NHK大河ドラマ「西郷どん」第18話のあらすじとキャスト




2018年5月13日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第18回「流人・菊池源吾」のあらすじを紹介していきます。幕府の追っ手から逃れ、月照と共に薩摩へと逃れた吉之助でしたが、斉彬の亡き後の藩は吉之助に冷たく、追い詰められた吉之助は月照と共に海へ身を投げる事になってしまいます。そんな吉之助の覚悟を、船で行ってしまった後に気付く正助。吉之助はどうなってしまうのでしょうか?第18話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

藤真利子(役:大久保福)

登場人物

大久保福(おおくぼふく)大久保正助の母で、西郷家とは親しく家族ぐるみの付き合いで、藩の揉め事で島流しになった夫の帰りを待ちながら、謹慎処分の正助と共に暮らしながら、気丈に一家を支えて行く。

 

「西郷どん」第18話のあらすじ

月照と共に海に身を投げた吉之助は、探しに行った正助に助けられ、西郷家に運ばれていました。三日三晩眠り続けた吉之助は、家族が見守る中で目を覚まし「ここは・・」と口にします。周りから自分が助かった事を知らされますが、吉之助は月照がどうなったかを尋ねます。しかし月照の姿は見つからず、自分一人が助かった事を知るのでした。

月日が経ち、吉之助は菊池源吾と言う名前に改め、幕府の目から逃れる為に、薩摩から遠く離れた奄美大島へ幽閉されます。そこに住むシマンチュの龍佐民が住む家の離れに住む事になった吉之助でしたが、自分には生きる価値も無いと言って無気力になり、食事もろくに食べようとせず、ずっと黙ったまま座り込む日々を送っていました。

シマンチュの人達は、薩摩藩に収める年貢としてサトウキビを育て、その汁を絞り煮こんで出来る砂糖を作っていました。しかし薩摩藩が要求する年貢の取り立ては厳しく、まさに砂糖の地獄と化していました。

シマンチュの人達は、何も喋らない吉之助を気味が悪いと感じ、女性達は食事の世話に行く事すら拒んでいました。仕方なくトゥマと言う娘が立ち上がり、自分が行くと言い出します。トゥマは食事の用意をしに来たと言って吉之助に挨拶しますが、吉之助は全くの無反応で、トゥマは勝手に食事を作り吉之助の座っている側に置きます。

すると吉之助はトゥマの手に入っていた刺青に気づき、その手はなんじゃと言って、お前は盗人か?と尋ね、そんな刺青の入っている様な手で作った物なんか食えるか!と話します。トゥマは怒りながら、食事を吉之助の目の前に置き直し、食べて下さい!と叫びますが、吉之助はその料理を手で払いのけて立ち去ってしまうのです。悔しがるトゥマは一人で海に行き、大声で「どうかあの男に災いを!」と叫びます。

しばらくすると、島に砂糖船と呼ばれる年貢を運ぶ為の薩摩の船がやって来ます。そこには島代官の田中雄之介が目を光らせ、不当な歩合で砂糖と米や日用品を交換していました。島には貨幣がなく、砂糖との交換でしか手段がなかったので、島の人達の暮らしは薩摩藩によって意のままにされてしまっていたのです。龍佐民は、嵐が多くて不作だった事を理由に、年貢の基準を緩めて欲しいと願い出ますが、代官の田中は、逆にもっとサトウキビの畑を増やし、薩摩への年貢を増やせと命じます。何を食べればいいのか?と尋ねる龍佐民に田中は、海から魚を取って食えばいいと告げます。

その時、子供が落ちていた砂糖を拾い口にします。すると役人たちがその子と母親を囲み、体罰を与えようとします。そこへ突然に現れた吉之助が、その役人達に向かって殴りかかります。田中は吉之助に、わしに歯向かうのは薩摩藩に歯向かう事と同じだと告げ、ただで済むと思うなよ!と言うのです。それを聞いた吉之助は「薩摩・・?」と呟き、さらに逆上して代官の田中に向かって行きます。その様子を見ていた龍佐民は、代官に何かあれば島の全員が罰を受ける事になる!と叫び、それを聞いた吉之助はその場を後にするのでした。

トゥマはまた吉之助の食事を作りにやって来ます。役人から子供達を守ってくれた事を感謝しますが、吉之助が尋ねる事に答えているうちに、難しい本を読んでいるけど島の事は何も知らないねと吉之助に話します。トゥマは吉之助に島の事を知って欲しいと言い、これまで薩摩の殿様や役人が湯水の様に銭を使っている間、シマンチュは皆な地獄の様な苦しみを耐えて来た事を話し、殿様が亡くなった事を聞いた時は、島の人間は皆なで喜んだと言うのです。

それを聞いた吉之助は、殿がなくなるまでの間どれほど民の事を考えていた事かと言って怒り出します。するとトゥマは、自分達は民のうちに入っていなかったんだと言って涙を流します。そしてまた砂浜へ行き、あの男に災いを与えて下さいと神様にお願いするのです。

ある雨の夜、吉之助に正助から文が届きます。その中には、橋本左内が捕まり、命を絶たれた事が書いてありました。吉之助は悲しみ、土砂降りの中をさまよいます。

次の日、食事の準備の為に吉之助の元へ向かっていたトゥマは、途中の道に倒れている吉之助を見つけます。吉之助は高熱を発しながら倒れていました。トゥマは家に戻り助けを求め、そのままユタの所へ走ります。ユタは、島の蚊が悪さをしたと言って、このまま熱が下がらなければ命を落とす事になると話します。トゥマは自分が神様にお願いしてしまった事で、吉之助に災いが降り掛かったと思い吉之助に謝ります。

夜通し皆なで看病していると、吉之助の全身が震えだしユタは布団をかけて全員で抑え込む様に命じます。トゥマは、どうかこの人を助けて下さいと叫びながら、大声で、戻ってこい!と言い続けます。そして吉之助に大声で、生きろ!と叫ぶのです。

やがて朝を迎え吉之助は目を覚まし、龍佐民におかゆを貰います。吉之助は夢の中でトゥマの声を聞いたと話すと、龍佐民はトゥマの父親が島の実状を訴える為に薩摩へと向かい、そのまま帰って来なかった事を話し島の者は皆、ヤマトンチュを憎んでいると言うのです。そんなトゥマが吉之助を押さえ付けながら、この人を助けて下さいと叫びながら祈り続けていた事を伝えます。吉之助はおかゆを口に入れ、生き返ったかの様に食べ続けます。

それからしばらくして、元気になった吉之助はトゥマの元へ行き、助けてもらったお礼を言います。そして島の事を教えて欲しいと頼むのです。しばらく考えていたトゥマは、わかった、ついておいでと答え、吉之助の手を引っ張って走り出すのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)