NHK大河ドラマ「西郷どん」第20話のあらすじとキャスト




2018年5月27日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第20回「正助の黒い石」のあらすじを紹介していきます。吉之助はトゥマと結婚し、西郷吉之助の名を捨て菊池源吾として島で生きて行く覚悟をします。そしてトゥマに愛加那と言う新しい名を付け、愛加那はとても喜びます。二人の幸せはこれからずっと続いて行く事になるのでしょうか?第20話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

藤木直人(役:阿部正弘)

登場人物

阿部正弘(あべまさひろ)備後福山藩主で老中首座を務め、外国からの脅威を懸念し、島津斉彬らと協力して幕府の改革を目指し、篤姫の輿入れや一橋慶喜の将軍擁立に動く。しかし志半ばで亡くなり、その後の動きにとても大きな影響を及ぼす事になる。

 

「西郷どん」第20話のあらすじ

安政6年(1859年)に吉之助が奄美大島へ流人として送られた後、正助も父から家督を譲り受け、満寿との間に子供も授かり、吉之助のいなくなった後、これからの薩摩や日本の事を考え続けていました。

その頃の薩摩は、幕府に恭順の意を示した斉興が意のままに動かしていました。その政を良く思わぬ者達も多く、吉祥院に集まっていた吉之助を慕う仲間達もその中に含まれていました。有村俊斎を始めとする仲間達は、いっそ斉興を切り捨ててしまおうかとまで口にしていて、そんな中で吉之助を切腹させずに助けてくれたのは斉興だと言って、一人で仲間達の苛立ちを鎮めようとする正助の姿がありました。

しかし、仲間達は日頃から斉興の元へ出入りする正助をあまり良くは思っておらず、自分達を裏切るつもりなのでは?とすら思っていたのです。ただ用事があって出入りしているだけだと答える正助の言葉は、もはや誰も信用する者はいなかったのです。

そんな頃、斉興は息子の久光を呼び、自分の為に働いている男だと言って正助を紹介します。正助は、日頃から藩の中での怒りや不満などを斉興に報告する役目を受けていたのです。

その後、正助と久光は二人で囲碁を打ちます。久光は吉之助の友であった正助に、何を考えているのか?と尋ねます。正助は、斉興の体はもう長く無いと話し、次に薩摩の主となり亡き斉彬の意志を継いで幕府に立ち向かう事ができるのは久光様しかいないと話し、志のある薩摩の若い者達はその日を待ち望んでいると話します。久光は、黙れ!と叫び、今まで一度も政の矢面に立った事の無い自分に従う者などいるはずが無い!と言うのです。

正助は、殿の父君は薩摩の国父だと話し、国父様の言う事を聞かない者などいるはずが無いと答えます。国父と言う言葉に反応した久光は、気に入ったと告げて、その日が来るまでに何をすれば良いのか大いに語り合おうと言って、再び正助と囲碁を始めます。

一方で正助の妻・満寿は、由羅が家来達の妻女に声をかけて行われた花見の会に参加していました。その席で由羅は、久光が囲碁に熱中している事に不満を抱き愚痴をこぼします。すると満寿は、囲碁は戦いに勝つ為の軍略や民を治める為の政に通じると話し、それを聞いた由羅は満寿に興味を抱きます。そして満寿は大久保正助の妻であると自己紹介し、由羅はこれから仲良くしましょうと言って、自分が大事にしていた子犬を渡します。

しばらく子犬を預かる事になった満寿は、家に戻り正助に話そうとしますが、花見の会に行った事を聞いただけで激怒する正助を前に、犬の事は話す事が出来ませんでした。満寿は仕方なく西郷家に頼み、しばらく預かってもらう事にします。

その頃、斉興は重い病に倒れます。自分の命が短いと悟った斉興は、最後の言葉として久光に古き良き薩摩を守ると約束して欲しいと頼みますが、久光は首を縦に振りませんでした。それから程なくして斉興は亡くなります。

久光は正助の言った通り、家来の前で自分が国父である事を告げます。しばらくして、由羅は正助の家にやって来ます。斉興が亡くなって淋しくなったからと言って、預けていた子犬を引き取りに来たのです。子犬を預かっていた事を知らされていなかった正助は、由羅が帰った後激怒し、満寿を問い詰めます。

満寿は、旦那様の出世の役に立てばと思い・・・・と話しますが、正助はこんな事がみんなに知れたらどんな事になるかと話します。満寿は、正助の考えている事を知りたいと話し、吉之助に話しをする時の半分でもいいので話して欲しいと訴えます。満寿は、夫婦ではないですか?と言いますが、何も答えない正助の様子を見て、私の思いは伝えましたと話してその場を立ち去ります。

ある日、脱藩し江戸に潜伏する者達から文が届き、それを見た有村俊斎達は自分達も脱藩して立ち上がろうとします。しかし正助はただ一人、まだ早いと言ってみんなの気持ちを押さえ込もうとしますが、すでに正助の話しを冷静に聞いてはくれませんでした。

仕方なく正助は久光にその事を伝えます。そして久光に自分が書いて来た文案を渡して、殿からの直々の書状として書いて欲しいと頼みます。久光はその書状と共に吉祥院へ向かい、稽古に励む者達に直接申し渡します。そこには、時が来れば亡き斉彬の意志を継いで今の乱れた世に打って出る事が書かれていました。久光は、時が来るまで藩の名を汚さずに忠義を尽くして欲しいと告げ、良いか精忠組と叫びます。それまでに脱藩などする者は自分に対しての不忠だと告げてその場を立ち去ります。

しばらくして仲間達は正助の元へやって来て、殿の書いた書状はお前が書いた物なのではないかと問い正します。正助は、自分が書いたと言えば国父様をおとしめる事になると言って認めません。曖昧な返事をする正助に俊斎や新七は業を煮やし、仲間を売ってまで出世したいのか?と怒鳴りますが、それを聞いた正助は、あぁ出世したいと答えて政を握らなくては薩摩を変える事など出来ないと話し、薩摩を変えられなければ日本を変える事は出来ないと言うのです。しかし仲間達は正助の言う事を信じる事は出来ませんでした。

すると村田新八が正助の書きかけていた書状を見つけます。そこには、島流しに合った吉之助を薩摩に戻して欲しいと言う内容が書かれていました。その嘆願書を見つかってしまった正助は、やっと殿に渡せる所まで来たと話し、それを聞いた大山は、これまでの事が全てこの嘆願書の為だった事に気付きます。正助はどうしても吉之助の力が必要だと仲間達に訴えます。仲間達も考えは同じだと話しますが、有馬新七だけは異を唱え、武士は実行あるのみだと告げて立ち去ります。

夜になり、正助は満寿に自分の考えている心の内を明かします。自分は吉之助の様に周りをまとめる事が出来ない事を打ち明けます。満寿は吉之助になろうとせず、自分が惚れて妻になった今のままの正助でいて欲しいと話します。正助は何かが吹っ切れた様に、これからは難しい話しもどんどん伝えると言って、その言葉に満寿も喜びます。

それからしばらくして、大島で愛加那と幸せな時を過ごしていた吉之助に、薩摩の正助から文が届きます。そこには、水戸と薩摩の藩士・有村次右衛門によって井伊直弼が切られた事が書いてありました。文を持って来た木場は吉之助にいよいよですねと言って、吉之助が薩摩に帰る日も近いのでは?と話します。

愛加那は心配そうな顔で吉之助を見つめていました。

保存保存




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)