NHK大河ドラマ「西郷どん」第7話のあらすじとキャスト




2018年2月18日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第7回「背中の母」のあらすじを紹介していきます。牢屋の中で知り合ったジョン万次郎の心をこじ開けた吉之助でしたが、岩山糸からは子供の頃から大好きだったと言われ、初めて糸の心を知る事になり困惑します。しかし糸はそのまま海老原家に嫁いで行きます。西郷家でも、御前相撲をきっかけに吉之助の縁談話しが持ち上がり、父の吉兵衛は話しをまとめようとしていました。これから吉之助にはどんな展開が待ち受けているのでしょうか。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

水野久美(役:西郷きみ)

登場人物

西郷きみ(さいごう・きみ)西郷吉之助の祖母で、西郷家のドンの様な存在。きみの意見は絶対で一見厳しそうではあるが、貧しい西郷家の皆んなを愛し、心優しい人。

 

「西郷どん」第7話のあらすじ

1852年、嘉永5年の夏、吉之助の祖父・龍右衛門がなくなります。墓の前に揃う皆んなの中で、祖母のきみは吉之助に龍右衛門の心残りは吉之助が嫁をもらう姿を見られなかった事だと言い出し、吉之助はそんな話しは聞いていなかったと言うのですが、母の満佐は24歳にもなっているのだから早く身を固めて孫の顔でも見せて欲しいと言い出すのです。その話しを聞いていた吉兵衛は、吉之助が一旦は断った薩摩藩の城下士・伊集院兼善の娘・須賀の話しを持ち出して、先方にまだその気があるかどうか聞いて来ると言って走り出します。

その頃、正助はまだ謹慎中の身の上でしたが、自宅で郷中の二才に勉学を教えながら、来たる赦免の日を待ちわびていました。隣の西郷家では、大声で吉兵衛が騒いでいます。吉之助が嫁をもらわないので、このままでは妹の琴が嫁に行きそびれると騒いでいました。正助の手伝いをしていた琴は、その声を聞いて恥ずかしくなってしまいます。

一方の吉之助は少しでも米が多く収穫出来る様に、泊りがけで方々の村々を見てまわるお役目をしていました。経済の根本は勧農なり。勧農は政の根本なりと言う政治信条の元、斉彬は新田開発を奨励していたのです。

その頃斉彬には大きな知らせが届きます。アメリカの軍艦が日本に向かっていると言う情報でした。ジョン万次郎の話しを聞き、斉彬は動向を探らせていたのです。斉彬は「いよいよ動く。アメリカが動き、時世が動く」と呟きます。そして側近の山田に、見込みのありそうな二才を一緒に江戸へ連れて行くので、選別を急ぐ様に言い渡します。その情報は有村や大山達を通じて吉之助の元へと入ります。殿と江戸へ行く事が出来ると大喜びする吉之助でした。

西郷家では、吉之助が戻ってくる日だからと満佐が食事の準備をしていました。そこへお使いを済ませた琴がやって来ると、満佐はふらつき、倒れそうになります。弟の吉次郎が駆け寄り様子を見るとひどく熱がある事がわかり、すぐに布団を敷き休ませます。

夕方になると吉之助が戻って来ますが、満佐が布団の中で寝ているのを見つけ駆け寄ります。満佐は大した事はない、ただの風邪だと言うのですが、吉之助は父の吉兵衛に呼ばれます。二人きりになった吉兵衛は、亡くなった祖父の龍右衛門の病が満佐にうつったのだと教えます。吉兵衛はある日、満佐が咳をした時に血を吐いたのを目撃し、満佐は吉兵衛に一刻も早く吉之助に嫁をもらって欲しいと頼んでいたのです。自分がいなくなった時の事を心配しているのでした。吉兵衛は吉之助に、頼むから満佐を安心させる為にも嫁をもらってくれと頼むのです。そして吉之助は、父の申し出を受けるのです。

