NHK大河ドラマ「西郷どん」第14話のあらすじとキャスト




2018年4月15日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第14回「慶喜の本気」のあらすじを紹介していきます。老中首座の阿部が亡くなった事で、薩摩守・島津斉彬が企てる一橋慶喜の次期将軍への道が遠のいてしまい、半ば諦めようかと言う様子の斉彬に、自分の幸せを犠牲にしてまで御台所になった篤姫を思い諦めようとしない吉之助は、斉彬の命を受けて再び江戸へと向かいます。その際、斉彬の許しを得て、正助を熊本まで同行させてもらう事にします。吉之助の友としての思いを快く思わなかった正助ですが、嫁に来た満寿の器量のおかげで、吉之助を追って初めて薩摩を出る事になります。再び強い絆で共に歩み出す吉之助と正助。第14話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

戸田菜穂(役:喜久)

登場人物

喜久(きく)島津斉彬の側室で、献身的に斉彬を支え子宝にも恵まれるのだが、何故か子供達が幼い頃に亡くなってしまうと言う悲運が付きまとい、世間では斉彬の父・斉興の側室、由羅の呪いだと言う噂まで流れてしまう。

 

「西郷どん」第14話のあらすじ

吉之助は大久保正助と熊本まで同行して、そのあと一人で江戸へと向かいました。

安政4年(1857年)10月21日にアメリカ総領事のハリスが江戸城へとやって来て徳川家定との謁見が叶います。家定は、幾久しく、友好を保ちたいと大統領に申し述べるべしとだけ伝えます。

篤姫は「ご立派でございます」と家定を褒め、家定も「御台が笑うと余も嬉しく思う」と言って「御台とも幾久しく友好を保ちたいものだ」と話します。

その頃吉之助は、福井藩の松平慶永の元へ斉彬の書状を渡しに行きます。斉彬は江戸での事を全て慶永に任せる事にしたのです。阿部が亡くなり一橋慶喜の次期将軍への企てが難しくなってしまった今、何とか策を考える様にと吉之助と左内へ伝えます。

一方、家定との謁見を許す事になった幕府の中では、阿部の代わりに老中首座になった堀田を叱責する事で徳川斉昭は周りからの評判を落とす事になり、家定を毒で亡き者にしようとしていると言う噂も流れるほどでした。

吉之助と左内は品川宿・磯田屋でさないが作った一橋公言行記を見ながら、諸藩の大名達を説得しようと相談していました。そこに慶喜が現れ、一橋公言行記に書かれている事は全て大嘘だと言って破り棄ててしまいます。しかし左内は写しを作り隠し持っていて、吉之助と二人で写しを作り続けます。

それからしばらく経った頃、島津斉彬から幕府に対して建白書が出されます。その中には、国難を乗り切る為に、一橋慶喜を次期将軍にすべきとの内容が書かれていたのです。一方で紀州の徳川慶福を次期将軍にと考えていた井伊直弼をはじめとする南紀派は、面白く無いと言う声が上がり、両派の対立は益々深まって行きます。

その事は、吉之助と左内の耳にも届いていました。写しを作り終えた吉之助と左内は、磯田屋を後にしますが、一人歩いていた吉之助の元へ怪しげな男達が近づきます。そして一緒に来る様に言われ、井伊直弼の元へと案内されるのです。

井伊直弼は吉之助に茶を振舞いながら、自分の味方に付く様にと持ちかけます。すでに薩摩の家まで足を運び調べ上げ、吉之助が斉彬を裏切り井伊直弼に協力する事で、家族を貧しさから救ってやってはどうかと言うのです。吉之助は、斉彬の思いを代弁し、井伊直弼にわかって貰おうとするのですが、井伊直弼は徳川の家を守る事しか考えてない事を知り、落胆するのです。お互いの話は全く噛み合わず、その場を後にする吉之助は改めて、次期将軍には一橋慶喜しかいないと確信するのです。

その頃、建白書の事は大奥の中にも知れ渡り、本寿院は大反対し、薩摩守の企てを疑う事態にまでなってしまい、篤姫は家定に会う事も出来ない状態になっていました。

すると突然に家定が篤姫のところにやって来ます。家定は篤姫に「幾久しく友好じゃ」と言っただろうと言って、笑いかけるのです。

篤姫は、思い切って家定にお願いをします。それは一橋慶喜を養子に迎え、次の公方様に据えると言う話しでした。一橋の事が嫌いだった家定は、一度は断りますが、そうする事で家定も自分も息災でいられると聞いた家定は心が揺れます。するとそこへ本寿院が家定を探してやって来ます。すると家定は「決めた」と言って、篤姫の願いを聞き入れる決断をし、次の将軍に一橋慶喜を据える事を公言するのです。驚く本寿院でしたが、篤姫と幾島も同じ様に驚きます。

その話しは瞬く間に広がり、井伊直弼は磯田屋に入る一橋慶喜に刺客を向けます。そしてその刺客から命をかけて慶喜を守ろうとした吉之助は、初めて人の命を絶ってしまうのです。ショックを受けながらも、その男の命も慶喜の命も、命に変わりは無いと言って、将軍になって国を救う力を持ちながら、逃げてばかりの慶喜に詰め寄ります。

吉之助の言う事に何かを気づかされたかの様に慶喜は吉之助と左内を従えて、井伊直弼の元へと向かうのです。突然に現れた慶喜に驚きを隠せない井伊直弼。慶喜は刺客を差し向けるほどなのだから、こちらから出向いてやったと話します。

井伊直弼は、将軍など受ける気の無い慶喜に、紀州の徳川慶福を次期将軍に据える事に協力してくれれば、紀州を慶喜に差し出すと言い出します。しかし慶喜は井伊直弼の偉そうな話しぶりに激怒しキッパリと断り、ついには自分が将軍になると告げるのです。そして井伊直弼に「付け上がるな!」と言い放ち、吉之助と左内を従えて彦根藩邸から立ち去るのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)