ドラマ「anone(あのね)」第8話のあらすじとキャスト




2018年3月7日(水)夜10時から放送された、日本テレビのドラマ「anone(あのね)」第8話。林田亜乃音を説得し、偽札作りに参加した辻沢ハリカですが、同時に中瀬古理一が青島陽人の起こした火事をネタに、亜乃音を脅して協力させていることも知ります。そして、亜乃音とハリカ、持本、青羽の4人は一旦完成した偽札が使えるか、浜辺の自販機に行って試しに一人ずつ入れてみます。青羽と持本が入れた偽札は認識されなかったのですが、亜乃音が入れた偽札が認識されたので、持本は嬉しさのあまりに興奮してしまい、思わずジュースのボタンを押してしまうのでした。ハリカも加わり偽札作りは成功するのでしょうか。第8話のキャストとあらすじをまとめていきます。

ドラマ「anone(あのね)」のキャストと登場人物

守永伊吹(役:青島陽人)

登場人物

青島陽人(あおしま・はると)青島玲と別れた旦那の間に生まれた子供。

 

「anone(あのね)」第8話のあらすじ

偽札作りを始めてから林田亜乃音と辻沢ハリカ、持本舵、青羽るい子の4人は仲が深まり、明るく楽しい毎日を送ってしました。亜乃音が事務員として働いている法律事務所の所長・花房は、ハリカ達が来てから亜乃音の様子がおかしいと感じ、亜乃音の行動を息子と二人で監視するようになります。

ハリカ達が浜辺の自販機で偽札を試していた所も花房は見ていました。自販機の前で大人4人が盛り上がる様子を不思議そうに見ながら、その後の様子も監視します。

その頃、自宅へ戻ったハリカ達は、中瀬古理一に偽札の千円を使ってジュースを買ってしまったことを報告していました。「まだ試作段階なので回収しましょう」と言う中瀬古は、自販機の管理者を尾行し、自販機から現金を回収するところを確認します。そして、その現金をお店のレジに入れたのを確認した中瀬古は、持本とハリカに一万円ずつ渡します。お店の中に一人で入った中瀬古は、お酒のおつまみを一つだけ持ち、管理者がいるレジへと持っていきます。そして、そのおつまみを買うのに一万円札を出し、お釣りを千円札でもらい出て行きます。次にお店に入った持本も同じようにおつまみを一つだけ持ってレジへ行き、一万円札を出してお釣りを千円札でもらいます。そして、ハリカも二人と同じように一万円札を出し、管理者は「足りるかな」と言いながら千円札を全部出して数えると、千円札が一枚だけ管理者の手元に残る形になってしまったので、ハリカは慌てて500円玉二つ出し、千円札一枚と替えてもらうのでした。

お店の中で何をしているか分からないものの、3人が別々にお店に入って買っている所を見ていた花房は「ちょっと変というのは、得体の知らない何かが隠れているものなのだ」と息子に言います。中瀬古が1年前亜乃音の夫が経営していた印刷工場で働いていた従業員だと気づいた花房は、工場が動いているのではないかと思い始めるのでした。

ある日の朝、フライパンの底をお玉で叩いて持本と青羽と亜乃音を起こしたハリカは、朝ごはんを食べながら寝てしまいます。中瀬古からホログラム加工を教わった持本は、辺りを散らかしながら習得していきます。その欠片が亜乃音の服についてしまい、そのまま気づかず法律事務所に働きに来ていた亜乃音は、その欠片を帰り際に落としてしまいます。その欠片を拾った花房は、それが何か分かるまで待っておくのでした。

ハリカはいつものように紙野彦星とチャットしようとすると、相手が彦星ではなく香澄茉歩という女性であることに気がつきます。後日、茉歩に呼ばれたハリカは、普段行かないようなお洒落なカフェで待ち合わせします。茉歩はハリカと合流すると、彦星とどういう関係なのか尋ねます。茉歩はハリカから彦星とは幼馴染で、大人になってから会ったことがないと聞くと急に態度を変え、安心した様子で子供の頃の彦星のことを尋ねるのでした。

ある日、偽札作りをしているとそこへ青島陽人と玲が尋ねて来ます。亜乃音と二人になった玲は、妻のいる中瀬古と付き合っていることを知った亜乃音が、中瀬古に何か余計なことを言ったのではないかと尋ねます。玲は中瀬古が陽人の父親になって欲しいという願望を持っていました。亜乃音は「あの人はあなたが思っているような人じゃないよ」と言い、玲は否定されたことに苛立ち亜乃音を責めます。二人の話を聞いてしまったハリカは、間に入って亜乃音が中瀬古に脅されている話をしようとするのですが、亜乃音に止められてしまいます。何も知らない玲は、亜乃音ならその願望を認めてくれて、昔のように仲の良い親子に戻れるのではないかと思っていたと話します。玲は亜乃音に失望し「やっぱりあなたはお母さんじゃなかった」と言い去っていきます。ダメなお母さんだと泣く亜乃音に、ハリカは「すごく優しいお母さんだったよ」と言って亜乃音を励ますのでした。

その日の作業を終え、夕食に中瀬古を誘った持本は、みんなで静かな鍋を囲むことになります。その様子に気づいた中瀬古は途中で帰ろうとするのですが、持本が仲良くしようと止めるのでした。

