TBSのドラマ「義母と娘のブルース」第2話のあらすじとキャスト




2018年7月17日(火)夜10時から放送されたTBSのドラマ「義母と娘のブルース」第2話のあらすじを紹介していきます。亜希子は良一と結婚することを認めてもらうために、良一の娘・みゆきに自分の履歴書を渡していました。亜希子を新しいママとして受け入れられないみゆきでしたが、亜希子の的確なアドバイスのおかげでいじめがなくなった為、その功績を認めざるおえないみゆきは、亜希子に採用通知を送るのでした。この先、みゆきと亜希子の関係はどうなっていくのでしょうか。第2話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「義母と娘のブルース」のキャストと登場人物

竹野内豊(役:宮本良一)

登場人物

宮本良一(みやもと・りょういち)8歳の娘を持つシングルファザー。ライバル会社でキャリアウーマンの亜希子の仕事ぶりを見て惹かれ、ある思いから娘の母親になってもらうために結婚する。周りからは“みやもっちゃん”と呼ばれ、その人柄から周囲を和ませることが得意。

「義母と娘のブルース」第2話のあらすじ

宮本家に引っ越してきた亜希子は、みゆきの母親として相応しい女性になるための行動を開始します。家族と一緒に見るテレビはアニメではなくプロ野球の方が合理的だと言いみゆきとチャンネル争いをしたり、仕事が忙しく家事がなかなか出来ないことを土下座して謝ったりしていました。しかし、みゆきは亜希子を母として認めるどころか、亜希子が何かする度に亡くなった母と比べるのでした。

亡くなったみゆきの母はアニメが好きで、みゆきと一緒によくアニメを見ていました。そんな母とは全く違う亜希子に不満が溜まっていたみゆきは、クラスメイトの黒田大樹にそのストレスをぶつけます。大樹はそんなみゆきに、創立記念日で学校が休みの日に家出をしたらどうかと提案します。

その日はカレンダー上では平日のため、みゆきの父・良一もその日が休みだということをすっかり忘れていました。

その日、まるで学校に行くかのように家を出て大樹の家に転がり込もうと考えていたみゆきですが、創立記念日で休みだということに気づいていた亜希子は、すでに会社を休んでみゆきと一緒に過ごそうと計画を立てていたのでした。良一は二人だけにすることを不安に思いながらも会社に向かいます。

二人きりになった亜希子は、みゆきに今日1日何をするか提案書を渡そうとします。しかし、みゆきはその提案書に目を通そうとはせず、亡くなったみゆきの母なら休日はのんびりしていると言い、その場から離れてしまいます。リビングにのソファに座ったみゆきはテレビをつけ、好きなアニメを見始めます。亜希子はそんなみゆきの隣に座り、ただじっとアニメを一緒に見ます。

アニメを見終わると亜希子は面白かったと話し、このアニメを見た少女達が主人公に憧れ、親におもちゃを買ってもらうことで経済効果は計り知れないものだと感心し、勉強になったことを伝えます。そんな亜希子に戸惑いながらも面白いと言ってくれたことに喜んでいたみゆきですが、良一に頼まれて二人の様子を見に来た下山和子が現れたことで、二人の関係がまたギクシャクし始めます。

下山は亜希子にマンションを買わせるために、みゆきに亜希子がこの家を引っ越したいと思っていると伝えてしまったのです。下山を追い出そうと外に出た亜希子は、マンションのエントランスの前にいる大樹の姿を見つけます。約束の時間を過ぎても現れないみゆきにしびれを切らした大樹は、みゆきを家まで迎えに来ていたのでした。

亜希子は大樹を家の中に招き入れ、なかば尋問のように普段のみゆきの様子を尋ねます。亜希子の圧力に耐えきれない大樹は終始敬語を使い、出されたお菓子を食べ終わるとそそくさと帰っていきました。

亡くなったみゆきの母に近づきたいと思い始めた亜希子は、みゆきと一緒にスーパーに行きます。そこで、ハンバーグに使う材料をめぐって二人は対立を始めます。最初はみゆきに母は何を買っていたか尋ねながら買い物をしていたのですが、次第にみゆきの記憶に不信を抱いた亜希子は良一に電話をし、1品1品確認します。そして、亜希子とみゆきはクイズ番組のようにお互いの答えを出し合い、正解を良一に聞くということを繰り返しながらなんとかハンバーグの材料を買うことが出来たのです。

みゆきの方が多く正解していたため、亜希子に勝ったことをその場で無邪気に喜ぶみゆき。そんなみゆきの姿を目の当たりにした亜希子は、みゆきのことをべらぼうに可愛いと感じ、初めて仕事以上のものを見つけるのです。そして良一と相談し、会社を辞めることにした亜希子は寿退社します。そんな中、良一は会社で倒れてしまうのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)