NHK大河ドラマ「西郷どん」第9話のあらすじとキャスト




2018年3月4日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第9回「江戸のヒー様」のあらすじを紹介していきます。正助をはじめとして周りの協力のお陰で、斉彬の側で働ける事になった吉之助は、斉彬と共に江戸へと向かいます。願いが叶った吉之助の先行きにはどんな展開が待ち受けているのか。第9話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

徳井優(役:山田為久)

登場人物

山田為久(やまだ・ためひさ)薩摩藩藩主、島津斉彬の側近で斉彬に忠義を尽くす人材だが、切れ者と言うよりはどこか抜けている部分もあり、吉之助にも関わり色々と翻弄される事になる。

 

「西郷どん」第9話のあらすじ

薩摩を出発した斉彬一行は45日、通常よりも6日間も早く江戸に着きます。江戸、芝にある薩摩藩上屋敷には藩主、斉彬とその家族を筆頭に1000人以上の藩士がここに住み込んで働いていました。

江戸に着いた吉之助たち集められ、番号順に名前を言わされます。38番の吉之助が挨拶すると「お前が西郷か」と組頭の迫田友之進に呼び止られます。御前相撲で斉彬を投げ飛ばした事が知れ渡っていたのです。「殿のお側で命を懸けて」と話す吉之助に、お側とは何事かとたしなめる迫田は、殿の目に触れる事すら許さんと言われ、お前は今日からただの38番だと告げられてしまいます。

迫田は江戸では自分たち薩摩藩士の悪い噂を立てられていると言い、近所の品川宿では、女郎を一晩中寝かさない薩摩侍、その割に金の払いはひどく悪いと言う噂でした。そのせいもあって、薩摩藩の江戸藩邸規律はとても厳しいものでした。

早速、吉之助は自分が暮らす事になる部屋へと入ります。するとそこへ「待ってたぞー」と言って、先に江戸へ入っていた有村と大山がやって来ます。吉之助は有村俊斎と同じ部屋でした。大山は真下の部屋だと言います。3人は久しぶりの再会を喜びます。吉之助は二人に、よろしくお願いしますと挨拶し、江戸の事を色々と教えて欲しいと話します。

その頃、江戸城では老中首座の阿部正弘に呼ばれ、斉彬が会いに行きます。阿部は2月に再びやって来たペリー率いるアメリカの艦隊の事で相談したかったのです。水戸の徳川斉昭は断固打払いを唱えたのだが、彦根藩主の井伊直弼は勝てる証がないのなら開国を受け入れるべきであり、天下万民を守るにはそれしかないと言ったのです。そして13代将軍の徳川家定は、何も言わず出て行ってしまい、そのまま評議は開国へと傾いてしまったと言うのです。斉彬は、勝てる見込みがないからと言って何の策もなく国を開くとは愚の骨頂と話し、とにかく回答を引き延ばすべきだと話します。阿部は政に無関心な家定ではどうにもならないと考えていました。斉彬は、未曾有の国難が迫っている今、将軍の座を据えかえる必要があると阿部に話し、例の件を急がなければならないと言うのです。

その頃、吉之助より先に江戸に入っていた篤姫は、斉彬の嫡男・虎寿丸と仲睦まじく、本当の姉と弟の様に過ごしていました。虎寿丸は篤姫に相撲を取ろうと言い出します。篤姫は四股を踏む虎寿丸に、自分よりずっと強い相手がこの藩邸のどこかにいますと話しながら、吉之助の事を思い浮かべていました。

そこへ斉彬が現れます。篤姫は「お父上様、あの男は江戸に来ていますか?」と尋ねます。斉彬は「あの男?」と尋ねると篤姫は「西郷吉之助でございます」と答えます。斉彬が「あぁ、来ている」と話すと篤姫は「やはり、お父上様が西郷を薩摩に留めておく訳がないと思っていました。今、どこに?西郷にはどの様なお役目を」と斉彬を急かし立てます。斉彬はさすがに「落ち着け」と言って篤姫のはやる気持ちをしずめます。それを見ていた虎寿丸は「西郷とは誰ですか」と尋ねると、篤姫は「西郷吉之助は、こんなに太くて、ものすごく相撲が強い男です」と答えるのです。虎寿丸が「その男、虎がやっつけます」と言うと、篤姫は「では、私が稽古をつけましょう」と言って虎寿丸の相手をします。

斉彬は側近の山田の側へ行き「あんな明るくて真っすぐな薩摩娘に、徳川の御台所が務まるのだろうか」と呟きます。山田は、相当な時間を掛けて教育が必要だと言うのですが、斉彬は、そんな時間はないと告げて立ち去ります。

