NHK大河ドラマ「西郷どん」第16話のあらすじとキャスト




2018年4月29日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第16回「斉彬の遺言」のあらすじを紹介していきます。一度は挫折したと思われた斉彬の思いは、西郷吉之助によってもう一度奮い立たせる事になり、兵を上げる準備に沸く薩摩と京でしたが、練兵の最中に突然斉彬が倒れてしまいます。一体何が起こったのでしょうか。第16話のキャストとあらすじをまとめてみます。一旦お役を解かれてしまった吉之助ですが、もう一度斉彬に会って想いを諦めないで欲しいと願い、京へ兵を上げて欲しいと願いでます。それを聞いた斉彬は、最後の賭けに出る決意をし吉之助を京へ向かわせて、兵を迎え入れる準備をする様にと命を下します。その噂は江戸の薩摩藩士にも伝わり、活気付く事になります。新たな企てを進める斉彬と吉之助の行く手に、何が待っているのでしょうか。第16話のキャストとあらすじをまとめてみます。

 

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

 

 

増田修一郎(役:有馬新七)

登場人物

有馬新七(ありましんしち)西郷吉之助とは同じ郷中で育った幼馴染。やがて大久保とは対立する関係となって行く。

 

「西郷どん」第16話のあらすじ

薩摩からの兵と斉彬を迎え入れる準備に沸く京では、吉之助と藩士たちが宴を行い、酒を酌み交わしていました。

そこへ急ぎの用で月照が現れます。薩摩から届いた書状を持参し、その中には斉彬が亡くなったと書かれていました。信じられない吉之助は、目の前が真っ白になり、雨の中一人で泣き崩れます。

しかし、斉彬の想いを継ぐ吉之助は近衛に願い出て、天子様に水戸に兵を上げる様に仕向ける詔を下して欲しいと頼みます。斉彬がいなくなってしまった中、同じ想いを抱くっ同士達をまとめられるのは、徳川斉昭しかいないと言うのです。それを聞いていた月照も、できる限りの事をすると言って応援し、早速天子様への働きかけが進みます。

そして暫くすると近衛から、まだ内々の話だが言われ、天子様から水戸へ詔が下されると聞かされます。それを聞いた吉之助は早速その事を伝えるべく江戸へと走ります。

しかし、そんな事を知らない一橋慶喜と徳川斉昭は、それぞれが江戸城へと乗り込み、幕府のやり方に苦言を呈します。しかし大老の井伊直弼は「恐れ入り奉ります」を連呼し、全くとり合おうとしないのです。

やがて吉之助は江戸へと着きますが、その時にはすでに大老の井伊直弼によって、徳川斉昭は蟄居させられていました。その話を品川宿の磯田屋で慶喜から聞かされた吉之助は、もう薩摩守はいないんだと言われ「諦めろ」と告げられます。さらに自分にもいずれ沙汰が下されると話し、もう二度と会う事は無いだろうと言って立ち去るのです。

その後、慶喜も父・斉昭と同じ様に隠居謹慎を申し渡されてしまい、その後3年間、邸内での蟄居となってしまいます。

さらに井伊直弼は、密かに天子様から水戸へ詔が下されたと言う事を察知し、この企てに関わった者を召し捕る様に命を下します。次々と捕まり、命を落として行く同士達の知らせが入る中、ついにその矛先は月照にも及ぶ事になります。

月照は近衛に迷惑が及ぶ事を懸念し、自ら幕府に名のり出ようとします。その姿を目の当たりにした吉之助は、自分に命を預けて欲しいと言って、一緒に薩摩へ逃げる様にと勧めます。近衛と左内も薩摩なら幕府も安易に手を出せないと話し、月照は吉之助と共に遠い薩摩へと逃げる決断をします。

一旦、大阪まで船で逃げる手配をし、吉之助と月照を見送った左内は、その後すぐに御公儀の追っ手に捕まってしまいます。その事を知らない吉之助たちは、薩摩への道のりを急ぎますが、先に様子を見に行っていた有村から、この先の宿場町に御公儀の追っ手が張り出した似顔絵が貼り出されている事を知らされ、山の中の小屋で一夜を明かす事にします。

月照と有村が寝静まった頃、吉之助は一人で小屋から離れ、斉彬から授かった短刀で自害しようとします。すると「何をしておる」と言う声の方へ目をやると、そこには亡くなったはずの斉彬の姿があるのです。「お前はいったい何を学んで来たのだ!」と叱られる吉之助は思わず斉彬の元へ駆け寄りますが、その姿は一瞬に消えてしまうのです。

幻想だと気付いた吉之助は、斉彬の想いを受け継ぐ決意をし、生きる決意を新たに誓うのです。

その姿を月照は影から見つめていました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)