ドラマ「隣の家族は青く見える」第8話のあらすじとキャスト




2018年3月8日(木)夜10時に放送されたフジテレビのドラマ「隣の家族は青く見える」第8話。お互いの気持ちを尊重しながら、体外受精を受ける覚悟ができた五十嵐奈々と大器。川村亮司とすれ違いながらも亮太との信頼関係を結び始めた杉崎ちひろ。母親には認められなかったものの、やっとゲイであることを打ち明けることができた広瀬渉と青木朔。小宮山真一郎の考えについていけず、夫婦の仲が壊れ始めた小宮山深雪。それぞれの家庭が抱える問題はこの先どうなっていくのでしょうか。第8話のキャストとあらすじをまとめてみました。

ドラマ「隣の家族は青く見える」のキャストと登場人物

伊藤かずえ(役:片岡洋子)

登場人物

片岡洋子(かたおか・ようこ)五十嵐奈々が不妊治療するために通っているクリニックの医師。

 

「隣の家族は青く見える」第8話のあらすじ

体外受精への準備を進めていた五十嵐奈々は、働いているダイビングスクールの上司に体外受精の日程を報告し、休みの希望を出していました。上司は奈々の要望を快く受け入れ「妊活に冷えは良くないから」と言い、実技からはしばらく離れて学科だけに専念するように伝えます。

一方、青木朔は小宮山真一郎がボランティアで講師を務めている塾の授業に参加していました。中学生の中に混ざって勉強する朔に、周りの中学生は「頑張るの遅くない」と言って馬鹿にします。真一郎は「何かを始めるのに遅いも早いもない」と言いながら朔をフォローし、自分もこの歳になってやっとやりたいことが見つかったと話すのでした。

コーポラティブハウスの共有スペースに集まった奈々と杉崎ちひろは、ちひろが生まれて初めてハンバーグを作って川村亮司と亮太に食べさせた話で盛り上がっていました。亮太の反応があまりにも良かったため、3日連続でハンバーグを作ったちひろは未だに舞い上がっていました。そして、住民票から亮太の誕生日が近いことを知り、今度はケーキを作りたいと思い、奈々にケーキ作りを手伝って欲しいとお願いするのでした。

亮太は亡くなった母から人生やりたいことをやって生きるようにと教えられていました。その母の教えを亮太から聞いた優香は、しばらく考え、帰宅するなり母の深雪に自分の思いを打ち明けます。優香から中学受験をやめて、公立の中学に行ってダンスをしたいという思いを聞かされた深雪は「ダンスなんか将来何の役に立つの」と言って怒鳴ります。全く自分のことを知ろうとしない深雪に腹が立ち、優香は思わず玄関を飛び出して出て行きます。共有スペースのところで深雪に捕まった優香は、それでも諦めきれず「後悔するのは嫌なの」と言うと、その言葉で真一郎のことを思い出した深雪に殴られそうになります。しかし、そこにいたちひろは深雪が振り上げた腕を取り「子供をストレスのはけ口にしないで」と言って深雪を止めるのでした。

朔のバイト先のバーで飲み、朔と一緒に帰宅した広瀬渉は気分良く酔っ払っていました。そこへ渉の母から電話が掛かってきます。渉は一気に酔いが覚め、電話に出ません。その様子を見ていた朔は、話し合おうとしない渉に注意しながらも、親子の問題にそれ以上口出し出来ずにいるのでした。

ある日、ダイビングスクールで働いていた奈々は、同僚の女性二人が奈々に聞こえるぐらいの距離で、妊娠や不妊治療で休むたびに、なんで自分たちがフォローしなければならないのかと愚痴る会話を聞かされていました。その会話を聞いていた上司は慌てて同僚二人の元へ行き注意します。そして、自分の妻も8年間不妊治療に苦しみ、周りの協力がなければ妊娠出来なかったと打ち明け、同じ女性として協力するようにお願いするのでした。

ちひろに頼まれてケーキ作りを手伝いに来た奈々は、深雪も一緒に誘っていました。深雪はお菓子作りが得意で、これを機にちひろと仲直りしたいと思っていたのです。早速、深雪からケーキ作りを教えてもらいながら、深雪の手さばきに魅了されたちひろは「プロのパティシエ見たい」と思わず言ってしまいます。そこで深雪は初めて自分の子供の頃の話をします。中学受験に失敗した深雪は、その時から親に「できの悪い子だ」と言われて育てられてきました。その後、親に褒められたのは結婚して子供が生まれた時ぐらいで、子供がいなかったら自分は空っぽだと言うのです。そんな深雪にちひろは「毒親に媚びる必要ない」と言い、子供の頃毎晩のように母から殴られて育って来たちひろは、自分から切ったと話し、子供を作らない理由も母のようにならないためだと打ち明けます。そんな話をしながら、深雪とちひろはやっとお互いの思いを知り、認め合うようになるのでした。

ある日、体外受精の採卵を受けた奈々は、クリニックの待合室で待っていた大器の母・聡子に迎えられ、家まで送ってもらいました。聡子は付き添えなかった大器の代わりに、奈々の体を気遣いながらお茶やお菓子を用意し、もっと甘えて欲しいと奈々にお願いします。

亮太の誕生日当日、亮太が学校から帰ってくると、ちひろは慌ててクラッカーを鳴らし「お誕生日おめでとう」と言いながら手作りのケーキを差し出します。そのケーキを見た亮太はケーキを払いのけ「今日はお母さんが亡くなった日だ」と言って家を飛び出してしまいます。共有スペースのところで亮司と鉢合わせした亮太ですが、ちひろに追いつかれ捕まります。そして、今日が母の命日だと知らなかったと話し「ごめんなさい」と何度も謝ります。亮太は母が亡くなる前に、誕生日を一緒に祝えないと言われ「お母さんなんか要らない」と言ってしまったことを打ち明けます。そして、そんなことをしてしまった自分は誕生日のお祝いをしてはいけないと思っていたのです。ちひろは「寂しさの裏返しで言った亮太の言葉をお母さんが本気にするはずがない」と言い、亮太を抱きしめます。そして、そんな二人を亮司は抱きしめるのでした。

その頃、翌日体外受精の移植を迎えた奈々と大器のところに、聡子も泊まり込みで奈々に付き添っていました。その頃、真一郎と深雪は生活費のことや優香の教育のことで意見が合わず言い争いをしていました。真一郎はボランティアとは別に、塾の事務兼講師の仕事が決まったことを報告し「でも俺たちはもう終わりにしよう。子供たちは俺が引き取るから」と言って、その場から去って行くのでした。

受験当日の朝、渉はカツ丼を用意していました。朔が自分に隠してでも一人でやり遂げたいと感じていた渉は、当日まで知らないフリをしてくれていたのでした。

体外受精から10ヶ月後、結果を聞きにクリニックを一人で訪れた奈々は、いつもより緊張していました。遅れて入ってきた医師に「妊娠してますよ」と言われ、喜ぶ奈々は帰宅した大器に「赤ちゃんできたの」と伝え、二人は喜び抱きしめ合うのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)