フジテレビのドラマ「グッドドクター」第1話のあらすじとキャスト




2018年7月12日(木)夜10時から放送されたフジテレビのドラマ「グッドドクター」第1話のあらすじを紹介していきます。日本にたった0.3パーセントしかいないと言う小児外科医を舞台に、自閉症スペクトラム障害がありながらサヴァン症候群を持ち、驚異的な記憶力で医師を目指す主人公・新堂湊が周りの医師や患者に支えられながら成長していくストーリーです。第1話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「グッドドクター」のキャストと登場人物

山崎賢人(役:新堂奏)

登場人物

新堂奏(しんどう・かなで)先天的な自閉症スペクトラム障がいながらサヴァン症候群で驚異的な記憶力を持つ。その能力に気づいていた兄は事故で亡くなってしまうが、兄の言葉に影響を受けて小児科になる事を目指し、すべての子どもを大人にしたいと言う目標に向かって進んで行く。

「グッドドクター」第1話のあらすじ

司賀明が院長を務める東郷記念病院では、慢性的な赤字を出し続ける小児外科を問題視する会議が行われていた。その対策として院長の司賀は、一人のレジデントを受け入れたいと提案します。そしてすでに今日、この場に呼んでいると言うのです。その経歴を見ると医学部を首席で卒業し、医師国家試験にも合格と言う優秀な人材ではあったのですが、自閉症である事が書かれていて、周りは医師として務まるのか?と不安を抱き反対の声が上がります。

その頃、東郷記念病院へ向かっていた新堂奏は、工事中の資材が倒れて来て意識を失い倒れている子供に遭遇します。そして自分が記憶している過去の事例を思い出し、ボールペン、カッター、テープなどを通行人に声をかけて手にいれ、さらに近くのレストランに入りアルコールや炭酸水を手に入れて適切な応急処置を施すのです。そして救急車に乗り込み、そのまま東郷記念病院へと運ばれます。

その頃、東郷記念病院で行われていた会議の場では、来るはずの新堂が現れない事を心配していました。その時、運び込まれた子供についての連絡が、会議に出席していた小児外科のエース・高山誠司に入ります。医師の瀬戸夏美と共に子供の手術を行い、適切な応急処置のお陰もあって無事に成功します。

子供の無事を確認した新堂は、そのまま院長の待つ会議室へと飛び込みます。服に血の付いたままの新堂を見て、院長の司賀が事情を聞こうとしますが、新堂は事故現場に置き忘れて来た自分のカバンに気づき、慌てて飛び出して行ってしまいます。

その様子を見ていた会議の出席者達は、新堂が病院で働く事に反対します。その時、スタッフの女性が入って来て、ネットで拡散しているSNSの動画をモニターに映し出します。そこには、新堂の適切な応急処置の様子を見た人達が賞賛する動画とコメントが流されていたのです。そして東郷記念病院の医師らしいとも書かれていました。

院長の司賀は、半年間だけ時間を欲しいと言い出し、もし医師としての資質に問題がある様なら自分が責任を取って院長を辞任すると言うのです。その言葉に副院長の猪口は反応し、院長を支持すると言い出します。こうして新堂は東郷記念病院で働く事になるのです。

自己紹介を終えた新堂は、指導役になった瀬戸と一緒に回診に同行します。新堂は声をかけて来るスタッフの名前や年齢、患者の子供達の名前や身辺の情報をすっかり記憶していました。驚く瀬戸に連れられ、マサキと言う子供の病室に入ります。子供とウルトラマンの話で盛り上がり、回診を終えて病室を出ようとした時、マサキは自分がいつ退院できるかと聞いてきます。

手術を終え退院を待ち望んでいたマサキでしたが、検査で再発が確認されて再手術をする事が決まっていたのですが、母親はその事を話せずにいたのです。しかしマサキに聞かれた新堂は、何のためらいも無く、しばらく退院出来ない事を喋ってしまうのです。慌てた母親は、病室の外で瀬戸と小児外科長の間宮啓介に詰め寄り、新堂が自閉症である事を聞いたと言って、マサキに二度と近づけないで欲しいと言うのです。

瀬戸はマサキに喋ってしまった新堂に問いただしますが、新堂はなぜ本当の事を言ってはいけないのか?と話します。瀬戸は、患者の気持ちがわからないのであれば医者は務まらないと言って立ち去ります。

ある日、新堂がマサキの病室の前を通りかかると、苦しそうにしているマサキの側で医師を呼ぼうとする看護師の橋口太郎に気づきます。慌てて駆け寄る新堂でしたが、触らないで下さいと言って母親に止められてしまいます。

マサキは小児外科長である間宮の患者だったので、連絡を入れますが間宮はゴルフに行きラウンド中でした。戻って来るまで2時間かかると言われ、その間に苦しみながら意識が遠のくマサキを見て、新堂はベッドをオペ室に運ぼうとします。他の医師に止められる新堂でしたが、橋口も手伝い無理矢理にオペ室へと運ぶのです。

ちょうどその時、隣のオペ室では高山と瀬戸が他の患者のオペを行っている最中でした。異変に気づき駆けつけた高山は、自分が二人の患者の同時手術をする事を決断します。こうしてマサキの命はなんとか助かったのです。オペを終えた高山は慌てて戻って来た間宮に、マサキの主治医を自分が引き継ぐと告げるのでした。

マサキの母親は廊下で新堂に出会い、頭を下げて感謝します。新堂が気付いてくれなかったらマサキは助からなかったと言って新堂にこれまでの事を謝りますが、新堂は、自分は人と違っていて慣れていますと答えます。

マサキの事を可哀想だと言って泣きながら自分を責める母親に新堂は、マサキはとても強い子だと言って褒め、その様子を見ていた瀬戸も、本当の事をマサキに説明して治療をしましょうと言って励まします。

病室に戻るとマサキは目を覚まします。母親は、正直に再発した事を話して、もう一度苦しい治療をする事になると伝えます。マサキは間に合わなかったなぁと言って、ランドセルの中を開けて見て欲しいと話します。

ランドセルの中には、母親の誕生日を祝うケーキが描かれた絵が入っていました。今日は母親の誕生日だったのです。マサキは退院して家に戻り、家族全員でお祝いをしたいと思っていたのです。

上手に描けていると褒める母親が、いつ描いたの?と尋ねると、昨日の夜に湊先生から描き方を教えてもらったんだと答えるマサキ。瀬戸はその事を聞いて笑みを浮かべます。瀬戸は廊下に飾ってあった七夕の短冊の中に、マサキが家でママの誕生日会が出来ます様にと書いていた事に気づきます。

瀬戸は新堂と二人で食事に出かける事にします。立ち食いの焼肉を二人で食べながら、どうして医者になろうと思ったのか?と尋ねる瀬戸に、お兄ちゃんですと答える新堂。お兄ちゃんは大人になれなかったので、大人になれない子供を無くしたいと話し、みんな大人にしたいと言うのです。

保存保存




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)