して慶介が矢口を助けたところを捉えた映像を流し「本当にこれからが楽しみです」と警察官の慶介を讃えていました。そして、その番組を見ていた雪子も慶介が警察官であることを知るのでした。

帰宅する途中に雪子が働く美術館に寄った慶介は、後ろから雪子に「ヨシザワさん」と声を掛けられます。そして、本当の名前を聞かれ、慶介は「俺の名は早川慶介」と伝え、12年前、母を亡くしたことを話し、その事件の真犯人は雪子の兄の祥太だと告げるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)