フジテレビのドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第1話のあらすじとキャスト




2018年7月9日(月)夜9時から放送されたフジテレビのドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第1話のあらすじを紹介していきます。これまでシーズン1、シーズン2は上戸彩演じる桜木泉を主人公として描いてきましたが、シーズン3では沢村一樹演じる井沢範人が新たな主人公として登場します。井沢率いる未然犯罪捜査チーム(通称:ミハン)を舞台に、ストーリーはどのように展開していくのでしょうか。第1話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」のキャストと登場人物

沢村一樹(役:井沢範人)

登場人物

井沢範人(いざわ・のりと)ある事件をきっかけに公安から総務部資料課に異動させられた刑事。普段はお調子者で情けない性格のため、元公安のエリートだとは誰も思わない。あまり人には見せないがダークな一面も持っている。

 

「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第1話のあらすじ

逃亡中の男・ウサミヨウスケを追いかけていた井沢範人は、ウサミを屋上まで追い詰めます。もう逃げられないと観念したウサミは、自ら持っていた銃を捨て両手を上げます。しかし、井沢はそんなウサミに銃を向け発砲し、命を奪ってしまうのでした。その後、刑務所に収容されていた井沢は刑事企画課の東堂定春に誘われ、未然犯罪捜査班のリーダーに配属されます。

2018年、表向きは資料課として活動している未然犯罪捜査班(通称:ミハン)には、井沢の他に田村薫と小田切唯、南彦太郎がいました。そこへ元特殊捜査班の山内徹が新たなメンバーとして加わります。山内はミハンが盗撮まがいの違法な捜査をしていることに納得が出来ず、周りの人間と対立します。

そんな中、東堂に呼び出されたミハンのメンバー達は、これから起こる重大犯罪を事前に予測するAI・ミハンシステムが危険人物として割り出したクラブの経営者・富樫がこれから起こすであろうとされる犯罪を未然に阻止するようにと指示されます。富樫はダークウェブで銃を購入した経緯があり、ミハンのメンバー達はすぐに富樫が経営するクラブに向かいます。

井沢と山内がクラブの中に入り、富樫を探しているとそこへ共同経営者の西田が現れます。山内は西田に近づくため、クラブのバーテンダーとして潜り込みます。そこで富樫が麻布にある事務所を拠点にしていることが分かり、さっそく井沢と小田切、田村は誰もいないその事務所に潜入します。

そこで大量の血痕が拭き取られた痕があることを突き止め、その血痕が富樫のものであったことが判明します。富樫が加害者ではなく、被害者になったことで井沢は西田が怪しいと思い始めます。

その後、西田の跡を尾行していたミハンのメンバー達は、西田が何人かの仲間を引き連れて富樫と裏でビジネスをしていたとされる須藤と前川を拉致し、暴行するところを目撃します。須藤と前川の存在を知った井沢達は、今度はこの二人のことを調べ始めます。そこで須藤の携帯のGPSを調べたところ、奥多摩の山中に長時間滞在していたことが分かり、その時期がちょうど富樫が失踪した時期と重なった為、井沢は富樫の命を奪ったのは須藤ではないかと推測し始めます。その情報を知った山内は正義感から目撃者のフリをして警察に通報してしまいます。そして、その場所から富樫の遺体が発見されるのでした。

ミハンの存在を知られてしまうかもしれない危険な行動を取ったことで、山内は東堂から注意されます。東堂はミハンシステムがなぜ誤った答えを導き出したのか、その答えを探るように井沢たちに指示します。

小田切は須藤の勤める会社に潜り込み、須藤の手帳の中身を写真に収めることに成功します。その際、須藤が西田に富樫の件で脅されていることも判明します。その後、須藤が会社のお金を横領し投資で失敗していたことが分かり、会社にバレる前にそのお金を補填しようと裏のビジネスに手を出していたことが分かります。事前に前川が経営するお店に隠しカメラを仕掛けていたミハンのメンバー達は、須藤が前川にもう一度だけ裏のビジネスをやろうと話しを持ちかけている会話を聞きます。そしてその内容から、二人がやっている裏のビジネスが金塊の密輸であることが分かります。

須藤と前川は香港から輸入した金塊を税金逃れのために税関を通さずに多重債務者を利用して日本に密輸し、輸出する際に税関を通すことで税金が還付されるため、その還付金で利益を得ていたのでした。しかし、運び役として利用する多重債務者を紹介してもらった業者と富樫が繋がっていたことで、須藤と富樫は接点を持つことになったのです。そして何らかのトラブルによって富樫は須藤の命を奪おうとしたのですが、須藤は正当防衛の末に富樫の命を奪ってしまったのでした。

ミハンシステムは新たな危険人物として須藤を割り出します。ミハンのメンバー達は須藤の狙いは西田だと断定し、密輸が行われる当日に須藤と西田の行動を見張ります。西田の動きから西田も密輸に関わっていることが分かり、そこで須藤の狙いは西田ではなく前川だということに気がつきます。

その頃、須藤は富樫が入手した銃を持ち、前川と合流していました。前川を拉致し山奥に連れて行った須藤ですが、犯行が行われる前に井沢と山内はその場所を突き止め、須藤の犯行を未然に防ぐことが出来たのです。しかしその時に井沢が須藤の持っていた銃を奪い、何の抵抗も出来なくなった須藤に銃を向け、当てはしなかったものの何発も発砲した光景を目の当たりにし、山内は井沢に対して不信感を抱くのでした。

後日、東堂に呼び出された山内は、そこで尊敬していた元バディの桜木泉がベトナムで遺体となって発見されたことを聞かされます。そんな二人の会話を井沢は隠れたところで聞いているのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)