NHK大河ドラマ「西郷どん」第11話のあらすじとキャスト




2018年3月18日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第11回「斉彬暗○」のあらすじを紹介していきます。嫁ぎ先を徳川家定公であると告げられた篤姫は御台所としての厳しい教育を受ける事になります。篤姫の見張り役としての役目も頼まれた吉之助は、陰ながら篤姫を見守り応援します。この先、薩摩藩主の斉彬が企てる計画はうまく行く事になるのでしょうか。第11話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

鹿賀丈史(役:島津斉興)

登場人物

島津斉興(しまづ・なりおき)島津家第27代当主で薩摩藩主として実の子、斉彬を疎んじ、側室だった由羅との間に生まれた久光を後継にしようと画策し、斉彬との間に亀裂が入る。その結果、斉興は失脚し隠居生活を送る事になる。

 

「西郷どん」第11話のあらすじ

島津斉彬は、13代将軍、徳川家定と面会をする事になります。老中首座の阿部正弘は、兼ねてより申し出をしていた薩摩藩の姫君との婚儀を進めてよろしいかと家定に尋ねます。

その後、斉彬は城の廊下で井伊直弼と出くわします。井伊は斉彬に対して、薩摩の姫君を御台様にと働きかけている事は聞いていると話します。斉彬は薩摩の丈夫な娘をと、公方様から言われただけだと言うのですが、井伊は公方様がその様な事を望んでいるわけがないと疑います。姫君を御台所に押し立てて、姑面をして公方様に近づく腹積りだろうと井伊は話します。

この頃、島津斉彬と井伊直弼は次の将軍を巡って対立していたのです。彦根藩主の井伊直弼は血筋として最も正当な紀州藩主、徳川慶福を押していて南紀派と呼ばれていました。一方の島津斉彬は日本の政を根本から変えようとする為、養女の篤姫を家定の御台所として、そして次の将軍には一橋慶喜を推挙しようと考えていて一橋派と呼ばれていました。

斉彬は井伊に、どちらの想いが強いか天命を待つのみだと告げて立ち去ろうとします。すると井伊は「くれぐれも御身、大切になされませ」と意味ありげな言葉をかけるのです。

ある日、吉之助は城の庭で虎寿丸と相撲を取っていました。すると突然に虎寿丸が倒れます。それから数日後、虎寿丸は亡くなってしまうのです。斉彬はこれで5人の子供を亡くす事になります。

斉彬は山田に対して、明後日に予定している水戸様との宴を予定通り進める様にと告げます。山田は日を改めてはと言いますが、時が無いと言って斉彬は聞き入れません。その後も斉彬は益々仕事に打ち込みます。

その頃斉彬の父・斉興と、側室の由羅は幕府の命で、高輪の薩摩下屋敷で隠居暮らしをしていました。そこへ、虎寿丸が亡くなったと言う知らせが入ります。由羅はまた、自分の呪いがと言う有らぬ噂を立てられると心配していました。

また薩摩にもその知らせが届き、由羅の仕業だと言って若い者達が動こうとしますが、正助はその怒りを鎮めます。しばらく経ったある日、正助が働く鶴丸城の記録所に斉彬の弟・久光が現れます。正助は、日本が初めて西洋と戦った時の記録をなぜ今になって探しているのかを久光に尋ねます。久光はイギリス人がどうやって戦ったのかを知りたいと話し、これから異国との戦が始まるかもしれないので、今の内に多くの知識を蓄えておく必要があると言うのです。

正助は、虎寿丸が亡くなった事を話して、このままでは暴挙に出る者も出かねないと話し、また多くの血を流す事にもなりかねないと言うのです。そしてこの騒動を鎮める事が出来るのは久光様しかいないと話します。そして探していた書物を渡し、受け取った久光は黙って立ち去ります。

一方の江戸では、内密な宴席に斉彬と越前福井藩主の松平慶永、そして遅れて前水戸藩主の徳川斉昭と嫡男の一橋慶喜が集まっていました。その場には福井藩士の橋本左内と西郷吉之助も同席します。一橋は、そこの蘭方医、西郷、こっちに来いと言って既に顔見知りである事をあかします。

徳川斉昭は自分の嫡男を次期将軍にと言う話しは悪い気はしないが、自分の養女を御台所にし、世継ぎを産ませて次期将軍を狙っているのでは?との懸念を口にしますが、松平慶永は万に一つも公方様にお世継ぎができるはずはないと断言します。一橋は、公方様がおおうつけで世継ぎは作れないと言うのです。吉之助は、ならばなぜに篤姫様を公方様の御台所へと尋ねます。斉彬は、篤姫を公方様の側に置いて、お世継ぎには一橋様にと推挙してもらう様、直々に働きかける為だと言うのです。徳川斉昭は、御一同の考えはよくわかったと上機嫌になります。松平慶永も今宵はめでたいと言って、祝いの盃をと捲し立てます。

