日本テレビのドラマ「高嶺の花」第2話のあらすじとキャスト




2018年7月18日(水)夜10時から放送された日本テレビのドラマ「高嶺の花」第1話のあらすじを紹介していきます。偶然に飛び込んだ自転車屋の主人・風間直人と知り合う事になった月島ももは、少しずつ気持ちに変化が起こっている事に気付き出しています。プレッシャーに押し潰されそうになっていた妹・月島ななを助けに向かったももは、客席に向かって堂々とした振る舞いを見せます。これからどんな展開を見せるのか第2話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「高嶺の花」のキャストと登場人物

峯田和伸(役:風間直人)

登場人物

風間直人(かざま・なおと)母親を介護しながら自転車屋を営む。周りからは、プーさんの愛称で呼ばれ、みんなから愛される存在。ひょんな事から月島ももと知り合い、人生が大きく動いて行く。

「高嶺の花」第2話のあらすじ

舞台に上がった月島ももは見事な作品を創り上げ、来場者に拍手でたたえられます。そんなももを嫁にもらい、月島流の名を手に入れようと企んでいた宇都宮龍一もその様子を眺めていました。

月島ルリ子は実の娘であるななを次期家元にしたいと考えていました。ルリ子は龍一に近づき、その思いを伝えます。利害関係が一致したルリ子と龍一はお互いに協力し、ななに次期家元になってもらうように仕向けます。

一方、もものことをキャバクラ嬢だと勘違いしていた風間直人は、友達の田村幸平と原田太郎にそそのかされてお店に行きたいとももに連絡していました。ももは話しを合わせ、今日の夜お店に来るように言います。早速、キャバクラ嬢のフリをする為、クラブ花を訪れたももは1日だけ、あるお客限定で働かせて欲しいと交渉します。

その日の夜、キャバクラ嬢の格好をして風間とその友達を出迎えたももは、日頃のストレスを発散させるかのようにはしゃぎます。その帰り道、ももの携帯に元婚約者の吉池拓真から電話が掛かってきます。

次の日、吉池に会ったももは吉池からまだ好意がある事を聞かされます。そして、また定期的に会おうと吉池に言われたももは愛情より責任の方が重いと話し、婚約指輪を返します。吉池はまだ何か言いたげな表情をするのですが、これ以上何も聞きたくないももはこの場から立ち去るように言います。

帰る途中に風間が店主を務める自転車屋に寄ったももは、風間に付き合ってあげても良いと詰め寄ります。吉池の誘いに少し揺らいでしまった自分を止める為なのか、忘れさせて欲しいと何度もお願いするももですが、ももを高嶺の花だという風間はあっさりと断ります。そんな風間に腹が立ったももは、風間をビンタしてそのまま出て行ってしまうのですが、風間は落ち込んでいたももが元気になって良かったと喜ぶのでした。

その頃、龍一はななに近づき、運命的な出会いを演出し、ななの気持ちが自分に向くように仕掛けます。これまで周りにいた草食系男子とは違い、肉食系の龍一に次第に惹かれ始めたななは、龍一に美人だけど姉のももの方がタイプだと言われショックを受けます。

風間たちに夏祭りに来るように誘われたももは、そこで舞台に立って太鼓を叩く風間の姿に癒されます。風間はももの存在に気づき、舞台に上がって来るようにと手招きします。舞台に上がったももは、風間に言われるがまま一緒に太鼓を叩きます。最初は楽しそうに太鼓を叩いていたももですが、次第に吉池の事を思い出し、思わずその場で泣いてしまうのです。そんなももを見ていた風間は、亡くなった母から聞かされた話を思い出し、ももが元婚約者のことを思い出して泣いていることに気づくのです。

祭りが終わって2人きりになった風間とももは、一緒にベンチに座りながらたわいもない会話をし、風間はまたももに元気を与えるのでした。

保存保存




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)