その日の夜、一人で作業を進めていた持本のところに青羽が声を掛けます。二人は楽しそうに例え話をしながらお互いの気持ちを確かめ合います。そんな二人の会話をこっそり聞いていた亜乃音とハリカは、笑いをこらえながら嬉しそうに見守るのでした。

行きつけの小料理屋を訪れていた花房は、お会計の時に自分が出した一万円札のホログラムに気づきます。

偽札の一万円札が一旦完成すると、中瀬古は笑いが止まらなくなるほど喜び、椅子から転げ落ちても痛みを感じずにずっと笑っていました。中瀬古から指定の場所で使えるかどうか試してくるように指示されたハリカ達は、昼食を食べながらお互いの不安な思いを打ち明けます。ハリカは亜乃音に会いに来た時から警察に捕まることを覚悟し、偽札作りをする中でいいことがあるとは思っていませんでした。しかし、ここには本当の家族のように接してくれる人達がいて、毎日楽しく過ごせている日々を送れていることが夢見たいだと話します。亜乃音はそんなハリカのことを思い、青羽にだけ何かあったら私が自首しますからと話し「あなた達は何かあったらハリカを逃してあげて欲しいの。あとの始末は私がします」と言います。始めは冗談だと思い亜乃音の話を聞いていた青羽ですが、その言葉の重みを感じた青羽は次第に固まり「内緒よ」と亜乃音に言われると、ただ「はい」とだけ返事をするのでした。

両親から高額な治療費を茉歩の親が貸してくれると聞いた彦星は、動揺しながら茉歩にどういうことか尋ねていました。茉歩は彦星のことが好きだからだと伝えるのですが、彦星は「それって僕の命を助ける代わりに気持ちを買うってこと?」と尋ね、好きな子と将来一緒になる約束をしていることを打ち明けます。「あの子は何も出来ないでしょ」と茉歩が言うと、彦星は「そこまでして生きたいとは思わないよ」と嘆くのでした。

中瀬古に指定された場所にそれぞれが向かおうとしていた時、花房が亜乃音に声を掛けます。花房の行きつけの小料理屋に連れて来られた亜乃音は、そこで女性の結婚詐欺師の話を聞かされます。その結婚詐欺師の弁護を担当した花房は、その結婚詐欺師から「私は先生を詐欺にかけるのは簡単だ」と言われたので「騙されないぞ」と返事すると、「私は人を騙さない。騙されたい人間を見分けるのが得意なんだ」と言われたことがあると打ち明けます。花房は、自分は騙されたい人間なんだと話し「明日にでも工場をたたみましょう」と言います。そして、亜乃音にホログラムの欠片を見せ、亜乃音は何かを勘づかれていることに気づくのでした。

その頃、持本と青羽はそれぞれ指定された場所で偽札が使えるかどうか試していました。二人が持っていた偽札は認識されず、そのまま二人は自宅へと戻ります。一方ハリカは、指定されたパチンコ店へ行き、偽札を試そうとした瞬間、見知らぬ番号から電話が鳴ります。「はい」と電話に出たハリカは、相手が彦星だと分かると慌てて外へ出ます。

お互い緊張しすぎてなかなか言葉が出てこない二人は一緒に深呼吸をします。茉歩からハリカの番号を聞いて掛けてきた彦星は、茉歩とのことを誤解されたくなくてと話し「こういう風に想っているのはハリカちゃんだけだから」と言います。彦星と大人になってから会ったこともなく、声も今日初めて聞いたハリカは、その意味が「分からない」と言いながらも「たぶん私も同じ」と返事をします。その返事を聞いた彦星は、思わず溢れ出しそうな喜びを抑えながらも「マジか。電話してよかった」と素直な気持ちを伝えるのでした。

その頃、中瀬古は銀行のATMにいました。偽札の一枚目は認識されず戻ってきます。二枚目も同じく認識されず戻ってきました。三枚目を試した時、突然何かを知らせるようなエラー音が鳴り、画面に取扱い中止という表示が出てしまいます。三枚目を取り出すことは出来ず、中瀬古は諦めてその場を立ち去るのでした。

彦星との電話を終えたハリカは、パチンコ店へ戻り偽札を試します。すると認識され、慌てて返却ボタンを押し自宅へと戻ります。

その頃、先に自宅に戻っていた持本と青羽ですが、持本が突然意識を失い倒れてしまいます。持本を運び、しばらく横で見守っていた青羽は、持本が目を覚ますと思わず泣いてしまいます。どこか体が悪いのではないかと疑う青羽に、持本は貧血のフリをするのですが青羽はそんな持本の嘘を見抜いてしまうのでした。持本が何か言いかけた時、印刷機が作動する音が聞こえ、意識がそっちに行ってしまいます。

家の前まで花房に送ってもらった亜乃音たちもその音を聞いていました。不審に思い亜乃音を置いて工場の中へ入った花房は、中瀬古が印刷する偽札を発見し「あんた何やってだ!」と怒鳴ります。亜乃音は「見逃してください」と何度も頼むのですが、花房は「自首しよう」と言い警察に連れて行こうとします。そこへ持本が現れ落ち着かせようとするのですが、次の瞬間、中瀬古が花房の首を絞めます。その姿を見て驚いた亜乃音は、中瀬古を止めようとするのですが、中瀬古はやめようとしないのです。そんな中、帰宅したハリカは何が起こっているのか分からず、ただその光景を見ているのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)