NHK大河ドラマ「西郷どん」第19話のあらすじとキャスト




2018年5月20日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第19回「愛加那」のあらすじを紹介していきます。奄美大島に流人として渡った吉之助でしたが、生きる力を無くしてしまう程の落ち込み様で、周りからも避けられるほどになっていました。そんな中、高熱を出して再び命を落とし兼ねない状況になり、責任を感じたトゥマと佐民の家族の看病でなんとか命を救われた吉之助は、再び生きようと言う思いを取り戻して行きます。これから吉之助はどう生きて行く事になって行くのでしょうか?第19話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

二階堂ふみ(役:愛加那:トゥマ)

登場人物

愛加那(あいかな)奄美大島に生まれ育ち、代官の不正を訴える為に船で薩摩に渡った父親は戻らず、ヤマトンチュを憎んでいる。しかし突然に流人としてやって来た西郷吉之助と恋に落ち、やがて結婚する事になって行く。

 

「西郷どん」第19話のあらすじ

龍佐民とその家族に命を救われた吉之助は、次第に元気を取り戻し、シマンチュの人達に加わってサトウキビの収穫を手伝う日々を送っていました。そして畑仕事が終わると、子供達に学問を教える様になって行きます。そんな子供達に、自分の為に薩摩から送られて来た米を握り飯にして食べさせます。そんな吉之助の行為を佐民は快く思っていませんでした。佐民は、吉之助がいずれこの島を去って行く人だと話し、子供達に夢を見させないでやって欲しいと言うのです。そう言われた吉之助はショックを受け何も言えなくなります。

ある日、薩摩から届いた文を、吉之助が木場から渡されるところを見たトゥマは、吉之助に駆け寄りその文を取り上げます。トゥマは、薩摩からの文を読むたびに暴れ出し苦しんでいる吉之助を心配していたのです。吉之助は、読んでも暴れ出さない事を約束し、正助からの文に目をやります。正助からは、1日も早く薩摩へ戻れる様に動いているので、今は静かに過ごして欲しいと書かれていました。

トゥマは書かれていた内容が何だったのかを吉之助に尋ねます。吉之助は佐民達の畑仕事が少しでも楽になればと思い、亡き殿が作った集成館と言う所で、鉄の車輪が出来ないかと頼んでいたが、薩摩は大きく揺れ動いていてそれどころでは無いと言う返事が来た事を話します。

海の向こうの薩摩を見ながら話す吉之助にトゥマは、菊池様はいずれ薩摩に帰る人で、私達とは同じ夢を見られない人だと呟いて立ち去ります。

次の日もまた、吉之助がみんなと一緒に畑仕事をしていると、代官の田中が隣村の数人を罪人として捕まえてやって来ます。そして、砂糖を隠し持っていた不届きな連中だと大声で叫び、そんな奴らには容赦しないと告げて立ち去ります。トゥマは、自分達に対する見せしめで、あの人達が隠し持つ砂糖などある訳が無いと話します。兄の富堅も、シマンチュの苦しみなどあいつらにわかるはずが無いと言って、吉之助に聞こえる様にヤマトンチュはみんな同じだ!と叫びます。佐民は吉之助に、これ以上関わって余計な災いを持ち込んで欲しく無いと訴えます。

そのあと、作業を終えた佐民の家に突然、代官の田中と役人がやって来ます。そして、佐民が家に砂糖を隠し持っていると村人から聞いたと言うのです。そんなはずは無いと言う佐民でしたが、田中は役人達に家の中を探す様にと命じます。そして自分が持って来た砂糖の入った袋を取り出し、佐民が隠していたかの様に見せかけ、佐民と富堅を捕まえて連れて行ってしまいます。

その事を離れで子供達に学問を教えていた吉之助に、木場が知らせに来ます。それを聞いて代官所へ行こうとする吉之助を木場は、これ以上島の人達に関わってはいけません、西郷吉之助殿と言って止めるのです。自分の名前を知っている木場に驚く吉之助に、島で騒ぎを起こさないようにと大久保様に託されたと話す木場は、なんとか思い留まる様説得します。

