ドラマ「BG〜身辺警護人〜」最終回のあらすじとキャスト




2018年3月15日(木)夜9時に放送されたテレビ朝日のドラマ「BG〜身辺警護人〜」最終回。五十嵐幹事長の元秘書が起こした発砲事件によって命を落とした村田五郎。警察は本来の要人警護について、SPは責任を果たしたのだが村田が犯人を挑発し、その事が原因で撃たれ亡くなったとのだと発表します。そのことで村田は、世間から無謀な行動をした民間のボディーガーとして汚名をきせられます。現場の状況が録音されているはずの村田のICレコーダーも警察の手によって消されてしまい、真相を明らかにする術がなくなってしまいます。そんな中、厚生労働大臣の立原愛子が現れ「私が話します。事件の真相を公表します」と言うのですが、村田の汚名を晴らすことは出来るのでしょうか。最終回のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」のキャストと登場人物

阿部進之介(役:清田春孝)

登場人物

清田春孝(きよた・はるたか)警視庁警備部警護課のSP。上司の落合を尊敬している。

 

「BG〜身辺警護人〜」最終回のあらすじ

ニュースレベルファイブという生放送のテレビ番組で、事件のことを公表すると話す立原愛子は、まもなく自身が務めていた厚生労働大臣を辞任させられることになると告げ、大臣ではなくなった自分の警護をするように、日ノ出警備保障の身辺警護課のメンバーに依頼します。

その後、大臣を辞任した立原は、警護をしていたBGの島崎章に、クライアントとして全てが終わったら食事に行きましょうと誘います。島崎はしばらく考えるのですが「分かりました。よろこんで」と返事をします。

村田の汚名がこれで晴らすことが出来ると感じた高梨雅也は、村田の息子に会いに行きそのことを話します。しかし、前回ICレコーダーが警察の手によって消されたこともあり、息子は信じようとはしないのでした。

テレビ番組に出演する日が訪れ、島崎と高梨は立原を迎えに来ていました。約束の時間を過ぎても立原が現れないため、島崎は立原に電話します。島崎が立原に電話すると、電源が入っていないというアナウンスが流れます。そして、出演する予定だった番組の放送が終わっても立原が現れることはなかったのです。

会社に戻った高梨は、立原に騙されたと途方に暮れます。それでも立原を信じていた島崎は、なにかあったのではないかと話します。そこへ、社長の今関重信が現れ、株式会社AI.incという会社から社長宛に送られてきたと手紙を渡します。その手紙は立原からでした。そこには、約束を守れなかったことへの謝罪と、直前になってテレビ局から出演を断られたことや告発者として狙われていることが書かれていました。そして、もう一度チャンスが欲しいと今度開催される民事党大会に忍び込み、そこで真相を打ち明けたいと綴られていたのです。手紙と一緒に民事党大会の会場図面も同封されていました。

再び立原を信じることにした身辺警護課のメンバーですが、村田の息子がSNSで父は犯人を挑発していない、証拠は警察が消したICレコーダーだと書き込んでしまい、そのことで今度は村田の息子の命が狙われることになります。

一方、警視庁の落合義明は、上司の氷川修に組織を守るためなら邪魔なものは排除するしかないと伝えていました。落合が邪魔な島崎の命を奪おうとしているのではないかと感じた氷川は、そんな落合を誇りに思いながらも少し怯えた表情を浮かべるのでした。

村田の自宅には報道陣が集まっていました。村田の息子を守るために集まった身辺警護課のメンバーは、先に沢口正太郎を村田の息子に見せかけて外に出し、そのダミーを追いかけて報道陣が去って行くのを待ちます。残った村田の息子と島崎は、しばらく自宅で待機し誰もいなくなったら出て行く予定でした。しかし、窓ガラスが割れる音がし、島崎は村田の息子を安全な場所に隠します。窓ガラスを割って入ってきたのは、以前島崎を襲ってきた二人組の男でした。島崎は一人の男を倒し、あとから入ってきた男と争っている時に右腕をひねられ、思わず叫びます。その痛みの反動でその男を倒した島崎は、仕返しするかのようにその男の腕を折り、倒れた二人の男の顔をスマホのカメラで撮ります。カメラに撮られていることに気づいた二人は、慌ててその場を去って行くのでした。

次の日、右腕を脱臼していた島崎は出社すると、高梨にBGを代わるように伝えます。そんな中、落合が現れ立原との関係を探ってきます。そして島崎に「あの事件に関しては、私が責任を持って処理したいと考えています」とだけ言い残し、去って行くのでした。

