NHK大河ドラマ「西郷どん」第8話のあらすじとキャスト




2018年2月25日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第8回「不吉な嫁」のあらすじを紹介していきます。嫁をもらった吉之助は、それから半年も経たない内に、父・吉兵衛と母・満佐が亡くなり、近所の人達は皆、須賀の事を不吉な嫁と噂していました。悲しい出来事が多かった年も明け、今年こそは良い年になる様にと西郷家全員で祈るのですが、この先、吉之助と西郷家にどんな展開が待ち受けているのでしょうか。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

竜雷太(役:調所広郷)

登場人物

調所広郷(ずしょ・ひろさと)薩摩藩主、島津斉興の側近で全てにおいての実権を握っていたが、改革を求める斉彬とは常に対立する事になる。その事が原因となり最後は責任を取り自害する事になってしまう。

 

「西郷どん」第8話のあらすじ

その年の5月の晴れた日に須賀は布団を干していました。すると熊吉や幼い弟達が嫁入りの布団はどうしたのかと聞きます。須賀はとっくに質に入れたと話し、大所帯なので食べるだけでお金が飛んで行く様だと話すのです。そんな須賀に、家に戻って来た吉之助が、苦労をかけて申し訳けないと謝ります。

そこへ正助が嬉しそうに駆け寄って来ます。お城からの御達しで謹慎が解かれたと言うのです。記録所書役助に戻れる事になったのでした。正助は吉之助が切腹覚悟で殿に直訴してくれたお陰だと言ってとても感謝します。正助の母・保福も吉之助に礼を言い、正助には3年もの間よく辛抱したと褒めるのです。

その1ヶ月後、嘉永6年6月3日にペリー率いるアメリカの艦隊が浦賀の海に現れ、幕府に対して開国を求めて来ました。老中首座・阿部正弘の元へはアメリカからの贈り物が届けられていました。箱の中には真っ白な白旗が入っていました。西洋では白旗は降伏の印で、これを掲げなければ砲撃を開始すると告げられたと言うのです。

この事で江戸中が混乱している時、斉彬は参勤交代の帰路の途中の尾道でこの知らせを受けます。慌てて駆け寄り、その知らせを告げる山田に「そうか、思ったより早かったな」と平然としている斉彬は、ジョン万次郎から聞いていた通りの船がやって来た事を書状の内容を聞き知るのです。

薩摩に戻った斉彬は、長崎と江戸へ兵を送り、沿岸の警備を固めるなど次々と指示を出します。斉彬はアメリカがすぐに戦を仕掛けて来るとは思っていませんでした。アメリカ船の来航を薩摩の好機にしたいと考え、戦にならない様に沿岸の守りを固め、対等な立場で談判に臨まねばならないと考えていたのです。もし開国にでもなれば、いち早く兵を出した薩摩が新しい政の一翼を担う事になると踏んでいました。さらに斉彬は家臣達に、ここからが最も重要だと告げ、斉彬の養女になり於一から名を改めた篤姫を。輿入れの為8月に江戸へ向かわせると言うのです。

ある日、桂久武に吉之助は呼び出され、斉彬に老中首座の阿部正弘から直々のお召しがあり江戸に向かう事になったので、吉之助にそのお供として一緒に江戸に行く様に言うのです。しかも斉彬から直々の申し出だと告げるのです。出発は年明けすぐなのでしっかり準備をしておく様に言われます。吉之助は喜びながら急いで家に戻り、家族にその事を伝えると、家族はみんなとても喜びます。

しかし須賀だけはそうではありませんでした。そして聞いた話しでは支度金が30両も必要になると言うのです。喜んでいた家族もさすがに30両と聞いて落ち込んでしまいます。須賀も貧しい西郷家に30両もの大金が作れるはずもないと言って追い打ちをかけてしまいます。須賀はさらに、いつ帰ってくるのかもわからない旦那さんを借金まみれの家で待つなど、御免こうむりますとはっきりと言うのでした。

その日、月を見ながら悩んでいた吉之助の元に正助がやって来ます。吉之助の様子がおかしいと感じた正助は、何かあったのかと訪ねます。吉之助は全てを話します。斉彬から直々に申し出があった事に驚き喜ぶ正助でしたが、吉之助が支度金と家族の事を理由に断ろうとしている事を知り、正助は激怒し吉之助と殴り合いの喧嘩になってしまうのです。大声で殴り合っている二人を止めに家族みんなが駆け寄り一生懸命に止めるのですが、二人の中に割って入った須賀が、吉之助は自分の為に諦めてくれたのだと言った事で正助は、こんな嫁の為にと呟いてしまい、自分の嫁の悪口を言われた事で吉之助はさらに激怒し正助との殴り合いはさらにヒートアップしてしまうのです。

