フジテレビのドラマ「グッドドクター」第2話のあらすじとキャスト




2018年7月19日(木)夜10時から放送されたフジテレビのドラマ「グッドドクター」第2話のあらすじを紹介していきます。周囲に反対意見もある中で瀬戸の指導を受けながら東郷記念病院で働く事になった新堂奏でしたが、いきなり子供の命を助ける事になります。大人になれない子供をなくしたいと言って小児科医を目指す新堂に、どんな展開が待ち受けているのでしょうか?第2話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「グッドドクター」のキャストと登場人物

上野樹里(役:瀬戸夏美)

登場人物

瀬戸夏美(せと・なつみ)小児外科医を目指して医師になったが、まだ難しい手術の経験がなく先輩医師に頭が上がらない。持ち前の明るい性格で誰にでも接しているため、患者の子供達にとても慕われている。外科長から新堂湊の面倒をみるように言われ、渋々面倒をみることになる。

「グッドドクター」第2話のあらすじ

ある日、女子高校生の菅原唯奈が東郷記念病院に救急搬送されて来ます。妊娠したものの相手に認知されず、産婦人科に行くことが出来なかった菅原は、そのまま放置していたのです。破水したことで緊急出産したのですが、生まれてきた赤ちゃんの腸のほとんどが壊れており、腸炎を起こした状態でNICU(新生児集中治療室)に入れられます。

病院の廊下で雑用を頼まれていた新堂湊は、菅原が赤ちゃんにしきりに謝っている姿を見て近づきます。赤ちゃんを見た新堂は、このままだと赤ちゃんは亡くなってしまうが、高山先生なら助けられると菅原に伝えます。

そのことが後で問題になり、新堂は高山誠司に酷く叱られます。そして、赤ちゃんに近づかないように注意されるのです。高山は菅原に赤ちゃんの今の状態を説明し、手術に耐えられず手術中に亡くなってしまう可能性があることを伝えます。そして、病院の方針でもある温存治癒で赤ちゃんの回復を待つように促します。

子供を助けたい菅原ですが未成年のため、手術をするには保護者である母親の同意が必要でした。母親との関係が上手くいっていなかった菅原は、妊娠したことを母親に言わずに何日も家に帰っていませんでした。病院から連絡を受けて娘に会いに来た菅原の母は、勝手に出産したことを叱り、手術同意書にサインするのを拒否するのです。

一方、新堂は子供達が遊んでいたおもちゃを取り上げ、菅原の赤ちゃんのところに持って行ってあげていました。おもちゃを取り上げたことに焦点を当てられ、患者の親たちから病院へクレームが入ります。

これまではとは違い、新堂がこの病院で働くことが難しいと判断されていく中、赤ちゃんの腸が自力で動こうとしていることに気づいた新堂は、そのことを瀬戸に伝えます。すぐに緊急手術をすれば助かるかもしれないと判断した瀬戸は、新堂に高山を呼んでくるように指示し、緊急手術が始まります。瀬戸はすぐに菅原の母親を呼び、手術同意書にサインするようにお願いします。そして、母親がなんとかサインしたことで手術が始まります。

高山から出て行くように言われた新堂は、別室で赤ちゃんの画像を見ます。そこで気になる影を見つけた新堂は再び手術が行なわれているNICUに現れ、そのことを伝えます。初めは聞く耳を持っていなかった高山ですが、赤ちゃんの画像を見て影の存在が何なのか気になった高山は、タイムリミットの30分が迫っている中で確認します。そこで気づかなかったら大変なことになっていたであろう症状に気づきます。時間がない中でどう処置すべきか迷っている高山に、新堂は過去の症例を出し処置方法を提案します。

新堂の的確なアドバイスでなんとか無事に手術を終えることが出来た高山は、新堂に対する見方が変わり始めます。無事に赤ちゃんは助かったものの、母親から赤ちゃんを里親に出すように言われ落ち込んでいた菅原に、瀬戸は里親の制度にも色々あると言い、調べた資料を渡します。そして、どんなに遠くに離れていても赤ちゃんは菅原の子供だと新堂が言っていたことを伝え、菅原は母親になるためにまずはしっかりと学業に励むことを決意するのです。

その頃、新堂の一連の行動の責任を取って院長の司賀明の辞任が求められていました。そこへ高山が現れ、手術をした自分に責任があると言うのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)