NHK大河ドラマ「西郷どん」第23話のあらすじとキャスト




2018年6月17日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第23回「寺田屋騒動」のあらすじを紹介していきます。国父・島津久光の命を受けて下関に入った吉之助でしたが、有馬達の動きを知り命に背いて京へと向かいます。なんとか有馬達を説得し、自分に命を預けてもらう事になったのですが、勝手に動いた事が久光の耳に入り、激怒した久光は吉之助に切腹の沙汰を下す事にします。吉之助は、またしても訪れた苦難を乗り越える事ができるのでしょうか?第23話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

堀井新太(役:村田新八)

登場人物

村田新八(むらたしんぱち)西郷吉之助と同じ郷中で育ち、吉之助を兄と慕う。吉之助と共に行動した事で、二度目の島流しの時には同罪とみなされて喜界島へ島流しとなってしまう。

 

「西郷どん」第23話のあらすじ

大久保一蔵は久光の命を受けて、吉之助を探して京へと入ります。その頃、吉之助は土佐藩士・吉村虎太郎や長州藩士・久坂玄瑞、さらには豊後岡藩士・小河一敏達と会い、その動きを牽制していました。想いを同じくする同志達と腹を割って話しをしたいと言って、先ずは酒を酌み交わして宴を盛り上げようとする吉之助の元へ一蔵が現れます。

二人きりでその場を離れて、切腹の沙汰が下された事を知った吉之助は、一蔵に刀を突きつけられ、刺し違えて共に命を絶とうと告げられます。しかし吉之助はあっさりと断ります。そして国父様の前に差し出して欲しいと頼みます。そこで腹を切らされても構わないと言うのです。

二人は宴の席に戻りますが、既に他藩の者達は帰った後でした。そこへ海江田武次がやって来て、自分が国父様に京に来ていた吉之助の話しを喋ってしまったと謝りに来ます。そこで周りにいた者達は、吉之助に切腹の沙汰が出た事を知る事になります。

有馬は一蔵に詰め寄り、間違っているのは国父様だと叫びますが、吉之助は久し振りに集まった仲間達をどこかへ連れ出そうとします。吉之助が皆を連れて行ったのは川でした。川に着いた吉之助は、昔の様に皆なで、鰻を捕まえる勝負を始めるのです。一蔵や弟の信吾、郷中の仲間達は子供の頃を思い出しながら、夢中で鰻を捕まえて、その場で焼いて食べながら酒を酌み交わします。

そして宿へ戻ると、そこには吉之助を捕まえに来た役人達が待っていました。吉之助は逃げる事を止め、自ら役人の元へと歩み寄り、村田新八と共に連れて行かれてしまいます。

やがて、国父・久光が兵を率いて京へと入ります。久光の前に縄をかけられて座らされる吉之助に、改めて切腹の沙汰を言い渡す久光でしたが、一蔵が事情を話し、なんとか切腹を回避させようとします。家老の小松帯刀の助言もあり、なんとかその場をおさめる事に成功します。

そして数日後、吉之助と新八は島送りとなる事が決まり、二人は行き先の島が決まるまで一旦薩摩へと戻される事になります。

それからしばらくして久光は近衛家へと呼び出されます。そして天子様からの詔が下されたと言われ、京を騒がしている過激派の者達を排除する様に言われます。すぐざま久光は動き出しますが、この事で一旦は吉之助に従った有馬達の中に不満が溜まって行きます。久光は有馬を中心に寺田屋へ集まる者達を説得に行かせ、説得に従わない場合はその場で隠密に切り捨てよとの命を下します。

そして大山が率いる腕利きの者達が説得に向かう事になります。寺田屋にいた有馬に大山は説得を始めますが、有馬は聞き入れようとはしません。そして遂に斬り合う事となり、同じ藩の中で無駄な血を流す事になってしまうのです。その争いの中で有馬新七は命を落とす事になります。大山は、命を落とした有馬を抱きかかえ大声で泣きながら涙します。

この寺田屋騒動の事実はすぐに薩摩の吉之助へと伝わります。その知らせを聞いた吉之助は、亡き友有馬新七を想い、その場に泣崩れます。

保存保存




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)