NHK大河ドラマ「西郷どん」第12話のあらすじとキャスト




2018年3月25日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第12回「運の強き姫君」のあらすじを紹介していきます。食事に毒をもって斉彬の命を狙う者がいる事を知った吉之助。そんな吉之助の心配をよそに、強い日本に変えていく為に政の仕組みそのものを変えたいと願い、一橋慶喜を次期将軍にと企てる斉彬。はたして斉彬の描く世界は訪れるのでしょうか。第12話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

北川景子(役:於一)

登場人物

於一(おいち)篤姫(あつひめ)薩摩の島津家の分家に生まれ、斉彬の養女となる。斉彬の企てに協力する形になり、13代将軍、徳川家定の正室となって行く。身分の違う西郷に恋心が芽生えるが、お互いが斉彬を盛り立てる為に、心の中での絆で結ばれて行く。

 

「西郷どん」第12話のあらすじ

一命を取り留めた斉彬は、安政2年に特赦例を出し正助の父・次右衛門が戻って来ます。大久保家と西郷家揃って次右衛門の戻りを喜びますが、既に亡くなった西郷吉兵衛と妻・満佐の顔が無い事で、長かった島流しの期間を改めて感じるのでした。

その頃、篤姫の輿入れがなかなか進まない事に、教育係だった幾島は苛立っていました。そして斉彬の元へ直接に出向き、公方様への輿入れの時期を訪ねます。斉彬は、阿部様を通じて働きかけているのだが、その事を快く思わない輩がいるのだと話します。幾島は、他藩の姫を御台所へと企んでいる井伊直弼だと言う事を知っていました。斉彬は、察しの良い幾島を褒めますが、幾島は女子も今は御政道の裏に通じていると言うのです。興味を持って幾島の話しを聞こうとする斉彬に、大奥の力を借りて輿入れの話しを進めてはと持ちかけるのです。

新しい御台所を受け入れて、一日も早く世継ぎを授かる事が大奥の悲願だと話し、誰よりもそれを望んでいるのは公方様の母・本寿院様だと言って、まずは本寿院様へお近づきになる事だと話すのです。それを聞いた斉彬は、早速その動きを進める様に幾島へ頼み、人も金も好きなだけ使って良いと告げるのです。幾島は、側で聞いていた西郷吉之助に協力を求めます。

その後、吉之助は各藩への書状を山田から預かり、一緒に大金も持たされ、手土産も準備する様に言われます。そして必要ならば千両でも万両でも準備すると言われて驚く吉之助。その姿を見ていた篤姫は、吉之助に声をかけて側にやって来ます。そして中々前に進まない輿入れの事を気にして、もしや話しが無くなったのではないかと心配するのです。吉之助は断じてその様な事は無いと否定します。

吉之助は篤姫に、本当に御台所になる事を望んでいるかどうかを尋ねます。篤姫は、もちろんだと言って、それが叶わないのであれば江戸に来た意味が無いと言うのです。

その後、吉之助は幾島と共に品川宿の磯田屋へ行きます。幾島は身分を隠し、そこの女中達からいろいろと情報を得ようとします。テキパキと情報を引き出して行く幾島を見て、吉之助は呆れ返りますが、その後、幾島の話術を学んだ吉之助は、山田と共に磯田屋へ通い篤姫の輿入れの根まわしを続けます。

そしてある日、江戸城の大奥へ幾島がやって来ます。上座には徳川13代将軍、徳川家定の母・本寿院が座っていて、御台所を立て続けに亡くした家定を支える大奥最大の権力者でした。本寿院は横に座る家定の乳母・歌橋と共に、ここの所の薩摩守・斉彬の心遣いに対して感謝を幾島に伝えていました。

そして本寿院は、ここまで素晴らしい貢物を貰った以上は、知らん顔も出来ないと話し、薩摩の姫を御台所へお輿入れする話しがうまく進んでいない様ですねと話し出します。お見通しでございましたかと言う幾島に、薩摩は外様だと言って御公儀の中には薩摩からの輿入れを良く思っていない者がいると言い、それを聞いた歌橋は、水戸のご隠居はここの所静かにしていると話します。ならば、彦根殿かと呟く本寿院に幾島は、薩摩の篤姫が一旦、京の近衛家に養女に入る話しが決まっていると話し安心させます。

ここぞとばかりに幾島は「あとは・・・」と何かを言いかけると、本寿院は「我らの後押しが欲しいと言う事じゃな」と言うのです。幾島は「さようでございます」と答え、篤姫は江戸へ来て2年、これまで諸芸百般の習得も怠りなく、どこへ出しても恥ずかしく無い姫君だと言って、お力添えをと言って頭を下げます。