一旦は落ち着いた吉之助でしたが、しばらくしてトゥマが代官所へ二人を助けに行った事を、走って伝えに来た子供から聞かされます。吉之助は代官所へと走り、今にも代官所破りの重罪を犯そうとしているトゥマと村人の前に立ちはだかり、自分が薩摩の役人に訴え出るので信じて欲しいと頼みます。しかし、トゥマは吉之助にシマンチュの心はわからないと話し、信じないと告げて代官所の中へと走って行きます。

すると、代官の田中が現れ、佐民に合わせてやると言ってトゥマを牢へと案内します。佐民達が囚われている牢の前で田中は、二人を助けてやる代わりに自分のアンゴにならないかとトゥマへ話します。トゥマは、アンゴになるくらいなら自害すると言って、自分の頭につけていたカンザシを手に持ち、喉に突き付けます。田中は止めようとせず、勝手に自害しろと言います。

すると吉之助がやって来て、トゥマの手からカンザシを取り上げます。またお前か?と呟く田中は、役人に吉之助を捕まえる様に命じます。吉之助は田中に、政を見直して苦しんでいる民の実情を薩摩に知らせて欲しいと頼みますが、田中は島の人間が薩摩の民と言うのなら、薩摩の力の源である砂糖を、もっと藩に納めるのは当然の事だと言って聞き入れようとはしません。その態度を見た吉之助は立ち上がり、田中に向かって、人として許せん事は許せんと話し、落ちていたカマを拾い上げて牢の鎖を思いっきり切りつけ、佐民達を助け出します。

その後、田中は吉之助に罰を与える為、薩摩への書状を書こうとします。そこへ木場がやって来て、大久保正助から代官の田中へ宛てた書状を手渡します。そこに書かれている内容を見た田中は、流人の男があの西郷吉之助である事を知り、薩摩への書状を書く事をやめるのです。

助けられた佐民と富堅は、家で手当てを受けていました。佐民の妻は、菊池源吾はもしかすると自分達が思っている様な人ではなく、悪い事でなく良い事をして流されて来たのではないかと言いだします。その話しを聞いていたトゥマは、次の日に海を見つめながら何かを考えていました。

そしてそこへやって来たユタに、自分の夫になる人は、あのヤマトンチュなのだろうか?と尋ねます。ユタは、もうお前には見えているのだろうと答えます。トゥマは目を閉じて自分に見えている未来の姿をユタに話します。そこにはずっと吉之助に寄り添う自分が見えていて、その先には、一人でここに立っている自分が見えると言うのです。そして私は一人で待ってますと答えるのです。ユタは、それでもいいのか?と尋ねると、トゥマは笑顔で答えます。

その夜、トゥマは吉之助の元へとやって来ます。そして頼み事があると言いだし、自分をアンゴにして欲しいと頼むのです。しかし吉之助は断ります。この島へ来て生きようと言う気持ちが生まれた事を話し、それはトゥマに会ったからだと言うのです。そんなトゥマをアンゴになど出来ないと話す吉之助は、自分の嫁になって欲しいと頼みます。トゥマはとても喜び、泣きながら吉之助の胸に飛び込みます。

しばらくして二人は、島の人達に囲まれながら祝言を挙げます。その夜、トゥマは吉之助に名前をつけて欲しいと頼みます。島の女は結婚すると名前を変えて、その名の下に加那をつけて呼ぶのでした。吉之助は愛と言う名を考え、愛加那と読んではどうかと言うと、トゥマはその名を気に入り、嬉しそうに笑い喜びます。

そして、吉之助に本当の名前を教えて欲しいと頼みます。吉之助は、自分の本当の名前が西郷吉之助である事を話しますが、その名前はもう捨てたと言って、この島で菊池源吾として愛加那と生きて行くと話すのです。

それを聞いた愛加那は涙しながら、ありがとう、私の旦那様と答えるのでした。

保存保存




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)