その頃、斉彬は島津家、磯の別邸に於一を呼んでいました。斉彬は御前相撲依頼の再会を喜びます。於一は怪我は大丈夫ですかと聞きますが、斉彬は怪我などしていないが皆んなの前で恥をかいたと笑います。於一はあれ以来、斉彬の事が大好きになったと言います。斉彬は於一に、既に父を通じて知らせが行っていると思うが、自分の養女となり自分の事を本当の父と思って欲しいと告げるのです。於一は快くその申し出を受けます。ただ一つだけ、なぜ自分なのかを斉彬に聞きます。斉彬は、まずよく食べる。健やかである。何より博打が強いと御前相撲を観戦していた時の印象を言うのです。そしてこれまでの女に有るまじき所が良いと言い、これからは時世が大きく動くと話すのです。そして江戸に行き、島津家当主の娘として輿入れをして欲しいと告げます。於一は江戸にいるその相手を聞きますが、「それはいずれ」と言って話してはくれませんでした。

一方の西郷家では吉之助のささやかな婚礼が行われていました。両家が向かい合って座り、花嫁の父は愛想の無い娘だが、根は良い女なのでよろしく頼みますと吉之助に言います。確かに口を開かず、表情も全く変えない花嫁を見て、周りでは能面みたいな花嫁だと囁いていました。

その夜、西郷家では祝いの宴を開いていました。酔った大山達は吉之助に、斉彬と一緒に江戸へ向かう話しを持ち出し、願い出たのかと確認しますが、吉之助はその場を誤魔化します。しかし隣にいた満佐は吉之助の嘘に気付きます。盛り上がる宴席でしたが夫婦を気遣う正助が現れ、皆んなを自分の家へと連れ出します。

静かになると満佐は、婚礼も無事に終わった事だし着替えて布団でも敷こうと言って須賀を連れて行きます。布団を敷き終わると満佐は吉之助の前で須賀に、この家の事を一刻も早く覚えて欲しいと頼みます。そして、もうあまり時間がないかもしれないのでと呟くのです。さらに吉之助と西郷の家の事、どうかよろしく頼みますと言って頭を下げるのです。すると須賀は、すみませんと言いながら頭を下げて、こんな愛想の無い嫁ですみません。もっと愛想良くなれと父にずっと言われていたのですが、笑おうと思っても笑えないのだと話し、許して下さいと言うのです。吉之助は須賀に、こんなに貧しい大所帯に嫁に来てくれてありがとうと言います。すると須賀は貧しさは恥では無いと言うのです。その姿を見て微笑む満佐に精一杯の笑顔を作ろうとする須賀。吉之助が無理して笑わなくていいと言うと、満佐は「よかった。安心した。それではおやすみなさい」と言ってその場を後にするのです。

次の日から満佐は須賀に畑の作業や、吉之助の好物、味噌の作り方を教えて行きます。その夜、皆んなで食事をしていると、なかなか馴染まない須賀を気遣い吉兵衛が自分と満佐の若い頃の話しを始め、満佐と何十年も楽しい夫婦だったと言いながら、まずは相手に惚れることだと言います。そして夫婦はそこから始まると言うのです。そして満佐は日本で一番の嫁だと話し、その満佐が初めて生んだ子だから吉之助はいい男だと須賀を安心させるのです。

そして次の日になり、なかなか起きて来ない吉兵衛の元に皆んなが集まって来ます。満佐が顔を触ると冷たくなっていて、あっけなく亡くなってしまうのでした。祖父が亡くなってから2ヶ月の事でした。

それからの満佐は病状が悪くなる一方でした。ある日、満佐は吉之助に一つだけお願いをします。その願いを聞いた吉之助は満佐を背負って桜島が見える海辺に来ました。そこは吉之助が生まれてすぐ、吉兵衛と満佐の三人で、一緒に来た場所だと言うのです。満佐は吉之助に、自分の病気を気遣って江戸詰めへの願いを出してないのではと聞きます。ごまかす吉之助は、昔から嘘が下手だと言われてしまいます。満佐は吉之助のその優しさが子供の頃から心配だったと言い、これからは自分の好きな様に生きて欲しいと言うのです。そして「あたいは西郷吉之助の母親で本当に幸せだった」と言って静かに眠る様に亡くなるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)