すると本寿院は、母として公方様の妻になる人に最も望む事があると話します。それは我が子である家定を置いて先に亡くなってしまい、家定を一人にして欲しくは無いのだと言うのです。幾島は、篤姫の最も優れた所は、体が丈夫な事だと言って、更には、恐ろしく運が強いと言うのです。そんな篤姫なら末長く公方様に添い遂げられる事間違い無いと自信満々に幾島は訴えかけるのです。ならばその運とやらに乗ってみようかと呟く本寿院。ついに幾島がこれまでおこなって来た働きが報われる日が来たのです。

その後すぐに、家定の前に井伊直弼と阿部正弘が呼ばれ、本寿院は二人の目の前で家定に、今日こそは新しい御台所を決めて欲しいと願い出ます。そして家定の前に10枚の似顔絵を並べ、この中から御台所を決める様にと伝えます。

すると家定は外の池で、自分が可愛がっていたアヒルが亡くなっている事に気付きます。そしてそのアヒルを抱きかかえて、自分の周りがみんな先に亡くなってしまうと話し、自分より先に亡くならない御台所が欲しいと言うのです。亡くならない姫はどれだと尋ねる家定に本寿院は、亡くならない姫はいないと話し、しかし体が丈夫で運が強い姫はこの方ですと言って、篤姫の似顔絵を指差すのです。その似顔絵を手に取った家定は、ではこれにすると言って篤姫の御台所が決まるのです。すぐにお輿入れの準備を始めると言い阿部に異議を唱える井伊直弼でしたが、本寿院は井伊直弼に口を出す事を許しませんでした。

そしてその年の秋、阿部様より書状が届き、その年の12月に御輿入れが決まったと斉彬から篤姫は知らされます。篤姫は幾島に感謝し、この先も将軍家の御台所として精進するのでこれまで同様に指導して欲しいと頼みます。斉彬は、ふと公方様がどの様な人なのかが気にならないかと篤姫に尋ねます。篤姫は、気にはなれど、世の中に立った一人の存在であって誰かと比較する様な身分の方ではないからと話し、どの様な方か等と口にするのも許されない人だと言うのです。その覚悟を聞いて「あっぱれでございます」と喜ぶ幾島でした。そして残された斉彬の娘としての年月を務め上げると言う篤姫に「よう言うた」と言って喜ぶ斉彬でした。下がる途中の篤姫は、手を尽くしてくれた事を吉之助にも礼を言って立ち去ります。

その後、何かを言いたげな吉之助に斉彬は、思いを口に出す事を許します。すると吉之助は、公方様の体が弱く、篤姫様がお世継ぎを産む事が難しいと言う事を黙ったまま輿入れをさせるのかと尋ねます。斉彬は、いずれ自分から話すと答えます。そのやりとりを幾島は影から聞いてしまったのです。そして公方様にお世継ぎが出来ないと知りとてもショックを受けます。

それからの幾島は、これまで以上に厳しく、篤姫に強くなる様にと薙刀の指導をします。止める吉之助に幾島は、大奥に入れば誰も助ける事は出来ないと言って、敢えて篤姫に厳しく指導するのです。

そして暫く経った日、斉彬は篤姫に自らお茶をたてて振る舞います。喜ぶ篤姫に、今日は許しを請わなくてはならない事があると斉彬は言うのです。そして斉彬は、公方さまは病弱でおそらく子は授からないと告げるのです。そして篤姫は一生、子を抱く事なく大奥に身を捧げる事になると言うのです。そして本当の役目は、江戸城大奥に入り、次の将軍を一橋公に決めてもらえる様に仕向ける事だと告げ、覚悟してくれと言うのです。

それを聞いた篤姫は、自分は不幸になっても構わないと話し、斉彬の為なら喜んで不幸になると言うのです。自分の命は、ただ幸せになる為だけにあるのではない事を、薩摩の姫になった時から覚悟は出来ていたと話すのです。斉彬の娘になれただけで幸せだったと言って頭を下げる篤姫の後ろで、幾島と吉之助は涙を流します。

その夜、眠れない吉之助と篤姫は、お互いに自分の部屋の中から、降りしきる雨を眺めていました。するとその時、突然に大きな地震が起きます。建物が崩れる中、吉之助は斉彬の元へと走ります。斉彬の無事を確認すると、すぐに篤姫の元へと走ります。そして部屋の中へ飛び込み、間一髪で崩れる建物から篤姫を守ります。

篤姫に自分の身をかぶせて守ろうとする吉之助に、篤姫は自分と二人でどこか遠くに逃げて欲しいと頼みます。真剣な篤姫に吉之助は、わかりましたと言って、どこか遠くへ逃げようと言うのです。そして最後まで篤姫様を守ると言うのです。それを聞いた篤姫は「ありがとう、西郷」と言って笑顔になり「その言葉が聞きたかった」と涙を流します。

そして「もういい」と言って探しに来た幾島に「ここじゃ」と言い「西郷が助けてくれた。改めて礼を言うぞ」と話し「御台所となるべきこの体を、傷一つ無くよく守ってくれた」と言って「下がって良いぞ」と告げて幾島と去って行くのです。

吉之助にとってこの出来事は、一生忘れなれない出来事となったのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)