一方で、吉之助は大山と俊斎に町へと連れ出されていました。嫌がる吉之助を無理やりに品川宿の磯田屋と言う店へと案内します。その店には、他の藩士達が仕事を終えて大勢集まっています。大山と俊斎はすでにこの店の馴染み客になっていました。しばらくすると女が二人、部屋に入って来ます。大山は小玉と言う女に吉之助のお酌を頼みます。吉之助は「こんな酒は飲めない」と言って拒みます。そして、正助や弟達が一生懸命に集めてくれた金で、殿にご奉公する為に江戸に来たと話し、女から酒を注いでもらう為に江戸へ来たのではないと言って部屋を出て行きます。

すると廊下で一人の女とぶつかってしまいます。吉之助がその女に謝っていると「お侍さん、薩摩のお人?」と聞かれ「そうだが」と答えると、女は「間違えたらゴメンなさい。お侍さん、西郷吉之助様ではございませんか」と尋ねます。吉之助が「あぁ、お前は?」と聞くと、女は「ふきです。迫村のふきです」と答えるのです。吉之助は見違えるほど綺麗になったふきに驚きます。ふきは借金の形に連れて行かれて、海を渡って下関に売られ、そこからまた売られて京都へ渡り、そこから流れ流れて、江戸に流れ着いたと言うのです。ふきは薩摩の家族の事を吉之助から聞き涙します。

すると「およし、ちょっといいかい」と言う声がします。この店ではふきは、およしと呼ばれているのでした。そして「ごひいきのヒー様がお出でだよ」と言われると、他の女もみんなヒー様に会いたいと言い出します。すると、ふきはみんなでヒー様のところへ行こうと言い出します。

ヒー様は、何人もの女を部屋に呼び、似顔絵を描いていました。そこへおよしがやって来ると、みんなは下がって良いと言って他の女を追い出します。およしは似顔絵を描いて欲しいと頼み、ヒー様が描こうとした時、自分ではなくこのお侍さんを描いて下さいと言って吉之助を立たせます。でかい男だなぁと呟き、俺は、男は描きたくないとヒー様は言うのですが、田舎の父に西郷さんと会った事を伝えたいと言ってもう一度頼みます。およしは、父は字を読めないが、絵ならわかると思うのでと言うのです。ヒー様は「あんた、およしの何だい?」と吉之助に尋ねます。「薩摩でちょっとした知り合いで」と答えると「ふーん、薩摩でなぁ」と呟いて、紙を取り筆で書き始めます。しばらくすると「あんた掴みやすい人相だから、書き易いなぁ」と言って「ほれ、出来たぞ」とみんなに見せます。するとそこには、牛の体に人間の顔と言うふざけた絵が描かれていました。

ヒー様は「およし、お前は貧乏が嫌いだろう。こいつは一生貧乏で終わるぞ」と言い出します。およしは「なんでわかるんですか?」と尋ねると「あの目だ。あいつは嘘の付けない目をしてる」と言うのです。

その時、酔っ払った他の藩士が小玉を探してやって来ます。そして「わしらの相手をしないなら、今まで払った金を返せ」と言います。するとヒー様が金を投げ付けて「これでいいだろ、とっとと帰れ」と告げます。するとその藩士達は怒り出し、喧嘩になってしまいますが、いつの間にかヒー様はその場を抜け出して帰ってしまいます。

その後3人は藩邸へと戻りますが、すっかり門限を過ぎてしまっていました。見張りの目を盗んで、大山と俊斎は部屋へと戻りますが、吉之助は見つかってしまいます。吉之助は翌日から門限破りの罰を受け、掃除をする事になります。

10日程経ち、吉之助は一体何の為に江戸へ来たのかと思い、落ち込んでいました。大山と俊斎は、また品川宿に連れて行ってやると言い出しますが、吉之助はもう行かないと言い、俺は殿にご奉公する為に来たんだと話しますが、俊斎は自分達もそう思ってやって来たが、殿の顔すら一度も見た事がないと言うのです。

その時、組頭の迫田が38番と呼ぶ声が聞こえます。吉之助は返事をして急いで迫田の元へと向かいます。するとそこへ山田が現れ「西郷吉之助、ついてまいれ」と言われ、どこかへ向かう事になります。連れて行かれた場所は、斉彬の住まいの庭でした。

すると山田は「西郷吉之助、お庭方を命ずる」と告げるのです。そしてそれからと言うもの、毎日、毎日庭の掃除に励む吉之助でしたが、斉彬が姿を見せる事はありませんでした。そして今日も一人で庭掃除をしていると突然「西郷」と呼ばれ、振り返ると斉彬と山田がやって来ます。

