ドラマ「隣の家族は青く見える」第9話のあらすじとキャスト




2018年3月15日(木)夜10時に放送されたフジテレビのドラマ「隣の家族は青く見える」第9話。不妊治療を始めてから夫の五十嵐大器と喧嘩したり、一人で抱え込んで悩んだりしてきた奈々ですが、体外受精をしたことでやっと妊娠することが出来ました。このまま待望の赤ちゃんは産まれてくるのでしょうか。第9話のキャストとあらすじをまとめてみました。

ドラマ「隣の家族は青く見える」のキャストと登場人物

橋本マナミ(役:長谷部留美)

登場人物

長谷部留美(はせべ・るみ)広瀬渉が独立する前に勤めていた建築事務所の同僚。渉に好意を抱いている。

 

「隣の家族は青く見える」第9話のあらすじ

まだ初期段階でしたが、嬉しさのあまりお互いの両親に妊娠していることを報告した五十嵐大器と奈々。7周目を迎えていた時に大器の両親と妹夫婦、上京した奈々の母が集まり、みんなで食事をします。大器は職場の後輩の矢野朋也にも報告し、奈々は職場の上司の倉持充にも報告していました。

帰宅した大器は会社の倉庫に余っていたおもちゃを段ボール箱に入れて大量に持って帰って来ます。そして奈々は市役所から母子手帳をもらって来ていました。奈々のバッグに「おなかに赤ちゃんがいます」というキーホルダーをつけた大器は、嬉しそうに奈々に見せて二人は笑うのでした。

一方、広瀬渉と渉の母・ふみがお互いにちゃんと話もせず、すれ違っている状況に耐えられなかった青木朔は、ふみの元を訪ねます。一度は断られてしまうのですが、二度目に朔が自宅前で大きな声を上げて話すので、仕方なく中に入れます。

その頃、自宅で仕事をしていた渉の元へ長谷部留美が訪ねてきていました。長谷部は朔がいないと知ると、部屋が見たいと家の中へ入り、渉がお茶を入れている間に下着姿になっていました。二人の邪魔はしないからと言い、渉の赤ちゃんが欲しいと話す長谷部ですが、女性にはまったく興味が持てない渉は、その誘いを断るのでした。

ふみと話を終えた朔の元に渉からたまには外で食事しようとメッセージが届きます。

有休を取ってくれた大器と一緒に、共有スペースの花壇にオリーブの苗木を植えていた奈々は、子供と一緒にすくすく育ってくれることを願っていました。すると、慌てて帰宅する小宮山真一郎を見かけます。深雪から娘の萌香が行方不明だと聞いた奈々は、一緒に探そうとします。しかし、大器は奈々が妊娠していることを小宮山夫婦に伝え、奈々と優香は家で待つように言います。萌香を探しに行った小宮山夫婦と大器は周辺を探し回ります。

その頃、萌香は風船を配っている着ぐるみの動物を追いかけていました。丁度踏切のところで電車が来てしまい、着ぐるみの動物を見失いそうになった萌香は、線路に入ろうとします。そこへ偶然通りにかかった朔が萌香を見つけて助けるのでした。

朔は萌香を助ける際に少し怪我をしてしまい、渉は心配して病院に駆けつけ朔を見つけるなり抱きしめます。その姿を見ていた優香と萌香は、これからは多様性を認め合っていく時代だと学校で習ったと話し、男性同士の恋愛もおかしくないと深雪に話すのでした。深雪は偏見から渉と朔を見ていたことを謝罪し、時代に取り残されていたのは自分だったと後悔します。

帰宅した深雪は娘たちをお風呂に入れます。真一郎と二人になった深雪は、以前真一郎から受け取っていた離婚届を渡します。深雪はこれまで自分は最低な母親だったと話し、この家を売って真一郎に娘二人の親権を譲り、自分は働きに行くと伝えます。

後日、久しぶりに共有スペースに集まりみんなでBBQパーティーをしようと準備をしていた時、奈々は急にお腹が痛くなり倒れてしまいます。みんなが駆け寄り、深雪は大器から通院しているクリニックを聞き出し電話します。川村亮司が車を出し、すぐに病院に運んだのですが、奈々は流産してしまうのでした。大器はそのことを母の聡子に知らせ、聡子は奈々の母に伝えておくと返事をし、電話を切ったあとしばらく泣いてしまいます。その様子を見た大器の父と妹の夫は何があったのか察するのでした。いつものように家事をする奈々を見て、大器は自分がやると声をかけます。

次の日、若葉レディースクリニックに行く用意をしていた奈々は、バッグに付けられていたキーホルダーを見て、これまで抑えていた気持ちが溢れ出します。奈々はキーホルダーを引きちぎり、これまで平然としていたのが嘘だったかのように、泣き崩れてしまうのでした。大器が帰宅するとそこに奈々の姿はありませんでした。大器は机の上に手紙が置いてあることに気づきます。その手紙には今日治療のスケジュールを組むために病院に行く予定だったが、一度宿った命を失ってしまったことを受け入れられないと書かれていました。さらにママになりたかった訳ではなく、大器をパパにしてあげたかったのだと、自分の思いに気づいたことも書かれていました。最後にその願いはもう叶えられないかもしれないと締めくくられた手紙を読み終えた大器は、慌てて奈々を探しに行きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)