NHK大河ドラマ「西郷どん」第21話のあらすじとキャスト




2018年6月3日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第21回「別れの唄」のあらすじを紹介していきます。幸せな時を過ごしていた吉之助と愛加那の元へ、大老の井伊直弼が斬られたと言う知らせが届きます。次第に動き出す世に背を向けて、愛加那と島での生活を送る事が出来るのでしょうか?第21話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

井戸田潤(役:桂久武)

登場人物

桂久武(かつらひさたけ)赤山軔負の弟で、吉之助が子供の頃から親しくしている。島から戻った吉之助と入れ違いに奄美大島に赴任する事になり、愛加那や菊次郎の面倒を見る事になって行く。

 

「西郷どん」第21話のあらすじ

愛加那は吉之助の息子を産み、吉之助は初めて父親となります。そして生まれてから7日目に「イジャシハジメ」と言う祝いの儀式が行われます。

吉之助は名を菊太郎にしようとしますが、佐民は反対し菊次郎にして欲しいと頼みます。吉之助がいつか薩摩を背負って行く人で、この島を出て行った後を心配しての事でした。愛加那は菊次郎と言う名で納得します。その夜はみんなで祝いの唄を歌って祝います。

その頃薩摩では、久光が自分の周りを優秀な人間で固めて行っていました。その中に正助も入り異例の出世を遂げ、殿から大久保一蔵と言う名を貰います。そして久光の命により京へ向かう事になります。薩摩は公儀に兵を発するべく準備を進めていたのです。さらに島にいる吉之助を薩摩へ呼び戻す事が許され、それを聞いた仲間達は大喜びします。

一蔵は早速、吉之助のいる奄美大島へと渡ります。その時、以前から吉之助に頼まれていた鉄の部品を一緒に持って行きます。島で再開した二人は抱き合いながら大声で叫び喜びます。吉之助は愛加那と菊二郎を紹介し、その夜、愛加那の作ってくれた豪華な料理で再会を祝う事になります。

料理を前にして一蔵は、殿からだと言って召喚状を渡します。しかし吉之助は愛加那を側に座らせて、この島に残ると話します。この島に来て愛を教えてもらったと話し、ここは極楽だと言うのです。一蔵は何も言う事が出来ず二人は料理を食べ始めます。

次の日、愛加那は一蔵と話しをします。一蔵は「西郷吉之助は薩摩の宝だ」と話し「吉之助を返して欲しい」と頼みます。やがて、吉之助に願いを伝えた一蔵は薩摩へと戻って行きます。

しばらくして愛加那は、吉之助に黙っていた事があると言って謝ります。それは一蔵が帰る前に吉之助に渡して欲しいと言って置いて行った箱でした。吉之助がその箱を開けてみると、中には斉彬から貰った短刀が入っていました。吉之助は笑って何事もなかった様に振る舞いますが、愛加那は心配そうな顔になります。

ある日、愛加那は菊次郎と二人で海を眺めていました。その時、愛加那のお腹には二人目の子供が宿っていました。ユタはその事を愛加那に話し「子供の為にも強くなれ」と話します。

愛加那が家に戻ると吉之助は、自分を奄美大島にとどめて欲しいと言う書状を書いていました。吉之助は元気の無い愛加那に歌わせます。愛加那は泣き出し、吉之助の書いていた書状を破り、薩摩に帰る様に言います。そして「ここにいるのは自分の旦那様ではなく、薩摩の西郷吉之助だ」と言うのです。愛加那は家を飛び出し、追いかける吉之助を兄の富堅が止めに入り「これ以上妹を苦しめないでくれ」と泣いてすがるのです。

それからしばらく、愛加那は佐民の家に身を寄せて吉之助の元へは戻って来ませんでした。そして佐民がやって来ます。佐民は吉之助に二人目の子供がいる事を話します。さらに佐民は「これまで島の人間に沢山の夢を見せてくれた」と言って感謝し頭を下げます。そして大声で「西郷吉之助様!」と叫び「この島はあなたのいる所ではない」と伝えるのです。

吉之助は海辺に一人で佇む愛加那に近寄り、逃げる愛加那を海の中で抱きしめて、お前に話しがあると言います。吉之助は薩摩に帰る事を話し「役目が終わったら必ず戻って来る」と伝えます。愛加那は吉之助に別れの唄を歌います。

しばらくして吉之助が薩摩へ戻る日がやって来ます。迎えの船に乗り込む吉之助を、島の人達や子供達が見送りに来ます。島の人達はみんなで別れの唄を歌いながら吉之助との別れを惜しみます。

保存保存




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)