NHK大河ドラマ「西郷どん」第13話のあらすじとキャスト




2018年4月8日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第13回「変わらない友」のあらすじを紹介していきます。篤姫様御輿入れの日取りが決まり安堵する中で、突然の大地震が起こります。篤姫は間一髪の所で西郷吉之助に助けられ、薩摩藩の為に自ら不幸になる覚悟を決めます。この先、篤姫はどうなってしまうのでしょうか。第13話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

小柳ルミ子(役:由羅)

登場人物

由羅(ゆら)島津斉興の側室。江戸の町人の家に生まれ、斉興の寵愛を受けて子供を産んだ事で、実の子である久光を後継にする為に斉彬と対立する事になる。

 

「西郷どん」第13話のあらすじ

突然の大地震で、江戸の町は甚大な被害と混乱を招きます。篤姫の婚礼道具もすべて無駄になり、御輿入れの時期を延期する事となります。吉之助は斉彬の命を受けて、1年以内にもう一度御輿入れの準備を始める事になります。

そして1年後、無事に準備が整い、安政3年の11が11日に、篤姫は江戸城へと向かう事となります。そして大奥へと入り、徳川家定と初めて対面する事になります。

斉彬は西郷と二人で祝杯をあげながら、先の夢に描く豊かな国を語ります。その考えの大きさに感動する吉之助。斉彬が語った事は全て、もうそこまで来ているのだと話すのです。しばらくすると薩摩へ戻る事になった斉彬と一緒に、吉之助と大山が江戸を離れる事になります。

斉彬は薩摩へ戻る途中、京の近衛家に立ち寄り近衛忠煕に挨拶をする事にし、吉之助も立ち会う事になります。そこには僧侶の月照も招かれていました。斉彬は月照に、一橋慶喜様を次の将軍にと考えている事を伝え、協力して欲しいと頼みます。

その頃、薩摩にいる正助は、父。次右衛門の勧めで上役の娘だった満寿を嫁に貰う事になります。正助は吉祥院に出入りしていた満寿の事を既に知っていて、快く引き受けます。

その年の5月になり、吉之助が薩摩の家へと戻って来ます。しかし、貧乏な状態は益々酷くなり、家を売る寸前だった事を知らされショックを受けます。

その時、突然に正助が現れて二人は3年4ヶ月振りの再会を果たします。そしてその夜、仲間も集まり吉之助の戻りを祝います。吉之助の江戸での活躍を聞いていた仲間達は、興味本位で詳しく話しを聞こうとしますが、酒を飲みながら話す様な事では無いと言って、吉之助は席を離れます。

その時、正助が嫁をもらう事になったと話し、正助を祝って飲み直す事になるのです。

翌日、吉之助は他の仲間達と一緒に、正助の嫁になる満寿の顔を見に吉祥院へ行きます。そこへ正助が来て、今や斉彬様の手となり足となって働く吉之助を自分の嫁取りの騒ぎに巻き込むなどくだらないと怒鳴ります。しかしその話しを満寿は正助の後ろに来て聞いていたのです。

自分の事が嫌なのなら無理して嫁にして貰わなくても構わないと言って立ち去ろうとする満寿に、正助はそんな軽々しい男では無いと言って吉之助が庇います。そして満寿に正助が天下国家の為に働く様になった時、留守の家を守る事ができるかと尋ねる吉之助。満寿は「はい」と答え、正助も満寿を嫁に貰いたいと、自分の気持ちを素直に話し、二人は夫婦になる事を確認し合う事になるのです。

しばらくして斉彬に男子・哲丸が産まれます。益々仕事に励む斉彬は着々と異国と対等に話しが出来る為の準備を勧めます。

そして正助の祝言の日、突然に吉之助は斉彬から呼び出されます。江戸からの知らせで、阿部正弘が亡くなったと言うのです。その事で、これまで進めて来た事が今までの様には進まなくなると思った斉彬は、一橋慶喜様を次期将軍にと言う計画を中止する覚悟を決めますが、吉之助は篤姫の事も考えて強く反対します。斉彬は吉之助にもう一度江戸へ行く様に指示をします。

命を受けた吉之助は斉彬に一つのお願いをします。それは正助を一緒に江戸へと連れて行きたいと言う願いでした。江戸への願いは叶いませんでしたが、熊本まで行く事の許しを得ます。

早速家に戻った吉之助でしたが、祝言は終わりすっかり静まり返っていました。しかし、正助は家から一人出て来ます。そして二人で改めて酒を酌み交わします。そこで斉彬様に正助も一緒に江戸へ行かせて欲しいと願い出た事を話します。

すると正助は、余計な事だと言って怒りだし、自分の力でいつか江戸へ行くと言うのです。正助の為を思ってやった事だと言う吉之助に対し、上から目線な言葉が許せないと言って二人は摑み合いの喧嘩になってしまうのです。そして正助は吉之助の顔も見たくないと言って、自分の前から消えてくれと告げるのです。吉之助は黙ったままその場を立ち去り、そのまま江戸へ向かう日まで顔を合わす事なく出発してしまいます。

その頃、満寿は正助に旅の支度を整えて吉之助を追う様に言います。それを断る正助でしたが、父・次右衛門が満寿の心の中を代わりに伝え、今いかなければ未来は無いと言って、正助に吉之助の後を追わせます。

急いで走る正助は、向こうから戻って来ていた吉之助を見つけます。吉之助は忘れ物をしたと話し、それは正助だと言うのです。正助は吉之助の思いを素直に受け止め、これまでを謝罪し二人で先へと進むのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)