民事党大会当日、いつものように時計を出し「誤差なし」と確認しあった身辺警護課のメンバーは村田の机に向かって一礼し、現場に向かいます。それぞれの配置につき、高梨と島崎は立原を迎えに行き、立原と合流します。高梨と沢口が合流し、立原を警護しながら厨房を通り抜け、会場へと向かって歩いていると警視庁のSPに声を掛けられます。沢口がおとりになり、高梨は見つかったことを島崎に知らせます。そして今度は高梨がおとりになり、SPを惹きつけている間に島崎と立原は先へと進みます。

沢口と合流した島崎と立原は、会場のすぐ近くまで辿り着きます。しかし、そこで落合ともう一人のSPに見つかり止められます。島崎は村田や立原の思いを守りたいと話します。そんな島崎の胸ぐらを掴んだ落合は、階段から突き落とそうとするのですが、落合に怪我をしている方をなぜ狙わないのかと指摘し、その行動が本気ではないことを見破ります。

落合は島崎を離し、発砲事件の一部始終を自分も録音していたと打ち明け、事件の真相は警察官である自分が告発すると告げます。そして、立原の警護を願い出た落合は、かつて上司だった村田に窮地を救われ、今度は部下の島崎に迷いを吹き飛ばされたと話します。ここから先は自分が誘導すると話す落合の言葉を聞いたもう一人のSPは、無線で氷川に落合が裏切ったことを知らせようとします。その行動に気づいた落合がそれを止めに入ると、そのSPが暴れて階段から落ちそうになります。落合はとっさにそのSPをかばい、自ら階段から落ちてしまいます。ひざを強く打ってしまった落合は、立原に早く逃げるように告げ、沢口は落合の指示のもと立原を外へ逃がします。

島崎はSPを押さえつけ、その隙に高梨の肩を借りて落合が会場へと向かいます。島崎を振りはらい落合と高梨に追いついたSPは、拳銃を取り出し「止まれ」と言って前を塞ぎます。追いついた島崎は落合の前に立ち、そのSPの拳銃が落合に当たらないように盾になります。あとから駆け付けたSP二人と、会場から出てきた氷川率いるSP10人ぐらいが落合と高梨、島崎を囲みます。

氷川は落合に向かって「俺を図ったのか」と叫び、落合は「外から暴かれれば警視庁は地に堕ちる。私は警察官です」と返事します。氷川の合図を受け、清田春孝は何人か引き連れて落合に近づきます。しかし、清田は「行ってください」と落合に言い、落合の前を開けます。さっきまで拳銃を落合に向けようとしていたSPに清田は合図を送り、その清田を信頼し、そのSPも落合の方につきます。

落合は肩を貸す高梨に「丸腰の民間には頼れません」というのですが、島崎は落合のもう片方の腕を持ち「官民協力です」と告げます。氷川派と落合派に分かれたSPは正面からぶつかり、落合たちはその隙に会場に入ります。

丁度その時、五十嵐幹事長がスピーチをしているところでした。ウェイターとして中に潜り込んでいた菅沼まゆが誘導し、落合たちを一番前まで導きます。そして、落合は「五十嵐先生。そこまでです」と伝え、発砲事件のテープを流します。そのテープの内容を聞いて会場がざわつき始めます。そんな落合を止めようと駆け寄るSPを身辺警護課と落合派のSPが阻止します。そして告発は成功し、すべての事実が明らかになるのでした。そのことで村田の汚名は晴れ、村田の息子は身辺警護課にお礼を言いに来るのでした。

ある日、島崎の息子・瞬が島崎の元へ帰ってきます。母親に好きにしていいと言われ、父である島崎を選んだのでした。島崎はその日、立原と食事に行く約束をしている日でもありました。瞬は父の格好をみてデートかと尋ねるのですが、島崎はそんなんじゃないと答えます。待ち合わせ場所に着くと、しばらくして立原は車に乗って到着します。慌てて車から降りた立原は、島崎に駆け寄ります。そして、お互い顔を合わせるなり頭を下げ謝罪します。驚く立原は笑いながら「私、総理大臣目指します」と伝え、島崎は「僕はこれからも誰かを守る仕事をします」と伝えます。お互い進むべき道を確認し合った二人は握手をし、立原は「清き一票をよろしく」と言って去って行くのでした。

立原と別れた後、落合から電話をもらった島崎は、落合が出世し大使館の警備対策官に決まったことを知らされます。落合は島崎にこっちに来ないかと誘うのですが、島崎はその誘いを断ります。

身辺警護課は新たなメンバーが加わり、この前まで新人だった沢口も先輩になり、より一層団結力が固まっていました。人気歌手の矢沢永吉の警護をしながら、これからも多くの依頼人の警護をしていくであろう島崎の姿がそこにあるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)