「きみが心に棲みついた」第8話のあらすじとキャスト




2018年3月6日(火)夜10時に放送されたTBSドラマ「きみが心に棲みついた」の第8話。小川今日子がみんなの前でストリップしている映像を見た吉崎幸次郎は、星名に会いに行き誓約書にサインしてもらいます。そして、吉崎と結ばれた今日子はネジネジを取って出社し、周りから驚かれるのでした。一方、星名の母・郁美の自宅を訪れた飯田彩香は、郁美に同僚の飯田ですと挨拶していました。飯田は一体なにを考えているのでしょうか。第8話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「きみが心に棲みついた」のキャストと登場人物

長谷川朝晴(役:白崎達夫)

登場人物

白崎達夫(しろさき・たつお)今日子が勤めるラプワールの材料課の課長。

 

「きみが心に棲みついた」第8話のあらすじ

ラプワールで八木泉がデザインした新ブランド・ノイトルペの第1弾の新作発表会が行われていました。そこにタレントの山藤アイカが訪れます。課長の白崎達夫に呼ばれた小川今日子は会議室に行くと、そこにタレントの山藤と星名漣が待っていたことに驚き動揺します。なんだかイヤな予感がする中、今日子は山藤が着ている服の素材が気になり、つい触ってしまうのでした。

仕事の帰りに吉崎幸次郎と食事をしていた今日子は、吉崎から突然ネックレスをプレゼントされます。今日子がネジネジを取ったことで首元が寂しいと感じていた吉崎は、誕生日プレゼントとしてネックレスを買ったものの、早く渡したいという気持ちが勝ってしまい、今日渡すことにしたのでした。今日子がその場でネックレスをつけると、吉崎は「あー眩しい」と言いながら嬉しそうに笑います。

その頃、星名の母・郁美の自宅を訪れていた飯田彩香は、星名が子供の頃に父親から暴力を受けていた話を聞かされていました。郁美は結婚した時から不倫している男性がいて、その男性が星名の実の父親だと打ち明けます。そして郁美は星名が大学生の頃、その男性の命を自らの手で奪ったことも話すのでした。

次の日、山藤から今日子をメンバーに加えたいと言われた白崎は、今日子に新ブランドのノイトルペを卒業し、山藤のチームに入るように伝えます。立ち上げたばかりの新ブランドに、これからもっと力を入れていきたいと思っていた今日子はその場で断ります。しかし、星名が裏で動いていることに気づいた今日子は、星名にお願いしに行きます。星名が乗るタクシーに強引に乗って話をしていた時、吉崎から貰ったネックレスを星名が引っ張ったことで、チェーンが切れてしまいます。今日子は慌てて修理に出すのですが、2週間もかかることを知り落ち込みます。

そんな中、吉崎から仕事終わりに映画に誘われるのですが、バレることを恐れてそのメールを無視してしまうのでした。

星名が外出から戻ると母の郁美から手紙が届いていました。その手紙には「お金は必要ないので送らないで欲しい。今後一切関わらないで欲しい。体に気をつけて。さようなら」と書かれていました。星名がその手紙を読み終えた頃、そこへ今日子がやってきます。今日子は「もう解放してください。縛られたくない」と言い、星名から離れたい思いを伝えます。何度もお願いする今日子は、星名から最後に1日だけ付き合うようにと条件を出されます。そうすればノイトルペのメンバーに残れて、今後一切星名と関わらなくて良くなると思った今日子は、その条件をのみます。

次の日の休日、星名と一緒に野球場に来ていた今日子は、大学時代を思い出しながら、星名に騙されないようにと冷静さを保っていました。しかし、今日子のひざを枕にする星名に突然キスされ「俺のことが憎いか」と尋ねられます。そして、この先もずっと今日子に嫌がらせを続けるという星名は、自分の命を奪ってみろと言うのでした。野球場を出た今日子と星名が歩いていると、偶然星名の姉とすれ違い「漣くん」と声を掛けられます。姉は母が人の命を奪ったことを今日子に話し、星名にお金を送るように要求しますが、星名は相手にしないのでした。その後、星名と今日子は居酒屋で飲んでいました。母とのこれまでのエピソードを話す星名に、今日子は「もう帰りましょう」と言うのですが、星名はなかなか帰ろうとはしません。

その頃、今日子に会えず予定が空いてしまった吉崎は、漫画家のスズキ次郎に付き合わされ、作家の成川映美のサイン会に来ていました。その帰りにスズキはタクシーに乗る星名と今日子を目撃するのですが、吉崎に見間違いじゃないかと言われ、すぐに「ネジネジ巻いてなかったし、見間違いだ」と言い納得します。

星名の自宅まで付き合わされた今日子は、玄関先で帰ろうとするのですが「コーヒーをいれるから」と言われ、部屋に上がります。今日子は星名と並んでソファに座ってコーヒーを飲んでいると、突然星名に押し倒されます。今日子が嫌がると「冗談だよ」と星名は笑い、「吉崎と別れて俺と結婚してみる?」と尋ねます。今日子はどうして周りが傷つくようなことばかりするのか分からず「この先ずっと、分かり合える日は来ないと思います」と言い、その部屋から出て行きます。今日子が出て行くと星名は呆れたように笑い、そして次第にその顔は泣き顔に変わっていくのでした。

今日子が星名のマンションを出ると、飯田が待ち構えていました。入っていくのを見ていた飯田は、今日子が二股をかけているせいで振られたと勘違いし、最低な女だと罵りバッグで何度も今日子を殴ります。そして「絶対地獄に突き落としてやるから」と言い、去って行くのでした。

次の日、白崎からノイトルペの第2弾に参加するように告げられた今日子は、やっと星名から解放されたと思い喜びます。今日子の代わりに山藤の担当になった飯田は、今日子が声をかけても無視して通り過ぎていきます。

その頃、出勤した吉崎の元に謎の封筒が届きます。その封筒の中に入っていたUSBメモリーの中身を確認すると、星名に連れられて今日子がマンションに入っていく光景が映し出されていました。吉崎はその映像を見ながら、ただ固まってしまうのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)