しかし、一橋は「よくもまぁ、めでたいなどと勝手な事を申されますなぁ」と呟きます。自分は将軍になりたいなどと言った覚えはないと話し、西郷にもそう伝えたはずだと言うのです。斉彬は、西郷からその旨は聞いていたのだが、ここで引き下がる訳には行かないと言うのです。しかし一橋は、アメリカやイギリスと互角に戦うなどと言われても、逃げ出したくなってしまうと言うのです。斉彬は、面子や見栄に拘らない一橋様にしかこの難局は乗り切れないと言うのです。徳川斉昭は一橋に「将軍になれ」と告げ「この父の命が聞けないと申すか」と告げます。

すると一橋は、どうやらここには誰一人まともな親はいない様だなと言うのです。斉彬に向かって、幼子が亡くなったと言うのに祝いの盃を交わしていると言い、篤姫と言う娘の行く末も思いやられると話します。そして、何が日本国だ、俺は付き合いきれんと叫んでその場を立ち去ってしまいます。そのあと一橋はいつもの様に品川宿、磯田屋へ飲み直しに向かいます。

その頃、宴の場を後にした斉彬と吉之助でしたが、途中で斉彬が突然に倒れてしまいます。それからしばらく眠ったままの斉彬を心配し藩邸内にも動揺が広がります。吉之助は滝行や護摩行で斉彬の無事を願います。そして斉彬はなんとか寸前のところで命をとりとめます。

吉之助は虎寿丸が突然亡くなった事と斉彬が倒れた事に不信を抱き、炊事場を調べます。そしてまた働き出した斉彬に、毒がもられている可能性があるので食事には手をつけないで欲しいと頼み、斉彬に出された食事の中の魚を懐へと忍ばせます。そしてそれを持って品川宿へと向かいます。

橋本左内と二人になった吉之助は事情を説明しますが、部屋の外では一橋が聞き耳を立てていました。吉之助は毒がもられているのでは?と橋本に話すと、突然に一橋が入ってきます。そして「聞き捨てならぬ。俺も危うく毒を食う所だったのか」と話すのです。「だから嫌だと言ったのだ」と言って、目立てばこうやって毒をもられて寿命を縮める事になると言うのです。そして「政などは、命知らずの物好きに任せておけばいいんだ」と声を荒げるのです。

吉之助は持って来た食事の一部を出し、毒がもられているかどうかを確かめて欲しいと頼みます。橋本は持っていた簪を使って調べ、やはり砒素だと言うのです。砒素は無味無臭で混入されても分からないと話します。おそらく日々の食事に少しずつもられていたのだろうと言うのです。虎寿丸も多分この砒素が原因で亡くなったのだろうとも話します。

その時、吉之助は襖の外に人気を感じ立ち上がり、その襖を開けると、お面をつけて顔を隠した酔っ払いが立っていました。その男は、部屋を間違えたと言って立ち去ろうとしますが、橋本は酒の匂いがしないと言って怪しみます。するとその男は短刀を突きつけながら橋本を盾にします。その男が薩摩の言葉を喋った事に気付いた吉之助は何者だと詰め寄りますが、その男は外へと走って逃げてしまいます。

吉之助は斉興と由羅の仕業だと思い込み屋敷へと押しかけます。お目通りが叶った吉之助が、何かを聞こうとした時、これまでの働きに対しての褒美だと言って薩摩の菓子を差し出し、食べる様に言います。躊躇する吉之助に、斉興が毒でも入れたのではと思っているのだろうと言われます。吉之助は斉彬の食事から毒が見つかったと話し、誰の仕業かと尋ねます。由羅は、私かと?と答え、疑うからには証拠の一つでもあるのだろうなと言うのです。証拠はないと言う吉之助の前に出された菓子を手に取る由羅は、その場でその菓子を口に入れて食べて見せます。由羅は証拠などあるはずがないと言い、なぜなら自分たちは毒などをもった覚えなどないからだと言うのです。

斉興は、今でも斉彬が憎くてたまらんと言い、けれども同じ様に斉彬を憎く思っている人間は、他にも山ほどいると言うのです。そして何の証拠もなく自分たちをこれ以上疑うのなら、こちらも容赦はしないと言って、二度と自分達の前にその顔を見せるなと告げるのです。

そして斉彬の元へと戻った吉之助に斉彬は、高輪の父の元へと言っていたそうだなと話し、他の者を外させて、吉之助に対して「この大馬鹿者!この大事な時にお前は何をしておるのじゃ」と蹴り倒します。吉之助は、殿の命を狙う者を一刻も早く探そうと思ってと話すと「つまらん、つまらん」とお声で叫ぶ斉彬。「時が無いのがわからんのか」と言って、自分は命など惜しくは無いと言い、命に代えてでもやらなくてはならない事もあると言うのです。

「この国を変える。この国を強くする」と倒れそうになりながら呟く斉彬を支える吉之助に「自分が何故お前を側に置くかがわかるか」と斉彬は尋ねます。そして「自分もお前と同じ大バカ者だからだ」と言うのです。「民の為に命を捨てられる。そうだろう」と吉之助に言うのです。斉彬は「民の為の国、そんな国を作りたい。のう、西郷」と呟きます。

その頃、井伊直弼の元へ島津斉彬が持ち直したと言う報告と、一橋慶喜が品川宿に入り浸りで、政を嫌い、将軍になる気はない様だと言う報告をする人物がいたのです。その側には、磯田屋でお面をつけて襲って来た男の姿もあったのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)