NHK大河ドラマ「西郷どん」第15話のあらすじとキャスト




2018年4月22日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第15回「殿の◯」のあらすじを紹介していきます。井伊直弼が差し向けた刺客に命を狙われた徳川慶喜は、西郷吉之助と左内と共に井伊直弼の屋敷を訪れ、ついに自分が次期将軍になってやると告げ、その場を立ち去ります。それを聞いて喜ぶ吉之助と左内ですが、本当にこのまま慶喜は将軍になる事が出来るのでしょうか?第15話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

平田満(役:大久保次右衛門)

登場人物

大久保次右衛門(おおくぼじえもん)大久保正助の父。西郷家とは家族ぐるみの付き合いで、有能な人物だったが斉興と斉彬の権力争いに巻き込まれ、長く遠島の処分を受ける事になる。

 

「西郷どん」第15話のあらすじ

慶喜が、次期将軍になる決意を固めてくれた事で、吉之助と左内は朝廷に働きかけ、詔を賜ります。しかしそこには、次期将軍に慶喜をと具体的には書かれておらず、英傑、人望、年長を備える者と書かれていたのです。そうは言うものの、年長と書かれている事から、慶喜様を示すものだと解釈し次期将軍は一橋慶喜に決まったと喜びます。

その事を知った斉彬は、これまで以上に軍事力の強化を推し進めて行きます。

しかし突然に篤姫の目の前で家定が倒れてしまいます。持病の脚気が悪化して予断を許さぬ状態になってしまったのです。それをいい事に、井伊直弼は自分に全ての幕政を任せると言う内容の遺言を家定に書かせようと企てます。しかし家定は、秋になったら甘い柿を一緒に食べようと約束した篤姫に、柿の絵を描きその絵を井伊直弼に手渡して篤姫に食べさせてやって来れ「頼む」と大きな声で叫ぶのです。この声を、井伊直弼に幕政を全て「頼む」と家定が託したと周りに思わせる事で、井伊直弼は大老と言う幕府の最高権力者についてしまう事になるのです。

そしてその地位を利用して、アメリカからの条件を受け入れる事で戦を避け、さらには次期将軍を慶福様に定めると決めてしまうのです。すでにこの時、九条関白に近づき根回しをする事で、詔に書かれていた年長と言う文字を削除し書き換えていたのです。

吉之助は薩摩へ帰ると言って走り出します。吉之助は走り続け、薩摩に着いた頃には髭も伸び、来ている物もボロボロの状態でした。そのまま斉彬の元へ行き、事の成り行きを説明します。

斉彬は「もう良い」と言って一人で馬に乗り出て行きます。吉之助は斉彬を追いかけ、やっとの思いで追いついた場所は、吉之助が子供の時に斉彬から声をかけてもらった場所でした。斉彬はこれまで自分が目指して来た姿を吉之助に話し「夢は砕けた」と呟き「天はワシに味方せなんだ」と言うのです。そして吉之助に今日限りで庭方の役目を解くと話し、再び馬に乗って走り去ってしまうのです。

吉之助は薩摩の家に戻ります。すっかり様子の変わってしまった吉之助を見て、正助も家族も掛ける声も見つかりませんでした。吉之助は庭方の役を解かれた事を話し、家族に謝ります。

夜になって、一人で考え事をしていた吉之助の元へ正助が現れます。吉之助は、今まで自分は何をして来たんだ、何の役にも立っていなかったと泣き言を言い出すと、正助は自分の知っている吉之助はそんな男では無いと話し「やっせんぼ」と呟きます。そして、子供の頃から何に対しても諦めずに、誰もが無理だと思う事を成し遂げて来たのが自分の知っている吉之助だと話し、それを聞いた吉之助は心を入れ替え、自分がどうすれば良いのかを、もう一度真剣に考えるのです。

そして再び斉彬のいる屋敷を訪ね、兵を挙げて欲しいと願い出ます。斉彬は、兵を出せば大戦になり、国は混乱し異国の格好の餌食になってしまうと話すのです。吉之助は、兵を出すのは戦の為では無いと言って、向かうのは江戸では無く京だと告げるのです。

天子様のお膝元である京に兵を挙げ、薩摩の決意を示し、天子様に詔を書き換えてもらうと言うのです。これまでの幕府を一新して、幕府と朝廷が共に協力し異国に立ち向かえる国を作れと言う天子様の意を示す事が出来れば、これまで井伊直弼の独裁に不満を持っていた諸藩の者達も集まり、共に幕府に迫れば戦う事なく国の政を改める事ができると話すのです。

斉彬は吉之助の言葉で目を覚まし、すぐに京へ向かう様に吉之助へ命じます。そして道中、諸藩に立ち寄り薩摩が兵を挙げる事を知らせる様にと言って、京に着いたら近衛様を通じて天子様へ申し上げる様に命じるのです。斉彬は自分も後を追うと言って「京で会おう!」と告げます。さらに斉彬は西郷に「今からワシになれ!」と言って吉之助を送り出します。

京に着いた吉之助は月照と左内に事の成り行きを話し、すぐに斉彬を京に迎え入れる準備を始めます。

しかし、安政5年の7月16日に、志半ばにして斉彬はこの世を去ってしまうのです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)