NHK大河ドラマ「西郷どん」第24話のあらすじとキャスト




2018年6月24日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第24回「地の果てにて」のあらすじを紹介していきます。国父・久光の命に背いてまで、京へ駆けつけて友の暴走を止める事が出来た吉之助でしたが、久光の命に背いた罰を受けて再び島流しになってしまいます。吉之助がいなくなった京では再びまとまりを無くしてしまい、遂には薩摩の仲間同士の斬り合いとなり、有馬新七が命を落とす事になってしまいます。その知らせを受けた吉之助はその場に泣き崩れます。この先、久光が率いる薩摩に、日本を変えて行く事が出来るのでしょうか?第24話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

錦戸亮(役:西郷従道)

登場人物

西郷従道(さいごうじゅうどう)西郷家の三男。偉大な兄に憧れ、有馬新七の同士となり京に入るが吉之助によって止められる。やがて島流しから戻った兄・吉之助に従って戊辰戦争に従軍する。

 

「西郷どん」第24話のあらすじ

寺田屋騒動の後、一蔵は責任を感じて自ら謹慎を願い出ます。しかし一蔵は必ず日本を変える事を誓い、その事を吉之助に手紙で伝えます。

村田新八は喜界島へ、吉之助は徳之島へと流され、それぞれに厳しい生活を送る事になります。そんな吉之助の元へ、愛加那が二人の子供を連れて会いに来ます。島に流された事を知った愛加那は、吉之助が奄美大島を去ってから産まれた元気な女の子にどうしても会わせたかったのです。龍佐民が反対するも、どうしても聞き入れない愛加那に、兄の富堅が船を出して連れて来たのでした。

二人は再会を喜び、あ互いの愛を確認し合うかの様に、共に寄り添いながら暮らします。女の子には、菊草と言う名を吉之助が名付けます。富堅も幸せそうな愛加那の姿を見て、とても喜びます。

一方の京では、これまでの働きを認められた久光が、朝廷から江戸城へ勅書を遣わす事に成功します。井伊直弼の亡き後の幕府は徐々に力を失い、勅書を無下に扱う事は出来なくなっていました。幕府は、政界から追放されていた一橋慶喜を将軍後見職に、松平春嶽を政治総裁職に任命し、再び政界に復帰させる事になります。

早速、二人の前に国父・久光の目通りが叶いますが、一橋慶喜は全く相手にしようとはしません。それどころか、薩摩言葉を馬鹿にし、兄の斉彬を引き合いに「ただの芋じゃねぇか」とまで口にするのです。さすがに腹に据えかねた久光でしたが、立ち去ろうとする慶喜に吉之助の事を聞かれ、自分と腹を割って話をしたければ西郷吉之助を連れて来いと告げられてしまいます。

この事が久光の逆鱗に触れる事になり、吉之助は徳之島から沖永良部島への島流しに変更となります。愛加那が吉之助に会いに来て5日目の事でした。こうして再び吉之助と家族は引き離されてしまいます。

沖永良部島は薩摩から最も遠い島で、そこへ流された者の多くは二度と戻って来る事は無い辺境の地でした。しかも、遠島の上囲い召し込みと言う命で、島に流すだけで無く、海辺の吹きさらしの牢に閉じ込めると言う極めて厳しい罰を受ける事になります。

牢に入る吉之助の監視をする事になるのが、島役人の土持政照と言う男でした。土持は薩摩で学び役人として島に戻って来たので、薩摩にいる頃から吉之助の事を慕い憧れていたのでした。

ある日、10年も前に島へ流されて来ていた川口雪蓬と言う男が吉之助の前に現れます。川口は友を信じて待つ吉之助に、人は裏切るものだと言って聞かせます。そして、藩から土持が申し渡されている吉之助の食事は、日に一度の僅かな冷えた麦飯と塩だけだと教えられるのです。それは藩から見捨てられた事を意味します。それを不憫に思った川口と島の者達の情けで、豪華な食事が運ばれていた事を知るのです。それを聞いた吉之助は、川口が持って来る食事には手を付けなくなります。

やがて吉之助の体力は衰えて行き、動く事もままならない状態になって行きます。そして遂に牢の中で倒れてしまった吉之助は、消えゆく意識の中で「ここまでかも知れない」と諦めかけます。その姿を見かねた川口が牢を壊して中に入り吉之助を助けるのです。そして土持達も薩摩に背く覚悟を決めて、家へと運び出すのです。

保存保存




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)