斉彬は西郷に、小石川にある水戸様のお屋敷に行けと告げます。徳川御三家の水戸様なのでご無礼の無い様にと言い渡します。山田は持って行く書状を渡します。

斉彬は「西郷、そなたの命をわしにくれ」と言い「この先、危き目に合うかもしれない、剣は示現流か」と聞かれます。しかし吉之助は答えに困ります。斉彬が答えろと命じると「恥ずかしながら幼い頃に右腕の腱を切って刀は使えません。この帯刀は飾りです」と話します。

「飾り?」と聞く斉彬に「それでもこうやって生きてこられたのは、殿に言葉をかけてもらったからです。死んではならんと」と言います。斉彬は昔の事を思い出していました。そして吉之助に駆け寄り「あの時の小僧か?」と呟き、体を叩きながら「大きくなったなぁ」と言って「あぁ、メソメソ泣いていたやっせんぼだぁ」と言いながら嬉しそうに笑います。「はい、やっせんぼの小僧でございます」と答える吉之助は「殿の為ならこの命、いつでも投げ出します。ただ、刀で殿をお守りする事だけはできません」と言い「申し訳ございません。このお役目だけは自分には・・」と話すと、斉彬は自分の腰に差してあった短刀を差し出し「雨の日、雪の日、いつでもここにおる事。そしてわしの手となり足となる事。それがお前のお庭方の役目だ」と告げるのです。

そして「この先、人知れぬ秘密を知る事もある。もしその秘密を守れない時は、これを使え」と言うのです。「どうだ、うけるか?」と聞かれた吉之助は「命に代えてお引き受け致します」と答え、短刀を受け取ります。斉彬は「なんでもかんでも命を賭けるな。命は一つだ」と言って立ち去ります。

吉之助はその後、斉彬の命を受けて水戸藩邸へと向かいますが、慣れない江戸の町に苦労しながらようやくたどり着く事が出来ます。江戸、水戸藩屋敷の中で神妙に待っていた吉之助の前に徳川斉昭が現れます。先の水戸藩主で10年も前に隠居した身ではありましたが、いまだにその発言力は幕府内で絶大だったのです。

斉昭は斉彬からの書状を読ませてもらったと言い、吉之助の目の前で破り捨てます。そして斉彬には、今見た事をそのまま伝えればいいと話し、これが自分の返事だと言うのです。下がれと言う斉昭に吉之助は「下がりません」と食い下がります。吉之助はなんで斉彬の書状を破ったのかと言い、殿の書状を目の前で破られて、何もなかったかの様に帰る事は自分には出来ないと話すのです。斉昭は吉之助に、あの書状に何が書いてあったのかを知っているかと尋ね、吉之助の耳元で幕府の悪口だと言うのです。アメリカの脅しに屈して和親条約を結んだ幕府の悪口、それはつまり、徳川への悪口だと話すのです。そして書状を破ったと言う事は、斉彬の思いを自分の心に留め置いたと言う事だと話します。そして自分も相当な曲者だが、お前の殿には負けるわと笑って話すのです。

そして帰って斉彬にそう伝える様に言われた吉之助は、もう一つ教えて欲しいと話し、徳川御三家の水戸様になぜ斉彬は、徳川の悪口などを書状に書くのかと尋ねます。すると斉昭は、ここに来る途中に紀尾井坂と言う橋があったはずだが、本来は御三家が集まるべき所なのだから紀尾井ではなく紀尾水坂であるべきだと言うのです。吉之助は、紀尾井の井と言うのは?と尋ね、斉昭は彦根藩、井伊だと告げ、井伊直弼め、と語気を荒げて、この国難に際して自分の牽制を強めようとしているのだと話すのです。

そこへ斉昭の息子、一橋家当主・一橋慶喜が現れます。そして斉昭に紀尾水坂にならなかったのは将軍家に煙たがられているからだと話します。斉彬が書状を送って来たのもそれを知っての事。いずれは幕府を倒そうとでも思っているのではないでしょうかと言うのです。慌てる斉昭の様子を見て慶喜は吉之助に、父上の話しをウカウカと鵜呑みにしない様にと忠告して笑うのです。

その笑い方に聞き覚えのあった吉之助は「ヒー様?」と声を掛けてしまいます。そして「ヒー様ではないですか、俺です、品川宿でお目にかかった」と言って描いてもらった似顔絵を見せ「西郷でございます」と言うのです。「そんな所へ?」と驚く斉昭に「人違いをしているのです」と誤魔化して、慶喜はさっさとその場を立ち去ります。

この瞬間が、後に徳川最後の将軍となる一橋慶喜と西郷吉之助の最初の出会いだったのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)