翌日、再び桂久武に呼び出された吉之助は、今度は篤姫からの直々のお召しで、今和泉の屋敷から鶴丸城までの警護役をせよとの申し出を受ける事になります。吉之助がお役目で家を留守にしている間、残された家族はなんとか吉之助を江戸に行かせたいと思い、内職の仕事に精を出します。幼い弟達や正助の家族も恩返しだと言ってそれぞれが少しでもお金を工面しようと一生懸命に働くのですが、そんな中で須賀は、無駄ですと言い、里へ帰らせてもらいますと告げて出て言ってしまいます。その姿を見ていた正助は動き出します。

その頃、警護役として同行していた吉之助は、途中の休憩で篤姫から浜辺に呼ばれます。二人きりになった篤姫は吉之助の顔を見て、御前相撲で賭けをしなかったら斉彬の養女になる事は出来なかったと言い感謝します。何の事かわからない吉之助でしたが、篤姫は吉之助に「次は江戸で会おう」と言い、「お殿様を投げ飛ばす様な男は、この薩摩には西郷しかいない」と話すのです。そして「共にお殿様の為に尽くそうぞ」と言って立ち去ります。

その頃、動き出した正助は、あちこちに事情を話し、吉之助を江戸に行かせる為にと言ってお金を貸してもらう様に頼んで回ります。そして豪商の板垣与三次の元を訪ね、30両貸して欲しいと言って頭を下げますが、前に吉之助も同じ様に頭を下げて、その時に100両を貸したはずだと告げ断ります。正助は土間に降り、土下座して自分に貸して欲しいと頼みます。西郷吉之助を江戸に行かせる為に、自分の命をかけて必ず返すと申し出るのです。板垣は正助の西郷に対する友への思いに心を打たれたと言って、5両を餞別だと言って渡します。そして自分も西郷吉之助が正助と同じ様に好きになったと告げるのです。

礼を告げて家に戻った正助は、郷中のみんなが集めてくれたお金と幼い弟たちが手伝いをして得たお金、そして板垣からの餞別など、すべて足すと20両を作れたと言い、これでなんとか吉之助を江戸に行かせる事が出来ると喜びます。

やがて吉之助がお役目を終えて家に戻ると、正助が話しがあると言って待っていました。そして20両を見せ、みんなでかき集めたと話します。吉之助はもらう訳にはいかないと言いますが正助はどうしても受け取ってもらわないと困ると告げ、もう一度自分に殴られたいのかと話し、「斉彬様と一緒に江戸へ行け」と告げるのです。吉之助は正助と二度と殴り合いはしたくないと言い、頭を下げて礼を言うのです。隠れて聞いていた家族も出てきてみんなで吉之助の江戸行きを喜びます。

するとそこへ須賀と父・直五郎がやって来ます。直五郎は出来の悪い嫁と離縁してやってくれと言い、吉之助に頭を下げて謝ります。そしてせめてもの餞別だと言ってお金を差し出すのですが吉之助は受け取れないと断ります。しかし須賀は手切れ金だと言うのです。これでせいせいしたと言って出て行く須賀の後ろ姿を見て吉之助は「ありがとうなぁ」と呟くのです。

途中、直五郎は須賀に、吉之助は薩摩一の婿だと思ったが、須賀にはそれがわからなかった様だと話すのですが、須賀は吉之助の様な優しい男は見た事がないと言い、「あの人の優しさは自分の身を捨てて相手の気持ちになってしまう。こんなひねくれている自分の気持ちもわかってくれてもう十分です」と話すのです。そしてこのままでは離れられなくなってしまい、江戸には行かないで欲しいと言ってしまいそうなので、自分から身を引い事を話すのです。須賀は「日本一の婿殿を、こっちから離縁してやりました」と言いながら泣き崩れるのです。不器用な須賀なりに精一杯の思いやりだった事を直五郎は知るのです。

やがて年が明け、1854年、安政元年1月21日、ついに吉之助は江戸へと向かいます。別れを惜しむ家族に見送られ、正助からは自分もすぐに後を追うと告げられ、晴れやかな気落ちで江戸へと向かうのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)